よーちゃんの雑記帳  

街と人との出会いが楽しみ。

「閑さや岩にしみ入る蝉の声」@山形市山寺

「閑さや岩にしみ入る蝉の声」@山形市山寺

DSCN0338.jpg


松尾芭蕉(1644年-1694年)の『奥のほそみち』は元禄2年3月27日(新暦1689年5月16日)に弟子曽良を連れて江戸深川の採荼庵(さいとあん)を出発し(行く春や鳥啼魚の目は泪)、全行程約600里(2400キロメートル)、約150日間で東北・北陸を巡って元禄4年(1691年)に江戸に帰った紀行文。
46歳のこと、49歳で没しているから晩年の作といえる。

*現代人の寿命は20年以上延びたが、精神に関しては退化している。と、こと有るごとにと思えます

とにかく、『奥のほそみち』の跡を辿ってみたいとは、誰しも思うことだ。
山形まで来たからには「山寺」(立石寺)を訪ねなければと、早朝にホテルを出発した。

7:15発の仙山線で7:31には山寺駅に到着、僅かに15分である。
行政区では山形市だか、郊外の山村である。

DSCN0319.jpg

山寺駅からの眺望。

DSCN0322.jpg

1100余年前、円仁さんこと慈覚大師によって創建された名刹「立石寺」は、別名「山寺」の名で親しまれている。

DSCN0327.jpg

「閑さや岩にしみ入る蝉の声」と芭蕉句碑.。

DSCN0324.jpg

根本中堂は立石寺という御山全体の寺院の本堂に当たる御堂です。.

DSCN0332.jpg

山門(登山口)

DSCN0334.jpg

山門から奥の院までは1015段の石段があるらしい。

DSCN0342.jpg

彌陀洞(みだほら)

DSCN0337.jpg

この辺りまでは大木が繁り、涼しい。
凝灰岩の山襞に蝉の声、まさに、「岩にしみ入る蝉の声」だ。

DSCN0344.jpg

仁王門

DSCN0350.jpg

奥之院と大仏殿

DSCN0360.jpg

五大堂

DSCN0355.jpg

五大堂からの眺め

DSCN0354.jpg

納経堂、

絵画や写真でしか見たことのない霊地を実体験することが出来た。
暑い日ではあったが、仁王門辺りまでは木立が多く爽やかだった。
階段も予想よりはきつくなかったのは幸いだった。
前日は激しい雷雨に見舞われたとのこと、これで大雨だったら難儀だ。
夏休み中だが、さほどの混雑も無く、閑な雰囲気を味わうことが出来た。
芭蕉の足跡を辿れたことは嬉しい。

  1. 2015/08/16(日) 21:06:59|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<早くも彼岸花? @水戸市桜川堤防 | ホーム | 「ぴ~すプロジェクト」あなたに、わたしに、世界にPeace>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yochan310.blog98.fc2.com/tb.php/2138-ee74607d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

たかはし よういち

Author:たかはし よういち
離俗の世界に憧れながら、市井の片隅でうごめいています。
ささやかなモノやコトに幸せを感じます。
私が別に運営している「西の谷万葉公園を美しく」のブログは、以下のリンクからアクセスしてください。
重複する記事も有りますが、自然を大切に、簡素な生活を。
の気持ちを大切にしたいと思います。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する