よーちゃんの雑記帳  

街と人との出会いが楽しみ。

シェ、ジャニーのインテリア@盛岡市材木町

シェ、ジャニーのインテリア

DSCN0170.jpg


渋谷の住宅街の一角に誕生したシェ、ジャニーは個人の家の一部屋で食事を戴くと云うスタイルで始まった。
今流行の、隠れ家レストランのはしりと云える。
店と云うより住まいの空間で食事を戴くというスタイル。
あたかも、南欧の住宅の一部屋と云う感じ。

今回の材木町は、通りに面した如何にも店らしい店だが、インテリアにはかなりの気配りがなされている。

DSCN0154.jpg

入り口の扉は古材に鉄の鍛造金具を使用。

DSCN0167.jpg

客席は最大で14席の、こじんまりとした空間。
壁面の煉瓦に版画や絵画が飾られている。

アルルカン・女道化師のシリーズで知られる西村 宣造(1943~2012)の版画。僕も大好きな作家です。
西村の作品は水戸のコーヒー専門店「トロワシャンブル」にも沢山あります。

DSCN0171.jpg

大きな窓からは材木町の町並みが望める。

DSCN0172.jpg

店内のBGMは開店以来ジャズ、今回は自宅で使用しているJBLのスピーカーはじめ、オーデオのセットをドーンと中央に。

客室と厨房をつなぐ観音開きのドアは、ゆったりと開閉する。
傍らにはCDの棚。
古材を随所に使用したので、親しみと懐かしさを感じる。
柱に吊るされているのは英国18世紀の暖炉に吊るす自在鍵。

DSCN0166.jpg

自室に有った船の窓を厨房と客室をつなぐ窓に。

DSCN0180.jpg

ペレットストーブとペレット入れ。
18世紀、イギリスの石炭入れの銅の缶。


DSCN0163.jpg

イタリア製のステンドグラス。

DSCN0161.jpg

世界各地のオーナメントが沢山置かれてある。

DSCN0162.jpg

伝説のクライマー・吉野満彦さん使用のピッケル。


近頃、食器は白磁のみ。インテリアもシンプルなモノトーン。
等が流行っているようだが、全編そればかりでは、何か味気ない。

ジャニーの店は温もりとおもてなしの心を感じる。

  1. 2015/08/04(火) 06:13:30|
  2. シェ・ジャニー 春田光治さん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ジャニーの厨房とファミリー @シェ、ジャニー | ホーム | シェ、ジャニー7月29日のメニュー @盛岡市材木町>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yochan310.blog98.fc2.com/tb.php/2115-f44f3667
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

たかはし よういち

Author:たかはし よういち
離俗の世界に憧れながら、市井の片隅でうごめいています。
ささやかなモノやコトに幸せを感じます。
私が別に運営している「西の谷万葉公園を美しく」のブログは、以下のリンクからアクセスしてください。
重複する記事も有りますが、自然を大切に、簡素な生活を。
の気持ちを大切にしたいと思います。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する