よーちゃんの雑記帳  

街と人との出会いが楽しみ。

立原杏所「梅之図」@水戸市泉町・鰻亭

立原杏所「梅之図」@水戸市泉町・鰻亭

P3120004.jpg

寄合が有って、久し振りにお座敷に。
畳と和服なしで、日本の文化は無いと思っている。

玄関の打ち水、上がり框の額や花。
座敷に通され、床の間の掛け軸や床飾り。
料理屋さんは手間も暇もかかるから経営上は難しいだろうが、其処が老舗の拘り、損得では出来ない。

P3120006.jpg

部屋の床の間には立原杏所の「梅之図」。
立原杏所(1786―1840)は江戸時代中期から後期にかけての水戸藩士で南画家。
諱は任、字は子遠、甚太郎のち任太郎とも。
東軒、玉琤舎、香案小吏、杏所と号した。

料理が一通り出て、締めの鰻。
それにしても、これだけの時間と料理と器。
チエーンの居酒屋に行っての支払いから見たら、金額では高いかもしれないが、質的には割安だろう。

団体料金と言えるにしても、利用客が無くては成り立たない。

この時期、水戸を訪れるお客様は多い。
グループでお出かけの際の昼食は、座敷に上がって寛いでもらいたい。
  1. 2014/03/12(水) 23:30:30|
  2. 人と作品
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<観梅見に行くべ! | ホーム | 東日本大震災から3年。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yochan310.blog98.fc2.com/tb.php/1860-a5ad866c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

たかはし よういち

Author:たかはし よういち
離俗の世界に憧れながら、市井の片隅でうごめいています。
ささやかなモノやコトに幸せを感じます。
私が別に運営している「西の谷万葉公園を美しく」のブログは、以下のリンクからアクセスしてください。
重複する記事も有りますが、自然を大切に、簡素な生活を。
の気持ちを大切にしたいと思います。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する