よーちゃんの雑記帳  

街と人との出会いが楽しみ。

坂 茂・建築の考え方と作り方 @水戸芸術館 現代美術ギャラリー

坂 茂・建築の考え方と作り方 @水戸芸術館 現代美術ギャラリー
       3月2日(土)~ 5月12日(日)

CA3G0143_20130306190226.jpg


CA3G0140_20130306190227.jpg
広場に設置された3階建てのコンテナ仮設住宅の実物大モックアップ(一世帯)。とても住み心地が良さそうです。


CA3G0144_20130306190226.jpg

東日本大震災の避難所内に紙製の簡易間仕切りを作った建築家の坂茂さん。
建築界では有名なのだろうが、素人の私は、その様な建築家いるのを知った。

1995年の阪神・淡路大震災から東日本大震災に至るまでの17年間、世界の難民キャンプや被災地で仮設住宅や復興住宅をつくる災害支援活動を続けてきた建築家。
「紙の建築」でも知られ、紙筒のように身近な素材の中に建築の材料としての特性を見出し、それを建築作品として実用化してきたユニークな建築家。

CA3G0174.jpg
「紙のログハウス」

CA3G0172_20130306190808.jpg
紙製ポールのテント。

CA3G0176_20130306190807.jpg
木造7階建ての柱の実物、集成材で作られている。

紙や竹や木の集成材、或いは鉄製の組み立て棚など、身近な安価な材料を使用した建物は国際的に高い評価を受けている。

初期作品から進行中のプロジェクトに至るまでを写真、映像、模型、立体展示で辿る展覧会。

CA3G0182_20130306190045.jpg

CA3G0181_20130306190046.jpg
ジョイントに工夫が凝らされている。

これらの手法でより安価で環境にやさしい住宅が出来そうに思うが、建築に関する多くの法律や法規は難しく、簡単ではなさそうだ。

今回の展示が基となって、より多くの地域や場所でこれらの建物が普及すればと感じた。
  1. 2013/03/06(水) 19:16:21|
  2. 水戸芸術館
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<「西の谷・光の抜け道」@西の谷 | ホーム | 寒蘭の鉢 @中西陶房>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yochan310.blog98.fc2.com/tb.php/1489-6b6630bf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

たかはし よういち

Author:たかはし よういち
離俗の世界に憧れながら、市井の片隅でうごめいています。
ささやかなモノやコトに幸せを感じます。
私が別に運営している「西の谷万葉公園を美しく」のブログは、以下のリンクからアクセスしてください。
重複する記事も有りますが、自然を大切に、簡素な生活を。
の気持ちを大切にしたいと思います。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する