よーちゃんの雑記帳  

街と人との出会いが楽しみ。

日本料理・うんの @水戸市水府町1498−6

日本料理・うんの @水戸市水府町1498−6

P2121876.jpg


東京の某有名料亭で修業を積んで水戸に戻り、食堂経営の両親の店を手伝っているが、習い覚えた味と技を忘れず、更に進化させたい。
との願いで「日本料理・うんの」が昨年開店した。

「水府橋」を渡って間もなく、道路際ではあるが前が3台程度の駐車場、看板も小さいから見逃しそうだ。
営業時間は17:00~の予約のみ。
取りあえずは、試運転と云うことなのか。
昨年の暮れと今年の2月にお伺いする機会が有った。


P2121880.jpg

日本料理だが座敷はなく、洋間でイスとテーブルのスタイル。
シンプルな空間だが、壁面には洋画や版画などが飾られている。


P2121884.jpg

日本酒も洋酒も取り揃えてある。
杯の種類も豊富。

P2121885.jpg

燗酒はお湯を張った器に、錫の徳利が入っているから、冷めることなく飲める。

P2121888.jpg

P2121887.jpg


P2121890.jpg

P2121893.jpg

P2121891.jpg

P2121895.jpg

P2121898.jpg

P2121899.jpg


白磁を使用するのが流行だが、ここは料理に合わせた皿や碗などを使っている。
全てを、へんてこな白磁の器使いは勘弁してもらいたい、と思っているから嬉しい。

どの料理も素材を吟味し、丁寧な調理で、見た目も味も素晴らしい。
少しずつ、多くの種類を味わってほしいとの気持ちは分かるが、品数は少なくとも良いように思える。品数を多くも最近の傾向ではあるが、、、

予約のみの営業なので、ゆっくりとした時間をすごせる。

小体で洋風な空間の日本料理屋が生まれた、
7~8人位の仲間同士の会合などには最適で、予算や料理についても相談に乗ってもらえそうだ。
味わい深い店として、密やかに存続してくれることを願う。
  1. 2015/02/28(土) 14:23:21|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
<<「徳川慶喜」展@茨城県立歴史館 | ホーム | 「みちのくの仏像」展@東京国立博物館>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yochan310.blog98.fc2.com/tb.php/2020-c331219f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

たかはし よういち

Author:たかはし よういち
離俗の世界に憧れながら、市井の片隅でうごめいています。
ささやかなモノやコトに幸せを感じます。
私が別に運営している「西の谷万葉公園を美しく」のブログは、以下のリンクからアクセスしてください。
重複する記事も有りますが、自然を大切に、簡素な生活を。
の気持ちを大切にしたいと思います。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する