よーちゃんの雑記帳  

街と人との出会いが楽しみ。

上田薫のスーパーリアリズム@水戸市立博物館

上田薫のスーパーリアリズム@水戸市立博物館

10447410_660303864064358_5320114819351543285_n[1]


関東甲信地方は7月22日に梅雨明けした、とのことだが連日猛暑が続いている。夏休みに入って、海も山も大賑わいのようだ。
美術館や博物館も子供を対象とした企画が組まれている。
水戸市立博物館では
「ふしぎ ふしぎ 超リアル! 上田薫のスーパーリアリズム」
と題する展覧会が、7月20日~8月31日迄開催される。


2012050823114745c[1]

上田薫さんはスーパーリアリズムの巨匠として知られている。
ステンレスのナイフやフォーク、スプーンの輝き。
卵が割れて殻から滑り落ちてくる。

ueda-egg_20140726225524c3c.jpg


ゼリーがプリプリ・プルーンと巨大な画面に写真のように描かれている。
近づいて見れば写真ではなく油絵。

始めてみた時は誰もがわが眼を疑う。

上田さんは、1985年から1992年迄の7年間は茨城大学教授を務められ水戸市に住まわれていた。
丁度、水戸芸術館の開館する頃で、上田薫さんはじめ茨城大学の諸先生方にも美術関係ご意見をお伺したようだ。
その結果は水戸芸術館の「現代美術ギャラリー」の運営に生かされている。

2011年に開催された「CAFE in Mito 2011 ― かかわりの色いろ」展に際しては自作を何点か寄贈された。


P1060240[1]

その時の自作前での写真。
奥様の上田葉子さんはキルト作家として知られている。

茨城大学を退官されて相模原に転居し、近年に鎌倉に移り住んでいる。

2012年4月、鎌倉の鶴岡八幡宮を眼下に見る丘の上の住まいとアトリエを訪ねた。温厚な人柄で淡々と人生を送られている。
お元気で新たな作品に取り組まれている姿を拝見し、心強く感じた。

CA3G0116_2014072622520744a.jpg

アトリエを拝見したのち、孟宗の竹林で有名な報国寺にご案内頂いた。

東京生まれの上田さんは、幼いころからの憧れの鎌倉での暮らしを愉しまれているようだった。

水戸に移られて間もなくの頃からのご縁ゆえに、今回の展覧会は嬉しい。
「上田薫の世界」を多くの方に感じて戴ければ、と思っている。


  1. 2014/07/26(土) 23:01:11|
  2. 美術展
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<「32CAMP」の準備が進んでいます@ 西の谷緑地公園 | ホーム | 中華・ピッザ・鮨 @盛岡市 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yochan310.blog98.fc2.com/tb.php/1926-70443dc0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

たかはし よういち

Author:たかはし よういち
離俗の世界に憧れながら、市井の片隅でうごめいています。
ささやかなモノやコトに幸せを感じます。
私が別に運営している「西の谷万葉公園を美しく」のブログは、以下のリンクからアクセスしてください。
重複する記事も有りますが、自然を大切に、簡素な生活を。
の気持ちを大切にしたいと思います。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する