よーちゃんの雑記帳  

街と人との出会いが楽しみ。

鎌倉の水戸の御寺・英勝寺(えいしょうじ)@鎌倉市扇ガ谷

鎌倉の水戸の御寺・英勝寺(えいしょうじ)@鎌倉市扇ガ谷

P4222630.jpg


P4222670.jpg


P4222669.jpg


鎌倉駅西口の乗降客は東口よりかなり少ないが、横須賀線の線路に並行する「今小路」は小町通とは異なって洒落た店や住宅が点在する。
目指す「英勝寺」は駅から、徒歩10分程度の距離だ。

創建・開基について(Wikipediaによると)
徳川家康の側室で、大田道潅四代の太田康資息女とされるお勝の方は、家康との間に生まれた市姫が幼くして亡くなった後、家康の命により、後に初代水戸藩主となった徳川頼房の養母を務めた。家康の死後は落飾して英勝院と称したが、その後、三代将軍家光より父祖の地である扇ガ谷の地を賜り、英勝寺を創建した。
創建にあたっては、徳川頼房の娘小良姫を7歳の時に玉峯清因と名付け得度させ、これを門主に迎え開山とした。英勝院尼は寛永19年(1642年)没し、英勝寺裏山に葬られた。寛永14年(または15年)に寺領朱印地として池子村(現逗子市池子)420石を与えられたほか、裏山にあたる源氏山(旗立山)も与えられている。

創建の経緯から、その後も代々の住持は水戸家の姫が務め、このため英勝寺は「水戸御殿」や「水戸の尼寺」とも呼ばれた。
高貴な姫である住持は人前に出ることはなく、折々の法要は芝増上寺や、鎌倉材木座光明寺の僧が勤めていたという。
しかし明治維新を機に水戸家からの住持は絶え、寺勢は衰えた。その後、明治28年(1895年)に松平家より住持を迎え、さらに大正8年(1919年)以降は東京青山善光寺より住職を招請し、今日に至る。

と云う水戸に縁の深い寺だが、現在は花の寺としても知られている。
専門の庭師さんがおられるようだが、ほどほどに手を加えられた境内に、季節の花が咲く。

P4222638.jpg

P4222640.jpg

山門には葵の紋

P4222654.jpg

P4222657.jpg

P4222668.jpg

P4222665.jpg

P4222667.jpg

 苔むした五輪の塔や宝篋印塔、手水石、石垣石段など。



P4222659.jpg

住職が暮らした姫御殿跡、今では竹林と成っている。

その他の僧侶、寺侍、医師、料理人達の下御殿、御長屋、代官所も整えられていたので、水戸家のお寺として歴史を重ねてきた。

今では、小さな寺と成ってしまっているが、落ち着いた武家風な感じを受ける寺であり、再訪したいし、多くの人にも訪れて頂きたいお寺さんだ。
  1. 2015/04/26(日) 06:38:02|
  2. 文化財
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<「ガーデンハウス」のレストラン@鎌倉市御成町15-46 | ホーム | 『羊をめぐる動物たち』@繭山龍泉堂>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yochan310.blog98.fc2.com/tb.php/2039-9a4d8c57
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

たかはし よういち

Author:たかはし よういち
離俗の世界に憧れながら、市井の片隅でうごめいています。
ささやかなモノやコトに幸せを感じます。
私が別に運営している「西の谷万葉公園を美しく」のブログは、以下のリンクからアクセスしてください。
重複する記事も有りますが、自然を大切に、簡素な生活を。
の気持ちを大切にしたいと思います。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する