よーちゃんの雑記帳  

街と人との出会いが楽しみ。

「小沼里回(りえ)タペストリー展」@ 常陽史料館アートスポット

「小沼里回(りえ)タペストリー展」@ 常陽史料館アートスポット
2月3日~3月22日


小沼里回 タピストリー

織物作家・小沼里回さんの作品は、茨城県芸術祭美術展覧会や水戸市芸術祭美術展覧会等で何度か観たことがある程度だった。
今回は、点数も多く技法も多岐に渡り、30年に渡る制作活動を観る全貌展と言えるだろう。

地下に通じる階段の踊り場に織機が展示されている。
手織りの機械としては大型だ。
それに付随する、紡績や糸巻の道具類も展示されている。
染色から糸作り、更に織り上げるまで根気のいる仕事なのだ、と理解が深まる。

小沼タピストリー2

羊毛ばかりでなく絹糸を多く使うところが小沼さんの特色のように思った。
性格の異なる両者の織りなすタピストリーは半立体的だ。
色彩感覚とデザイン構成力が素晴らしい。

手仕事の盛んな北欧で、さまざまな織りの技法を駆使した作品に刺激を受けたことにから、単なる織物でない造形表現の可能性に取り組まれているようだ。

技法的なことは良くわからないが、柔らかで暖かみの作品群は繊維のマジックのように思えた。

  1. 2015/02/19(木) 14:48:19|
  2. 美術展
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<徳川慶喜関連資料展@常陽史料館・史料ライブラリー(2階) | ホーム | 「あこがれの空へ―民間パイロットの先駆け 武石浩玻―」@水戸市立博物館>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yochan310.blog98.fc2.com/tb.php/2010-efd7d1a3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

たかはし よういち

Author:たかはし よういち
離俗の世界に憧れながら、市井の片隅でうごめいています。
ささやかなモノやコトに幸せを感じます。
私が別に運営している「西の谷万葉公園を美しく」のブログは、以下のリンクからアクセスしてください。
重複する記事も有りますが、自然を大切に、簡素な生活を。
の気持ちを大切にしたいと思います。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する