よーちゃんの雑記帳  

街と人との出会いが楽しみ。

得月亭@徳川ミュージアム

得月亭@徳川ミュージアム

CA3G0280_20130404190556.jpg

CA3G0273_20130404190644.jpg

CA3G0281_20130404190555.jpg

この地は徳川光圀の茶室「高枕亭」が在った。

水戸徳川家第2代藩主光圀が水戸に帰られた折、家臣・忍穂利重の梅香屋敷を訪ね「得月亭」で酒を酌み交わしたと伝えられる。
この屋敷の跡地を住まいとした常陽銀行の元頭取・亀山甚(1885~1974)は戦後間もない1949年頃に自宅敷地に京都から職人を招いて茶室を建築し、故事に倣って「得月亭」と名付けた。
水戸徳川家13代圀順公(とも交流のあった亀山は茶室開きに圀順公を茶室開きに招き「得月」二字の揮毫を依頼した。
亀山家は彫刻家・後藤清一に破風の扁額の刻字を依頼し制作したと伝えられる。

CA3G0277_20130404190559.jpg

2009年に茶室は遺族から博物館を運営する水府明徳会に寄贈され、二代光圀公の茶室「高枕亭」の跡地で九代斉昭公の茶園であった現在の徳川ミュージアムの南庭園に移築された。

CA3G0282_20130404190553.jpg

庭園・茶室への南門。

今年は開花後に寒さが戻ったので、茶室の周囲の桜が盛りであった。

CA3G0279_20130404190558.jpg

湧水「お茶の水」に倣った石製の井戸枠、かなり大きなもの。

庭園の先からは、偕楽園や水戸市内を望むことが出来る。

CA3G0275_20130404190640.jpg

博物館敷地内のガーデンテラス。

  1. 2013/04/04(木) 19:12:02|
  2. 後藤清一
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<桜の牧跡・「斉昭公のお手植え桜」 | ホーム | 水戸の桜まつり @偕楽園公園>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yochan310.blog98.fc2.com/tb.php/1524-a7f3c3b4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

たかはし よういち

Author:たかはし よういち
離俗の世界に憧れながら、市井の片隅でうごめいています。
ささやかなモノやコトに幸せを感じます。
私が別に運営している「西の谷万葉公園を美しく」のブログは、以下のリンクからアクセスしてください。
重複する記事も有りますが、自然を大切に、簡素な生活を。
の気持ちを大切にしたいと思います。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する