よーちゃんの雑記帳  

街と人との出会いが楽しみ。

鯉とうなぎの「まるます家」@北区赤羽1-17

鯉とうなぎの「まるます家」@北区赤羽1-17

CA3G0299.jpg


今回の上京では、今まで気になっていた居酒屋に行くことが出来た。
門仲の「魚三酒場」は午後4時開店で即満席、とメニューの豊富さと「何故、自宅で調理するより安いの」と思うほどの安値に驚いた。

CA3G0298.jpg

翌日、訪ねた「鯉とうなぎの・まるます家」は早朝7時から営業しており、常時、満員との話。JR赤羽駅の近く「1番街」と言う商店街の角店。
赤羽は交通の要所で乗降客が多く町工場も多い土地柄。

「鯉とうなぎ」などの川魚料理が売り物でナマズなどのメニューもあるという。

CA3G0303_20130412205613.jpg

夕方近い時間に訪れた。
隙間の狭い、縦長コの字のカウンターの作りは「魚三酒場」と同様。
この様なカウンター構成は多くの居酒屋に共通している。

その狭い空間で、店員さんが素早く、多くの注文に対応する。
鯉とうなぎが看板だが、ウナギの値上がりは激しい。
この店は原価ギリギリで提供しているようでかなり安い。

今回は食べなかったが、ナマズと共に次回は試したい。

CA3G0302_20130412205615.jpg

鯉のあらい、一般的な酢味噌で。
熱燗は、居酒屋の定番ガラスのコップで

CA3G0304_20130412205611.jpg


ドジョウの玉子とじ、ごぼうと三つ葉の味と香り。ごはんがほしい。

川魚料理が看板だが、その他のメニューもどっさり。
壁面に沢山の短冊状の御品書きが並び、何にしようか迷う。

「魚三酒場」と共通する雰囲気だ。
人口の多い都会だから可能な、価格と品数。

この様な店は、空いた席に座って一人のみが良いが、友人と一緒ならば、品数を頼める良さがある。
ここもまた、水戸に有ったらいいのに、と思える店だった。

  1. 2013/04/12(金) 21:11:15|
  2. 居酒屋
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<重要文化財「明治丸」@東京海洋大学・越中島キャンパス | ホーム | 朝日書店@江東区富岡1~5~5>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yochan310.blog98.fc2.com/tb.php/1535-3500d8f8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

たかはし よういち

Author:たかはし よういち
離俗の世界に憧れながら、市井の片隅でうごめいています。
ささやかなモノやコトに幸せを感じます。
私が別に運営している「西の谷万葉公園を美しく」のブログは、以下のリンクからアクセスしてください。
重複する記事も有りますが、自然を大切に、簡素な生活を。
の気持ちを大切にしたいと思います。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する