よーちゃんの雑記帳  

街と人との出会いが楽しみ。

荒木経惟と浄閑寺@ 荒川区南千住2-1-12

荒木経惟と浄閑寺@ 荒川区南千住2-1-12

写狂人大日記


自ら“天才”と称する写真家アラーキーこと荒木経惟氏。
女性のヌード写真が多いが、自分の身近な人や恋人、更には自分自身。
写真集には「東京日和」「東京物語」など「東京」と名の付くものが多い。
渋谷、新宿、銀座を撮影しても、裏通りにひっそりと佇む人気のない風景。
古い建物、野良猫、都会で取り残されたような静謐さ。
多くは、エロっぽく猥褻だ。
作品の数は膨大で、その中の一部しか見たことが無いから多くを語れないが、僕の好きな写真家だ。

写真も良いが、文章も独自の語り口で面白いし含蓄もある。
署名を含め、タイトルの「書」も充分に作品になりうる。
“三ノ輪の浄閑寺の門前が出生の地で、子供の頃は境内が遊び場だった”と
読んだことがあったので、訪ねてみたいと思っていた。

CA3G0565.jpg


浄閑寺は1655年に創建され、吉原遊廓の誕生(1657年)よりも2年早い。
同寺が投げ込み寺と呼ばれるようになったのは、遊女が死亡した際にこの寺に投げ込んで葬ったことによるようだ。

IMG_1991_20130116220123.jpg

IMG_1996.jpg


新吉原総霊塔。

CA3G0566.jpg

CA3G0567.jpg

IMG_1994.jpg


この地を愛した、永井荷風の詩碑と筆塚。
荷風の詩集「偏奇館吟草」の「震災」という詩。

  1. 2013/01/16(水) 22:06:36|
  2. 人と作品
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<「波山をたどる旅」上映会 @近代美術館 | ホーム | 「森鴎外記念館」@文京区千駄木1-23-4>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yochan310.blog98.fc2.com/tb.php/1469-d3742262
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

たかはし よういち

Author:たかはし よういち
離俗の世界に憧れながら、市井の片隅でうごめいています。
ささやかなモノやコトに幸せを感じます。
私が別に運営している「西の谷万葉公園を美しく」のブログは、以下のリンクからアクセスしてください。
重複する記事も有りますが、自然を大切に、簡素な生活を。
の気持ちを大切にしたいと思います。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する