よーちゃんの雑記帳  

街と人との出会いが楽しみ。

「SLOW JAM」小貫光弘さん

「SLOW JAM」小貫光弘さん
@水戸市南町2丁目三光社ビル 2F.


DSCN0567.jpg

DSCN0569.jpg

水戸市の宮下銀座で「BABA COOL」「 BABA COOLⅡ」「 LIQUID 」「HONKY TONK」などを展開する大内商店グループは独自の商品と、ユニークなスタッフで、水戸のファッション界を牽引してきた。
社長の大内さんは、あまり店には出ないでマネージャーの中島さんが仕切っている。運営は各店の店長に任せているように見える。

そんな自由な雰囲気の職場から多くの人材が育っている。
独立してファッション業界のみならず、音楽関連、飲食業界などで成功している人もいる。

DSCN0703.jpg

南町のスクランブル交差点の近く、1階の美容室脇の階段を登ると「SLOW JAM」

DSCN0573.jpg

DSCN0574.jpg

DSCN0572.jpg

50年代~70年代のアメリカやイギリスの香りのする服や小物、インテリア用品。
ヴィンテージと言われるものから、当時の生地、雰囲気を再現したものまで。
昔ながらのスタイルで、現在も輝き続けているもの。
を集めて販売しているセレクトショップ。
店主の個性が強く出ている。

オーナーの小貫光弘さんは大内の「LIQUID」の店長を務めた後、2013年3月に独立し「SLOW JAM」を開店。
2年の経過し、順調に発展している。

昨年(2014年9月)には銀杏坂に「SLOW JAM 2ND」を開店した。
こちらはアメリカンカジュアルを主にしたPOPな衣料や雑貨が主。

「今・何が流行」よりは自分の好みを強く感じさせる品揃え。
売れる・売れないよりは、自分の感性を大事にしている。

DSCN0575.jpg

窓からは元ダイエーの跡地が望める。
15階建ての分譲マンションの建設が始まるらしい。
完成の暁にはどのような街になるだろうか?

大型店誘致・再開発・中心街の活性化。
何時の時代も、響きのよい言葉で大企業主導の開発。
その先はぺんぺん草も生えない空き地と駐車場。
何時まで続くのだろう。

それより、個人が・個店が大きさより個性。
儲かることより楽しい店を作りたいとの願いが大切。
水戸の街の将来は君たちだ。
行政主体の再開発が上手くいった事例はない。

  1. 2015/08/18(火) 21:32:54|
  2. 街づくり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<曖昧の中に 宇野彰 展@藝文ギャラリー | ホーム | 「北澤 潤:リビングルーム泉町」よりのお願い@泉町会館>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yochan310.blog98.fc2.com/tb.php/2144-7cd5069d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

たかはし よういち

Author:たかはし よういち
離俗の世界に憧れながら、市井の片隅でうごめいています。
ささやかなモノやコトに幸せを感じます。
私が別に運営している「西の谷万葉公園を美しく」のブログは、以下のリンクからアクセスしてください。
重複する記事も有りますが、自然を大切に、簡素な生活を。
の気持ちを大切にしたいと思います。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する