よーちゃんの雑記帳  

街と人との出会いが楽しみ。

那珂川の献上鮭@水戸市城東

那珂川の献上鮭@水戸市城東

PB051183.jpg


『常陸国風土記』(奈良時代初期の713年に編纂され、721年に成立した常陸国・現在の茨城県の大部分・の地誌)に現・日立市助川で鮭を獲っていた記載があるとのこと、常陸の国は鮭の遡上の南限と云われる。
江戸時代も那珂川を登るサケが珍重され、その年初めて獲れる「初サケ」は必ず藩主に献上され、光圀も毎年必ず食べていたという。
初サケは麹と塩で漬けられ、江戸に献上されたが、水戸で漬けたサケが江戸に運ばれるうちに、ちょうどよい漬かり具合になったのだそうである。
塩麹、最近はやりの言葉、と思ったが、考えてみれば本来の保存の方法だ。
「初霜漬」と呼ばれるこの逸品、こんがりと炭火で焼き上げる。熱々の新米で戴けば、正に、水戸の秋だ。

我々の子供の時代も、那珂川の鮭は秋の味覚。
卵を醬油とみりんに漬け込む。白子はお澄ましの具に。骨や頭はアラ汁にと、全てを食べつくした。
北海道産や外国産が主流を占める時代になったが、秋になれば「那珂川の鮭」を食べたくなる。
幸い、近所の魚屋に10月頃に少量だが店頭に並ぶ。
身の色は赤くなく薄いオレンジで脂は載っていないが、これがサッパリとした鮭本来の味。養殖のノルウェーサーモンとはまるで別物。
脂の乗ったものを好む最近の風潮は、味覚を狂わせてしまったようだ。

那珂川の鮭漁は水戸藩が特定の家に対して免許を下していたが、戦後は漁業組合が管理し、捕獲と採卵、人工ふ化をして稚魚を放流する方法に変わった。
人工ふ化に関して、那珂川は早い時期から取り組んできた。

今年も10月に3度ばかり味わうことが出来た。
漁の期間は9月から10月までと思っていたら11月末までらしい。
那珂川流域の何か所かで「鮭の流し網」が行われている。

PB051184.jpg

PB051185.jpg

水郡線の鉄橋下流、「新寿橋」の間の漁場を見に行った。
二隻の船が、長さ約100メ-トル深さ5.6メ-トルある網を川いっぱいに広げて流し、一定の時間を経て引き上げる。
漁期の始まる9月前に川底をダイバーを入れて清掃しないと、流木が絡んだりして上手くいかないので、厄介らしい。

昔ほど高価で取引されないが、自然味わいが人気で、築地の市場にも出荷され人気が有るようだ。
  1. 2014/11/09(日) 11:45:50|
  2. 歴史
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<「里山-人と自然がつながる未来へ-」@水戸市立博物館 | ホーム | 常陸秋そばフェスティバル@常陸太田市>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yochan310.blog98.fc2.com/tb.php/1956-d1e28789
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

たかはし よういち

Author:たかはし よういち
離俗の世界に憧れながら、市井の片隅でうごめいています。
ささやかなモノやコトに幸せを感じます。
私が別に運営している「西の谷万葉公園を美しく」のブログは、以下のリンクからアクセスしてください。
重複する記事も有りますが、自然を大切に、簡素な生活を。
の気持ちを大切にしたいと思います。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する