よーちゃんの雑記帳  

街と人との出会いが楽しみ。

水府提灯・青野商店@水戸市新荘1-5-50

水府提灯・青野商店@水戸市新荘1-5-50

P3042019.jpg


水戸と云えば「梅」「黄門さま」「偕楽園」「弘道館」などを連想されるが、小田原提灯、岐阜提灯等と同じ、提灯の産地の一つに数えられる、ことを水戸の人でもしらないようだ。
「水府提灯」と呼ばれるが、「水府」とは水戸の異称。
約380年前、江戸時代に水戸藩の産業振興策、下級武士の内職として生まれたのが、竹の加工品の籠、竹串や団扇等。

「水府提灯」は提灯の内側の竹ひごを、1本1本輪にして糸で結わえる「1本掛け」で作るため、堅牢であること。
さらに、貼られる和紙が丈夫で破れづらいことなどが特徴。
現在もその工法は変えずに、製造されている。
「水府」とは旧水戸藩の地域を指す言葉で、現在の常陸大宮市辺りまで含み、「西の内」と呼ばれる和紙は、全国的にも有名だ。

沢山あった「水府提灯」の製造元は、現在では主なところは3社らしい
その内の一つが青野商店。
現在は新荘と町名が変ったが、旧砂久保町。
この通りに店舗や倉庫を何か所か所有している。
昨年、ショールームを兼ねた店舗を新築した。

手前の部屋が資料館として見学が出来る。

P3042013.jpg


P3042018.jpg

型枠からひごを掛ける工程や、和紙の見本や貼り方まで分かる。


オートマタ(時計仕掛けの自動人形)の展示は、一見の価値がある

P3042015.jpg


奥のギャラリースペースでは「版画と水府提灯のコラボ/富張広司・也以、めおと展」が開催されている。
  1. 2015/03/04(水) 22:54:37|
  2. 水戸
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<「富張広司・也以、めおと展」@青野商店 提灯展示ルーム  | ホーム | 「月刊 みと」500号 おめでとう。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yochan310.blog98.fc2.com/tb.php/2026-b30df4d5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

たかはし よういち

Author:たかはし よういち
離俗の世界に憧れながら、市井の片隅でうごめいています。
ささやかなモノやコトに幸せを感じます。
私が別に運営している「西の谷万葉公園を美しく」のブログは、以下のリンクからアクセスしてください。
重複する記事も有りますが、自然を大切に、簡素な生活を。
の気持ちを大切にしたいと思います。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する