よーちゃんの雑記帳  

街と人との出会いが楽しみ。

「ブラタモリ」と『新編鎌倉志』@NHK

「ブラタモリ」と『新編鎌倉志』@NHK

DSCN0648.jpg


街歩きの達人・タモリが“ブラブラ”歩きながら街の歴史や人々の暮らしを探る「ブラタモリ」がレギュラー番組として復活した。
8月12日:は「#6鎌倉の観光・完全版」以前の放送に加え、未公開シーンを交えて再構成した60分番組。

DSCN0643.jpg

DSCN0644.jpg

『徳川光圀(水戸黄門)は鎌倉を訪問し気に入りガイドブックのようなものを作成しました。これがきっかけで、鎌倉観光が盛んになりました』と解説者の話。

DSCN0645.jpg

その原本が『新編鎌倉志』(しんぺんかまくらし)。
江戸時代の1685年(貞享2年)に刊行された鎌倉の地誌。
水戸藩主・徳川光圀が、1673年(延宝元年)に自身が鎌倉を見聞した経験を元に、河井恒久らに命じて12年の歳月をかけ全8巻12冊に編纂した。
総計240か所超に及ぶ鎌倉・江ノ島などの名所や旧跡を解説しており、現在に至るまで各種案内の「元ネタ」となっている貴重な本。

光圀は黄門様としてテレビドラマシリーズでは各地を遊覧するイメージがあるが、実際はこの鎌倉が唯一の旅であったともいわれている。

現存する鎌倉唯一の尼寺である英勝寺は、江戸時代を通じて水戸徳川家の姫が住職を務めたので、「水戸の御寺」とも呼ばれる。
英勝院本尊の阿弥陀三尊像は光圀が運慶に作らせたといわれ、光圀はこの英勝寺を拠点として名所旧跡を訪ねた見聞をもとに『新編鎌倉志』を編纂した。

P4222674.jpg

P4222672.jpg

英勝寺を今年の4月に初めて訪ね、「こんな素晴らしい寺が鎌倉に在ったのだ」と大感激した。この時の記録はブログにアップしてあるので、興味をもたれたら、検索してください。

その様な訳で水戸と鎌倉の縁を強く感じた。

 次回は8月22日(土)19:30~22:15旅の舞台は「出雲」見逃せません。

  1. 2015/08/14(金) 13:21:50|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<文翔館@山形市旅篭町 | ホーム | 「サマードリームミュージック」@水戸芸術館広場>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yochan310.blog98.fc2.com/tb.php/2134-375be86f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

たかはし よういち

Author:たかはし よういち
離俗の世界に憧れながら、市井の片隅でうごめいています。
ささやかなモノやコトに幸せを感じます。
私が別に運営している「西の谷万葉公園を美しく」のブログは、以下のリンクからアクセスしてください。
重複する記事も有りますが、自然を大切に、簡素な生活を。
の気持ちを大切にしたいと思います。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する