よーちゃんの雑記帳  

街と人との出会いが楽しみ。

九州国立博物館@福岡県太宰府市

九州国立博物館@福岡県太宰府市

P6260209.jpg

P6260214.jpg


日本で四番目となる国立博物館「九州国立博物館」が開館したのは2005年10月16日。太宰府天満宮裏の同宮所有の丘陵地に建設された。
遡ること100年以上前に岡倉天心は、古来から外交の要の九州に注目し、歴史討究のための九州博物館の必要性を主張していた。
その願いが、やっと実現したということになる。

100年以上の歴史を誇る東京・京都・奈良の3つの国立博物館が美術系博物館であるのに対し、九州国立博物館は歴史系博物館として設立されたのも天心の考えと同じで、天心の先見性に脱帽だ。

博物館へは天満宮境内の一角から、山腹を刳り貫いたエスカレーターで登る。七色で彩れた近未来調のトンネルを抜ければ、ガラス張りの博物館が目に入る。160m×80mの長方形で蒲鉾型、屋根は流線型のフォルム。
サッカー場が一面すっぽり入るほどの広さで、一番高いところで36m、地下2階で地上5階とのことだ。
さすが100年ぶりに誕生した国立博物館といえよう。

P6260213.jpg

P6260212.jpg

1階にエントランスホールと288席のホールがある。
2階に学芸エリア、収蔵庫、修復所など館の中枢部門。
3階は床面積約1500平方メートル・天井高7mの展示室。この日は7月9日から開催される「中国 王朝の至宝」展の準備中。
4階は「文化交流展示室」、常設展示室で、床面積約3900平方メートルの広さ、対外文化交流を通史で展示し、定期的に入れ替えが行われる。
「縄文人、海へ」「海・森・火山」「アジアの民族造形」「稲づくりから国づくり」「倭人伝の世界」「にぎやかな古墳のまつり」「遣唐使の時代」などのテーマごとに展示されていた。

僕が一番興味を持ったのは、九州陶磁の華-田中丸コレクション-

柿右衛門や鍋島などの肥前磁器を中心に、名品の数々を紹介されていた。
九州ならではのコレクションであろう。「田中丸」と言う方を存じ上げないのが、立派なコレクションだった。

最近の美術館や博物館は照明や展示方法に工夫が凝らされて、とても見やすい。
主に4階の展示を見ただけだが、充分に満足できた。
  1. 2013/07/05(金) 12:52:57|
  2. 博物館
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<鮎の冷や汁@山菜・日和 太宰府市宰府 | ホーム | 太宰府天満宮>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yochan310.blog98.fc2.com/tb.php/1642-576987e0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

たかはし よういち

Author:たかはし よういち
離俗の世界に憧れながら、市井の片隅でうごめいています。
ささやかなモノやコトに幸せを感じます。
私が別に運営している「西の谷万葉公園を美しく」のブログは、以下のリンクからアクセスしてください。
重複する記事も有りますが、自然を大切に、簡素な生活を。
の気持ちを大切にしたいと思います。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する