よーちゃんの雑記帳  

街と人との出会いが楽しみ。

MOA美術館@熱海市桃山町

MOA美術館@熱海市桃山町

PC240047.jpg

昨年、箱根町強羅の「箱根美術館」を観て感激したが、創立者の岡田茂吉が「日本の優れた伝統文化を世界の人々に紹介したい」との願いを継承して、1957年(昭和32年)に熱海美術館を開き、岡田の生誕100周年にあたる1982年(昭和57年)を機に、現在のMOA美術館が開館した。

この美術館は国宝の紅白梅図屏風( 尾形光琳 二曲一双)、手鑑「翰墨城」 1帖 311葉、色絵藤花文茶壺 (野々村仁清 )3点の他重要文化財65点を有する美術館だ。
更に、復元ではあるが、秀吉の「黄金の茶室」など話題の多い。

20年以上前に訪れたが、再訪して、感激を新たにした。
エントランスから美術館本館まで約60mの高低差を、総延長200mにおよぶ7基のエスカレーターで登る。
エスカレーターの壁面や天井は照明が刻々と変化し、 エスカレーターの途中に直径約20mの「円形ホール」がある。
自然環境をそこなわないようとの配慮からオープンカット方式を採用し、山の斜面を上から掘り下げて通路を設置し、完成後もう一度土を盛って木を植え、元通りの山に復元した大工事。

PC240033.jpg
ヘンリー・ムアの「王と王妃」が設置されたムア広場 。

初島や伊豆大島、房総半島から三浦半島、伊豆半島まで180度の大パノラマを眺望できる。
PC240037.jpg
能楽堂もある。

PC240032.jpg
横山大観、菱田春草ら日本美術院の巨匠、京都画壇の竹内栖鳳の作品をはじめ、上村松園、伊東深水等の美人画など、日本画約50点の企画展が解されていた。。

PC240040.jpg

PC240042.jpg

PC240043.jpg
復元された「光琳屋敷」。

PC240044.jpg

PC240039.jpg
構想の雄大さに改めて驚き、収集品の質と量にも驚嘆した。
  1. 2013/12/25(水) 23:11:23|
  2. 美術館
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<『野の花でおもてなし 無法庵 花往来』田中昭光(淡交社) | ホーム | 中川一政美術館@真鶴町真鶴>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yochan310.blog98.fc2.com/tb.php/1801-f81e08d4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

たかはし よういち

Author:たかはし よういち
離俗の世界に憧れながら、市井の片隅でうごめいています。
ささやかなモノやコトに幸せを感じます。
私が別に運営している「西の谷万葉公園を美しく」のブログは、以下のリンクからアクセスしてください。
重複する記事も有りますが、自然を大切に、簡素な生活を。
の気持ちを大切にしたいと思います。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する