よーちゃんの雑記帳  

街と人との出会いが楽しみ。

水戸のミニコミの草分け『月刊みと』第472号 発行・ふじ工房


水戸のミニコミの草分け『月刊みと』第472号 発行・ふじ工房

CA3G1695.jpg

『月刊・みと11月』(1部260円)を手にした。
奥付に第472号とあるから、次号で40年になる。
創刊の時から愛読しているが、良くもったものだ。
版面は少し変ったが、編集方針はほぼ変わらない。

最近、無料のミニコミが多いが、雑誌の様な体裁だが広告ばかり。
読むスペースは少なく、デザインとビジュアルが優先したものばかり。

CA3G1696.jpg


11月の特集は『喫茶店で懐古(レトロ)時間』
水戸市内の喫茶店8軒と、ひたちなか市と高萩市3軒の老舗喫茶店が紹介されている。最近はカフェが流行だが、それらにない味わいと落ち着きが有る。

更には『あきのおでかけガイド』として、
「茨城の温泉」
CA3G1697.jpg

CA3G1698.jpg

「厳選そば店」「秋イベント」の紹介。

CA3G1694.jpg


毎号掲載の「水戸ホーリーホック。マガジン」
「BOOK」「DVD」「CINEMA」「STAGE」「ART」「EVENT」の紹介。版面が小さく、字も写真も小さいが内容は大判の月刊誌並みに充実している。
広告は下の面に集められているから、あまり気にならない。

創刊当初からの、加盟店の負担金で作りお客様に配布、或いは有料で御買い上げ頂く、という、姿勢が貫かれているからだろう。

以前に水戸風土誌『週刊てんおん』という地方誌があった。
家族誌から始まり、徐々に発展した週刊誌であった。
多くの人達が寄稿した国内でも稀な雑誌であった。
今となっては、貴重な時代の証人だ。

これからの『月刊みと』の編集・発行も、単なるミニコミに終わらず、地方誌としての誇りと見識を貫いてほしい。
  1. 2012/10/30(火) 18:01:20|
  2. 水戸
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<「見て ふれて 楽しい考古学」 @茨城空港 ターミナルビル2階  | ホーム | 岡山と引き分けでしたが@ケーズデンキスタジアム>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yochan310.blog98.fc2.com/tb.php/1397-57c9dc7a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

たかはし よういち

Author:たかはし よういち
離俗の世界に憧れながら、市井の片隅でうごめいています。
ささやかなモノやコトに幸せを感じます。
私が別に運営している「西の谷万葉公園を美しく」のブログは、以下のリンクからアクセスしてください。
重複する記事も有りますが、自然を大切に、簡素な生活を。
の気持ちを大切にしたいと思います。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する