よーちゃんの雑記帳  

街と人との出会いが楽しみ。

かもす-茨城の酒-@茨城県立歴史館

かもす-茨城の酒-@茨城県立歴史館
5月23日(土)~6月28日(日)


PAP_0085.jpg

新緑の歴史館、散歩コースとしても最適。

PAP_0079.jpg

「楽しい雰囲気を醸しだす」など、『醸』は素晴らしい言葉だ。

PAP_0083.jpg

PAP_0084.jpg

茨城県酒造協会加盟の品の展示も。

酒の上での失敗談は数えきれないほどあって、何度も止めたいと思った。
酒の咎に非ず、自分の心を制御する自分自身の問題と分かってはいるのだが。
酒の良い点は沢山あるのに、失敗談や人生を棒に振った例も多い。

古来、酒は神事の捧げもので、冠婚葬祭などの「ハレ」の場の特別な飲み物だったが、大量に製造できる時代となって、日常の空間でも飲める身近な存在となった。

豊かな水源をたたえ、米づくりの盛んな茨城では、古くから酒造りが行われてきた。奈良時代の初期に編纂(へんさん)された『常陸国風土記』には、人々が酒を醸(かも)し、飲み楽しむ様子が記されている。
近世には、水戸藩領内だけでも、2000軒近くの造り酒屋が軒を連ねた。
現在でも、茨城県内には関東地方でもっとも多い、46軒の造り酒屋があり、酒造りの技が受け継がれている。とのことで茨城は酒の名産地であることを再確認。特に、石岡は「関東の灘」と称され、豪商がいたとは知らなかった。

今回の展示は、文書史料から茨城の酒造りの歴史を紐解き、日本酒が醸されてから飲まれるまでの、人々と酒の関わりを、昭和の初期まで実際に使用されていた醸造道具の数々や、多種多様な酒器などの資料が紹介されていた。

PAP_0081.jpg

中庭の池、7月頃からの蓮の花が美しい。
常磐線の際の蓮池の「大賀蓮」が咲き始めるのが待ち遠しい。
  1. 2015/05/28(木) 17:32:33|
  2. 博物館
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<地震が多いですね! | ホーム | ブルガリアのバラ祭り@ブルガリア・カザンラク>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yochan310.blog98.fc2.com/tb.php/2079-7d81b24f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

たかはし よういち

Author:たかはし よういち
離俗の世界に憧れながら、市井の片隅でうごめいています。
ささやかなモノやコトに幸せを感じます。
私が別に運営している「西の谷万葉公園を美しく」のブログは、以下のリンクからアクセスしてください。
重複する記事も有りますが、自然を大切に、簡素な生活を。
の気持ちを大切にしたいと思います。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する