よーちゃんの雑記帳  

街と人との出会いが楽しみ。

丸山淵明堂の跡 @水戸市見川

丸山淵明堂の跡 @水戸市見川

CA3G0119_20130616174756.jpg

護国神社鳥居の道路を挟んで、通称丸山、第二代藩主光圀が建てた丸山淵明堂跡の碑。

15日の水戸ホーリーホックの試合は、対戦相手がJ2の首位を走る人気チーム、ガンバ大阪とあって10025人の観衆を集めた。
交通の混雑が予想されたが、無料のシャトルバスも運行され、混乱もなく開催された。

護国神社の鳥居前からの無料バス利用のため、家から西の谷を経由して乗り場まで散策した。

桜山と呼ばれる護国神社は、明治11年(1878年)、明治維新前後(嘉永6年以降)に殉じた水戸藩士約1800柱を祀るため、常磐神社の境内、現在の東湖神社の場所に立てられた鎮霊社を起源とする。
昭和16年(1941年)10月、茨城県護国神社に改称し、同年11月に現在地の偕楽園内の桜山に遷座した。

P6160017.jpg
明治20年代の桜川と緑ヶ岡。

桜川のカーブする辺りに丸山、右側に現在の護国神社の鳥居が建ったがが、僕が小学生であった頃(昭和20年代)の風景とさして変わりはない。

中央奥の田圃は近年「紅葉谷」として整備され、桜川も付け替えられたし、両側の田圃は「田鶴鳴梅林」として整備されて当時の名残は感じられない。

CA3G0120_20130616174754.jpg

CA3G0121_20130616174753.jpg

丸山淵明堂の跡の隣に光圀によって「窈窕(ようちょう)坂」と名付けられた坂が現存するが、徳川家の私有地、柵で囲まれ入ることは出来ない。
この台地一帯は、「徳川ミュージアム」及び水戸徳川家の別邸。
光圀の時代は「高枕亭」があり、斉昭の時代は茶畑と製茶工場が在った。

CA3G0118_20130616174757.jpg
旧桜川の流れの一部が道路の脇に残されている。

CA3G0117_20130616174758.jpg
桜川の土手に咲いていた「ネジバナ」西の谷の芝生に自生していたが、除草剤の散布で消滅してしまった。
CA3G0116_20130616174836.jpg

西の谷のアジサイとアヤメも見頃です。



  1. 2013/06/16(日) 17:56:43|
  2. 水戸
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<FBで40数年ぶりの再会。 | ホーム | ガンバ大阪に負戦なれど、10025人。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yochan310.blog98.fc2.com/tb.php/1618-cadb1199
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

たかはし よういち

Author:たかはし よういち
離俗の世界に憧れながら、市井の片隅でうごめいています。
ささやかなモノやコトに幸せを感じます。
私が別に運営している「西の谷万葉公園を美しく」のブログは、以下のリンクからアクセスしてください。
重複する記事も有りますが、自然を大切に、簡素な生活を。
の気持ちを大切にしたいと思います。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する