よーちゃんの雑記帳  

街と人との出会いが楽しみ。

「やきものって何ダ?」@茨城県陶芸美術館

「やきものって何ダ?」@茨城県陶芸美術館
1月2日~3月8日


leaf_pottery[1]


日本には数多くのやきものの産地があり、土地ごとに特徴のあるやきものが作られている。食のための器ばかりでなく、茶の湯や生け花など伝統文化にも大きな役割を果たしてきた。
現代は器という枠を超え、新たな造形表現が生まれている。

P1221755.jpg

「やきものって何ダ?」は国内の「やきもの」産地の有田、萩、丹波、信楽、越前、美濃、瀬戸、笠間においてやきものを専門的に収蔵し展示・公開する美術館・博物館8館による共同企画で、過去から未来への陶磁器のありようを探る展覧会。何れもこの8館の所蔵品で構成されている。

紀元前3,000年頃に制作された縄文式土器から現代までの約130点。
国内のみならず、中国や朝鮮半島まで含まれている。

10436198_456353751172935_6973505999674072834_n[1]

縄文土器「深鉢」紀元前3000-2500年頃 愛知県陶磁美術館
縄文土器の造型の豊かさは世界的な評価を受けている。


有田や九谷など青白磁や色絵の華麗な作品も多いが「六古窯」と云われる中世の焼き物が好きなので、どうしても、そちらに目が行く。

0004[1]

越前「三筋文壺」12世紀(平安時代末期) 福井県陶芸館

p_01[1]

越前 大壺13世紀 福井県陶芸館蔵

01440[1]

渥美「灰釉蓮弁文壺」12世紀(平安時代末期) 愛知県陶磁美術館 

01533[1]

瀬戸「灰釉草花文四耳壺」 鎌倉時代(13世紀)愛知県陶磁美術館

蟹江良二「チェルノ・ブイリシリーズ」
松田百合子「ヒップシリーズ」
等の現代美術家の作品は、陶磁器を通した新たな世界。

3階展示室の「いばらきの伝統工芸・常陸の巧みと手仕事」展は織物、塗り物、和紙など県内の匠の仕事が紹介されている。

陶磁器に限らず工芸の世界の展示も大切で「陶芸・工芸美術館」のほうがより適切か、と感じた。
  1. 2015/01/22(木) 20:40:39|
  2. 美術展
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<< 五味田充子 手紡ぎニット展 @ギャラリーしえる | ホーム | 大原美術館@岡山県倉敷市・倉敷美観地区>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yochan310.blog98.fc2.com/tb.php/1977-97256d60
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

たかはし よういち

Author:たかはし よういち
離俗の世界に憧れながら、市井の片隅でうごめいています。
ささやかなモノやコトに幸せを感じます。
私が別に運営している「西の谷万葉公園を美しく」のブログは、以下のリンクからアクセスしてください。
重複する記事も有りますが、自然を大切に、簡素な生活を。
の気持ちを大切にしたいと思います。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する