よーちゃんの雑記帳  

街と人との出会いが楽しみ。

イギリスは愉しい

イギリスは愉しい

PA020877.jpg


古道具屋で購入した「ジンジャービア」のボトル、Oxford&Reading。
各都市で作られたらしく、ボトルの格好は色も形も同じだが、プリントされた醸造所などは異なる。

1990年頃から2005年頃までの約15年間、2月14日のバレンタインデーの時期に仕事でイギリスに行くことが多かった。
ロンドンとロンドンから60㌔西のレディング(Reading)、さらに40㌔北西の学園都市オックスフォード(Oxford)の辺りまでが行動範囲。でイギリスのほんの一部の地域ではあったが、実地を見聞することでイギリスの幾分かを知ることが出来た。

通常はまばらなレストランが14日は、カップルで満席。
若い人たちばかりでなく、年配の人達も多い。
訊けば、バレンタイの日お花を送るとか、食事をするとか。
日本のチョコレート一色、とはまるで異なる。

P2121874.jpg

さらに、林 望の「イギリスはおいしい」(1991年・平凡社刊)や「イギリスは愉快だ」(1991年・平凡社刊)がベストセラーになった頃で、イギリスについて格好の入門書だった。

イギリスのほんの一部の地域ではあったが、リンボウ先生の本でイギリスの幾分かを知ることが出来た。

著者のイギリス滞在時と現在はかなり違うだろうが、僕が訪ねた頃はこの本に近かい状態だった。本の内容と、僕なりの感想は。

●味がない・塩味が足りないので、
「Could you pass me the salt, please」と云う表現を覚えておく。


P2111872.jpg

●カールスクームと云う古い村の話。
この村には行けなかったが、中世の街並みを残す町は沢山ある。
特に、コッツウォルズ (Cotswolds)地方には古いイングランドの面影を残した建物や風景が残っていた。
イギリスの家は古いほど人気が有り高い。藁葺きの家が沢山残されている。

●「野菜は茹でる」どの野菜もくたくたになるまで茹でる。
確かに、その通りだ。

●ベークドビーンズ、ソーセージ、ジャガイモ。
ベークドビーンズに関しては余り関心がなかった。
焼いたソーセージやジャガイモは美味しかった。大小各種のジャガイモの種類が多い。イギリスの食べ物に美味しいものがない、と云う話を聞くが、特別そうは思わなかった。
僕は嫌いな食べ物がないし、各国の料理で食べられない、と思ったことも無く、何でも大丈夫、と云うこともあるかもしれないが。

●フィッシュ・&チップス=魚のフライとジャガイモのフライ。
モルトビネガーをたっぷりかけて食べる。
パブや屋台の食べ物の定番と言えるかもしれない。日本でもアイリシュパブなどが増え、メニューとして一般化している。
しかし、イギリスでは少なくなりつつあり、ケバブ等が多くなりつつあった。
ロンドンの東地区はインド系の人が多いインド人街。スパイスの店、カレー屋さん。イギリスも人種のるつぼ。
●パブ・クロール
イギリス文化の中心の1つ。
ビールなどのアルコール以外の簡単な食事を置いてある店もある。
かなりの食事を「パブミール」で済ませた。
必ず町内に一つはあり、地域の集会所の様でもある。
ぬるめのビールをちびちびとやりながら話をする。
店内に置いてあるビリヤードやダーツなどに興じることもある。
友人と行けば、お代わりを頼むが、交代交替で支払う。
店を変えての場合も順番で、5人で歩けば5杯は飲むことになる。
ハシゴ酒をパブ・クロールと云うがパブからパブを泳ぎ回る感じだ。
通常1パイント、当時で500円見当だったか。
何処のパブでも値段がほぼ一定だから、場所を変えても輪番が可能なわけ。
イギリス行きで一番熱心だったのがパブ巡りだった。
今は日本中のあちこちにアイリッシュパブなどが出来た。
イギリスやアイルランドのパブと雰囲気的にもほぼ同じ。
アイルランドのダブリンには1度行きギネスの工場を訪ねた。
テンプルバーの街路は昔風に改築中だったが、多くのパブが軒を並べていた。
●アフタヌーンティー(ハイティー)
紅茶はもちろん、サンドイッチやスコーン、ケーキ類といったお菓子も供される。料金もランチ並みだが、午後のお茶の時間を優雅に過ごせる。
何度か試せば十分で、パブのようにあちこち訪ねたくはならない。
●鯖の燻製(Smoked Mackerel)
食品スーパーなどで2~3枚袋に入って売られている。脂がのって幾らか半生状の燻製。部屋飲みのつまみとして、或いは持ち帰ってお土産に。安くて美味しい。
イラストも達者で、スケッチや図解も愉しい。

後程、購入した「ホルムヘッドの謎」(1995年5月文春文庫化)には、ランアバウト(ロータリー式の交差点)などの「道」に対しての薀蓄など、イギリス人の考え方の一端を知ることが出来る。

何れにしても愉しい思い出だ。
  1. 2015/02/13(金) 18:17:13|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<第4回 笠山会展 @ギャラリーしえる | ホーム | ディスクユニオン(disk union)・塙耕記さん>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yochan310.blog98.fc2.com/tb.php/2004-d06b3041
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

たかはし よういち

Author:たかはし よういち
離俗の世界に憧れながら、市井の片隅でうごめいています。
ささやかなモノやコトに幸せを感じます。
私が別に運営している「西の谷万葉公園を美しく」のブログは、以下のリンクからアクセスしてください。
重複する記事も有りますが、自然を大切に、簡素な生活を。
の気持ちを大切にしたいと思います。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する