よーちゃんの雑記帳  

街と人との出会いが楽しみ。

曽谷朝絵展 「宙色(そらいろ)」@水戸芸術館。現代美術ギャラリー

曽谷朝絵展 「宙色(そらいろ)」@水戸芸術館。現代美術ギャラリー
7月27日[土]~ 10月27日[日]


そらいろs


2011年3月11日に発生した東日本大震災、水戸も広範囲にわたって被災した。
水戸芸術館もパイプオルガンの倒壊や建物が損壊し休館を余儀なくされた。
現代美術ギャラリーも損傷したが、取りあえずの改修がなって再開したのが、
「CAFE in Mito 2011―かかわりの色いろ」展。
それまでに水戸芸術館現代美術センターで作品を発表したアーティストたちの絵画や写真作品の展示や、観客参加型アート作品、街中での展示など参加型イベントの実施を通して、街を活性化しようとの試みだった。
NHK朝の連続テレビ小説「あまちゃん」が大評判で、主題歌も大人気だ。
主題歌を担当している大友良英も「CAFE in Mito 2011」の作家のひとり。

大友良英×須藤和也「千波湖まで歩こう。」はギャラリーでヘッドホンと音楽プレイヤーをかりて、音楽作品を聴きながら散歩する体験作品だった、
「西の谷」を散歩するコースで、斬新な試みだった。
更に、水戸市内を自由参加でチンドン屋の如く、演奏しながら歩くイベントも開催した。

その他にも多くの作家が参加したが、今回の「宙色(そらいろ)」の作者、曽谷朝絵も出品している。
市内のデパートや商店のガラスのウインドに、透明であるが着色されたフィルムをカットして貼り付けた作品。
屋外で透明な作品なのでインパクトが無く、作品と分からず、通り過ぎる人がほとんどだった。

というようなことで、あまり期待しないで観に行ったが、大きな部屋を使った、インスタレーションは巨大なカレードスコープ(万華鏡)でミラーボールが回転する様な無限の作品群。
屋内展示ならでは空間を楽しめた。

たまたまかもしれないが、幼児を連れたお母さんが目についた。
夏休みの企画として、子供が見ても楽しい。

爽やかな印象を受ける作品は、暑い夏の日の納涼に最適かもしれない。
  1. 2013/08/01(木) 00:11:43|
  2. 水戸芸術館
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ブラン城 @ルーマニア | ホーム | ビエルタンの要塞教会>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yochan310.blog98.fc2.com/tb.php/1668-62544270
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

たかはし よういち

Author:たかはし よういち
離俗の世界に憧れながら、市井の片隅でうごめいています。
ささやかなモノやコトに幸せを感じます。
私が別に運営している「西の谷万葉公園を美しく」のブログは、以下のリンクからアクセスしてください。
重複する記事も有りますが、自然を大切に、簡素な生活を。
の気持ちを大切にしたいと思います。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する