よーちゃんの雑記帳  

街と人との出会いが楽しみ。

 「シェ.ジャニー」 が盛岡に移転することに。

 「シェ.ジャニー」 が盛岡に移転することに。

昨年の後半からブログを書くのが億劫になった。
自分で書かないと、他人様のページを見ることも少なくなる。
年が改まって再開し、リンクしている「フレンチレストラン シェ.ジャニー ~魅惑の南仏料理~」を覗いた。
ジャニーのブログは美味しそうな料理の数々に加え、その他の話題も豊富で、語り口が小気味いい。

20150112155855150[1]

『少しですが天気が落ち着いて上の屋根からの氷柱の直撃の危険が無くなったので届く範囲の雪下ろし。』

安比はスキーリゾートだから雪が降るのは当然だが、めったに雪の降らない水戸に比べたら想像できない程で、雪国に暮らすのは大変だなと思った。

20150108162259bca[1]
『9連戦の暮、正月が終わり、盛岡で息抜き、最初の昼食はピアーチェで』
と奥さまのIchiさんと少し遅れの正月休暇。
「ピッツェリア ピアーチェ」の八柳シェフの好意でピッツア焼きに挑戦し、上出来で大満足のお二人の笑顔。
ジャニーのお勧めで、僕も昨年お伺いした。

拝見した感想をコメントしようと思っていたら、ジャニーよりメールが届いた。

『安比の家もボロボロ・毎年修理その他で経費ばかり掛かります。
盛岡引っ越したら?と常連さんの建築会社の社長に言われ、物件探し。
一発で最初に出て来たのが、材木町、光原社の隣、ハモの住まいの真正面(笑)

P7010240_201501142026057f5.jpg

P7010236.jpg
*光原社(2014年7月)

もう決めて設計に入ってます。
5月末には引っ越しかな?
安比は当分倉庫として置いておきます。』 JOHNNY

築後30年を経過し、傷みも多くなったのであろう。
安比高原の雄大な眺めを有する、ペンションビレッジの一角と云う景観は誠に素晴らしいから、移るのは極めて残念の感は多々。
30年の間に、多くの友人も出来たし恵まれた水や食材も多い。
今後を考えると、コンパクトな暮らしに替える時期かもしれない。
住み慣れた所からの再度の移住ではあるが、安比は盛岡の一部ともいえる。
盛岡の材木町、光原社の辺りは盛岡のシンボル的な地域。
ジャニーの店は地元ばかりでなく東京からのお客様や東北一円から来店されるから恰好の場所だろう。
水戸から訪れる僕にとっても、1泊圏で行きやすくなる。
思ひは多々あるが、決断は下って既にことは進みだした。
5月末の移転と再開を期待します。

P7010159[1]
(2014年7月に訪問した際のシェ・ジャニー)

※渋谷の住宅街の一角の自宅を改装し、フランス料理店「シェ・ジャニーを開店したのは1969年。繁盛していた店を閉め、安比高原のペンション街の一角に100坪の住宅を造り、1986年に移住。以後10年間はスキー、渓流の岩魚釣り、冬の狩猟など趣味の世界に遊ぶ毎日。1997年に増築した部屋を改装し『シェ・ジャニー』を再開店し予約制で料理を提供している。
辺鄙な場所にもかかわらず、訪れるお客が多い。

  1. 2015/01/14(水) 18:41:56|
  2. シェ・ジャニー 春田光治さん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<戸田和子「Aria」展@水戸奏楽堂・水戸市五軒町 | ホーム | 織部とは何者か?@銀座松屋8階>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yochan310.blog98.fc2.com/tb.php/1968-c007387c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

たかはし よういち

Author:たかはし よういち
離俗の世界に憧れながら、市井の片隅でうごめいています。
ささやかなモノやコトに幸せを感じます。
私が別に運営している「西の谷万葉公園を美しく」のブログは、以下のリンクからアクセスしてください。
重複する記事も有りますが、自然を大切に、簡素な生活を。
の気持ちを大切にしたいと思います。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する