よーちゃんの雑記帳  

街と人との出会いが楽しみ。

有人潜水調査船「しんかい2000」@新江ノ島水族館

有人潜水調査船「しんかい2000」@新江ノ島水族館

P1111694.jpg

P1111696.jpg


成人の日と云えば1月15日だったが、2000年から1月第2月曜日、つまり、その年の1月8日から14日までのうち月曜日に該当する日に変更された。
奈良時代以降の日本に於いて、おおよそ数え年で12 - 16歳の男子が、氏神の社前で大人の服に改め、「みずら」と呼ばれる子供の髪型を改めて大人の髪を結い、冠をつけた儀式「元服の儀」に由来すると思われるから、何時と云う決まりないのだろうが。

ともかく、11日(日)に新江ノ島水族館に行った。
水族館に行くのは久し振りで、大震災前の「アクアワールド茨城県大洗水族館」に行って以来のこと。

P1111698.jpg

P1111695.jpg

P1111697.jpg

初めての「新江ノ島水族館」、見所は沢山あったが、有人潜水調査船「しんかい2000」はここでしか見られない。
海洋科学技術センター(現: 海洋研究開発機構)が所有運用していた有人潜水調査船。三菱重工神戸造船所で製作、1981年に完成して、2004年3月まで運用された実物。
深海の高圧に耐える船内のスペースは宇宙船とは比較にならない程に狭い。
開発当初は、江の島沖で潜水実験を繰り返し、日本全土に及び、大きな成果を上げた。

現在は6500mの深海まで潜水できる「しんかい6500」が運用され、生物よりは海底鉱物資源の調査:石油、天然ガス、マンガンノジュール、燐灰土、鉱床等の調査が主な任務となっている。

今年度の予算編成が進んでいる。
この様な科学技術の向上に対しては、大きな予算を計上すべきではと思った。
  1. 2015/01/12(月) 21:52:09|
  2. 博物館
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<「クラゲファンタジーホール」@新江ノ島水族館 | ホーム | 柴田宋休「陶・詩画展」@ギャラリー加古>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yochan310.blog98.fc2.com/tb.php/1965-cb9eefb4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

たかはし よういち

Author:たかはし よういち
離俗の世界に憧れながら、市井の片隅でうごめいています。
ささやかなモノやコトに幸せを感じます。
私が別に運営している「西の谷万葉公園を美しく」のブログは、以下のリンクからアクセスしてください。
重複する記事も有りますが、自然を大切に、簡素な生活を。
の気持ちを大切にしたいと思います。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する