よーちゃんの雑記帳  

街と人との出会いが楽しみ。

「ギャラリー・サザ25周年記念展」@ひたちなか市共栄町

「ギャラリー・サザ25周年記念展」@ひたちなか市共栄町

P8050509.jpg

P8050514.jpg


父親の経営する映画館の一角に、鈴木誉志男さんが小さな喫茶店「且座(サザ)」を開業したのは1969年のことらしい。
生豆と淹れ方などに工夫と研究を重ねたお店は徐々に発展し、1989年に本社・本店を新築するほどに発展した。

鈴木さんは中学時代の同級生で、設計を担当した滝口さんも同級生。
当時は勝田市(現・ひたちなか市)を中心とした営業であったが、現在はひたちなか市、水戸市、更には東京の品川や二子玉川まで支店を設けている。
喫茶店経営のみならず、卸売業務も順調で、全国に名を知られたコーヒー専門商社となった。

更には、ブラジルやコロンビアなどにも専属農場を経営するグローバルな企業として躍進しているのを知るにつけ、地元発の企業として、誇りに思える。

勿論、厳選された素材の質が高いのが発展の理由だろうが、本店開業時に併設した「ギャラリー・サザ」の存在も大きい。
鈴木さんは「コーヒーは文化」をモットーに、ギャラリーやホールに器類・織物・染物・刺繍・仮面などを展示している。
ギャラリーは年間を通して予約で埋まるほどに好評だ。
「コーヒー学会」の運営者の一人で、コーヒー文化の普及に努めている。

P8050513.jpg


P8050515.jpg

P8050526.jpg

今回「ギャラリー・サザ25周年記念展」とし
『美術家たちのコーヒーブレイク・展』が今日(8月5日)から11日まで開催されている。

川又南岳・十河雅典・立見榮男・川崎千彰など12名の作家の書や絵画が展示されている。

8月10日(日)10:30~12:00に出品作家+鈴木誉志男(サザコーヒー会長)による、コーヒーを飲みながらのギャラリートークも予定されている。

P8050516.jpg

庭もサザの魅力の一つです。

P8050522.jpg

P8050523.jpg

パプア・ニューギニアのお面が飾られた「お面の部屋」

P8050524.jpg

壁面に飾られた「モラ」のコレクション。

  1. 2014/08/06(水) 00:05:02|
  2. 美術展
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<鈴木康広展「近所の地球」@水戸芸術館現代美術ギャラリー | ホーム | 水戸が久し振りに賑わった3日間>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yochan310.blog98.fc2.com/tb.php/1933-61c9ea91
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

たかはし よういち

Author:たかはし よういち
離俗の世界に憧れながら、市井の片隅でうごめいています。
ささやかなモノやコトに幸せを感じます。
私が別に運営している「西の谷万葉公園を美しく」のブログは、以下のリンクからアクセスしてください。
重複する記事も有りますが、自然を大切に、簡素な生活を。
の気持ちを大切にしたいと思います。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する