よーちゃんの雑記帳  

街と人との出会いが楽しみ。

『常陸国風土記』の世界@常陽史料館

『常陸国風土記』の世界@常陽史料館
~衣食住と伝承から見た風土記~  4月2日~5月19日


art2504[1]


『常陸国風土記』は、奈良時代初期の713年(和銅6年)に編纂され、721年(養老5年)に成立した、常陸国(現在の茨城県の大部分)の地誌。
口承的な説話の部分は変体の漢文体、歌は万葉仮名による和文体の表記による。

常陸国は「土地が広く、海山の産物も多く、人々は豊に暮らし、まるで常世の国(極楽)のようだ」と評されていたらしい。

「衣食住と伝承から見た風土記」として、1300年前の常陸の国の人々の暮らしをひも解いている。

写真パネルや考古資料、復元した衣装或、イラストやビデオでの解説、スチロール製の像など、多様な展示がなされている。

ヤマトタケルの等身大の像が置かれている。
常陸国はヤマトタケルと関連が多い。
新治国分寺の跡から出土した瓦や復元された食事などが興味を引いた。
地下・1階・2階と3箇所の展示空間を使用している。

CA3G0247_20130419223334.jpg

常陽史料館は住宅地の一角の石造を思わせる建築。
2ヶ月毎位に企画展が開催される。
敷居が高そうな感じだが、気楽に利用したい施設だ。
  1. 2013/04/19(金) 22:35:11|
  2. 美術展
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<兄弟監督対決は、水戸が勝利@北九州市立本城陸上競技場 | ホーム | 「ありがとう」原画展@水戸京成百貨店9階 イベントホール>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yochan310.blog98.fc2.com/tb.php/1545-bf65eb11
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

たかはし よういち

Author:たかはし よういち
離俗の世界に憧れながら、市井の片隅でうごめいています。
ささやかなモノやコトに幸せを感じます。
私が別に運営している「西の谷万葉公園を美しく」のブログは、以下のリンクからアクセスしてください。
重複する記事も有りますが、自然を大切に、簡素な生活を。
の気持ちを大切にしたいと思います。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する