よーちゃんの雑記帳  

街と人との出会いが楽しみ。

「ブック・カフェ槐多」@キッド・アイラック・アート・ホール地下1階

「ブック・カフェ槐多」@キッド・アイラック・アート・ホール地下1階

PC061516.jpg

PC061514.jpg

京王線・京王井の頭線の明大前駅より徒歩2分の所に、キッド・アイラック・アート・ホールがあり、地下1階は「ブック・カフェ槐多」となっている。


PC061515.jpg

カウンター7席と、テーブル3つ10席位の広さだが、1階まで吹き抜けと感じる程に天井が高い。
壁面の書棚にはオーナーの窪島誠一郎の蔵書(多くは美術関連)約千冊が天井まで並ぶ。

1919年(大正8年)に22歳で夭折した詩人・画家の村山槐多の名を冠したので、壁にはデッサンのレプリカが飾られている。

サイフォン式コーヒーや手作りケーキの他、アルコールも楽しむ事が出来る。
ブレンド450円、ストロング500円、ストレートティー450円、ケーキセット650円〜など、東京にしては安い方だろう。
営業時間、平日:17:00-22:00 土日祝:12:00-21:00 火曜定休。

PC061503.jpg

PC061507.jpg

窪島誠一郎は長野県の塩田平にある「無言館」「信濃デッサン館」の運営に専念し、キッド・アイラック・アート・ホールは時々、顔を出す程度らしい。

水戸にも待望のブックカフェ&イベントホール「ビレッヂ310」が2月1日に誕生した。取敢えずオープンと云う感じで、本格的な運営はこれから。
キッド・アイラック・アート・ホールと性格は異なるが、目指すところは共通点がありそうだ。
アイデアを駆使し、何度も行きたいと思える場になって頂きたいと切に思っている。


CA3G0102_20130516002126[1]

IMG_2495[1]

*「無言館」は、戦没画学生たちの遺 作となった絵画・作品・絵の道具・手紙などを専門に収蔵展示。「信濃デッサン館」は、立原道造・関根正二など若くして病死した画家のデッサンを中心に展示。

2013年5月、上田から別所温泉経由でこの地を訪れたが、私財を投じて運営される、世界的にもユニークな美術館に大きな感動と、継続の努力に尊敬の念を強く抱いた。
交通機関を乗り継ぐ不便なところだが、訪ねる価値は十分ある。
多くの人たちが足を運んでほしい美術館だ。

  1. 2015/02/04(水) 22:09:46|
  2. カフェ・喫茶
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<「バレンタイン」と言えば | ホーム | 「立春大吉」寿昌山祇園寺@水戸市八幡町11-69>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yochan310.blog98.fc2.com/tb.php/1996-7b5f49e5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

たかはし よういち

Author:たかはし よういち
離俗の世界に憧れながら、市井の片隅でうごめいています。
ささやかなモノやコトに幸せを感じます。
私が別に運営している「西の谷万葉公園を美しく」のブログは、以下のリンクからアクセスしてください。
重複する記事も有りますが、自然を大切に、簡素な生活を。
の気持ちを大切にしたいと思います。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する