よーちゃんの雑記帳  

街と人との出会いが楽しみ。

森の中のポツリと温泉施設 @「大江戸温泉物語 君津の森」

森の中のポツリと温泉施設 @「大江戸温泉物語 君津の森」

P4232720.jpg

金谷のフェリー港に着いて宿を目指した。「大江戸温泉物語 君津の森」は
《君津市法木384-119》と云う住所だが、だんだん人気のない山間部、着いて見れば、よくこんなところに造ったものだ、とあっけにとられた。

訊いてみれば厚生省関連団体が作った施設で、運営がうまくいかずに売却されたものの1つらしい。
「こんなところに、こんなものを作ったものだ!」素直な感想。

P4242722.jpg

再生を引き受けたのが「大江戸温泉物語」のグループ。
日本初の温泉テーマパークとして、お台場に2003年3月1日開業して好評を博していると、聞いてはいたが、庵愛のパンフレットを見れば、今では国内各地に30ほどの温泉施設を運営しているようです。

茨城県内には無いが、栃木県なら那須・塩原・鬼怒川もある。
リゾート再生企業として著名な会社を聞いたことがあるが、この企業集団も温泉等の宿泊施設を運営し、急速に発展しているらしい。

P4242721.jpg

駄目になるのはそれなりの理由(わけ)、再生するのも、それなりの理由(わけ)が在ると感じた。

人工温泉ではあるが、露天風呂などに浸かる。
風呂場などの洗い場も、若干手直ししたらしい。

骨格は設立当初のままだろうが、金を使って無駄の多い施設を作ったものだと、あきれた。

食事は、この様な施設の例でバイキングスタイル。
我々を含め、じいちゃん・ばあちゃん、が多い。
飲み、かつ食べながらの話をと思っていたが、そんな落ち着いた雰囲気ではなかった。

都市部のビジネスホテルグループもどんどん拡大し、安く便利になったのは有り難い。観光地においても同じ様な状況なのかを理解できたし、様々な業界で急速に変化が進行していることも実感する。
  1. 2015/04/29(水) 07:18:04|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<岡山の皆さん、ようこそ。@笠松運動公園陸上競技場 | ホーム | フェリーで久里浜港から南房総金谷港へ。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yochan310.blog98.fc2.com/tb.php/2045-0246d2d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

たかはし よういち

Author:たかはし よういち
離俗の世界に憧れながら、市井の片隅でうごめいています。
ささやかなモノやコトに幸せを感じます。
私が別に運営している「西の谷万葉公園を美しく」のブログは、以下のリンクからアクセスしてください。
重複する記事も有りますが、自然を大切に、簡素な生活を。
の気持ちを大切にしたいと思います。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する