よーちゃんの雑記帳  

街と人との出会いが楽しみ。

戦争の記憶を未来へ@水戸市立博物館

戦争の記憶を未来へ@水戸市立博物館
7月22日~8月30日


DSCN0494.jpg

昭和20年(1945)8月15日に第二次大戦が終結してから70年目を迎える。
終戦に先立つ8月2日の未明、水戸はアメリカ空軍による無差別の爆撃を受け、市街のほぼ全域を焼失し、死者は300人を超えた。
我が家も被災し全焼したが、母と次姉と私の3人は7月に父の郷里に疎開し、水戸に残った父と長女は無事であった。

終戦時に4歳だったので、戦争の記憶はほとんどないが、空襲前に勝田が米軍の艦砲射撃にあった時、母に背負われ千波方面に逃げた際、打ち上げ花火のような“シュー・ド~ン”と響いた音と光の印象はおぼろにある。
花火大会を観ると、今でも、その光景に重なる。

7月22日~8月30日迄、水戸市立博物館で「戦争の記憶を未来へ」と題する展示会が開催されている。

DSCN0496.jpg
(空襲後の水戸の街と、焼夷弾)

戦争を知る人は80歳以上だろう。
年々少なくなり戦争の記憶は薄れる。
戦争を二度と繰り返さないように、確りと、未来の人に伝えなければならない。

水戸博物館では戦争や空襲を伝える資料をわかりやすく展示し、関連する様々なイベントを開催する。

DSCN0497.jpg

DSCN0498.jpg

DSCN0499.jpg

DSCN0501.jpg

「戦争と平和」について改めて考える機会だ。
多くの人達、特に若い人たちに観てほしい。

関連イベントも沢山組まれている。

「夏休み子どもミュージアム チョウチョ大集合!」も開催されている。

DSCN0504.jpg

日本では240種類以上、世界中には20,000種類以上のチョウチョがいる。
色とりどりの翅(はね)もただきれいなだけではなく、生き残るための秘密を秘めている。
展覧会では、キラキラ、カラフル、キュートな翅のチョウチョたちが大集合。

DSCN0503.jpg

江戸崎農学校の教諭だった「松岡喜惣冶さんのコレクション」が主のようだ。
今では絶滅した貴重な資料もあるらしい。

夏休みの関連企画、親子で楽しみたい。

  1. 2015/08/08(土) 16:06:22|
  2. 博物館
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<第15回「ワイワイくろばねフェスティバル」@くろばねパーク | ホーム | 蛍環(けいかん)整備工事@西の谷>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yochan310.blog98.fc2.com/tb.php/2123-108c60d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

たかはし よういち

Author:たかはし よういち
離俗の世界に憧れながら、市井の片隅でうごめいています。
ささやかなモノやコトに幸せを感じます。
私が別に運営している「西の谷万葉公園を美しく」のブログは、以下のリンクからアクセスしてください。
重複する記事も有りますが、自然を大切に、簡素な生活を。
の気持ちを大切にしたいと思います。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する