よーちゃんの雑記帳  

街と人との出会いが楽しみ。

岡山と引き分けでしたが@ケーズデンキスタジアム

岡山と引き分けでしたが@ケーズデンキスタジアム

CA3G1682.jpg


28日「水戸まちなかフェスティバル」が開催され、郵便局から大工町までが歩行者天国と成った。
沢山の催事と物販と飲食の屋台が出現、久し振りに街なかが賑わった。
ケーズデンキスタジアムでは、水戸ホーリホックとファジアーノ岡山戦が13時キックオフ。。
午後から下り坂との天気予報で「まちなかフェスティバル」の人出が多ければケーズスタジアムの来場者が少ないのではと心配で、街中の催事を見るのを途中にしてスタジアムに。
いまにも降り出しそうな天気にも拘らず、そこそこの来場者で安心した。
遠路はるばるの岡山のサポーター、人数は少ないが元気いっぱいだ。

試合は前半押し気味なれど、決めきれず。
後半に入る頃から雨が本降りに、試合も退場者も出て、押され気味。
結果は0-0の引き分け。入場者は3034人で辛うじて。3000人をクリア。


ホーリーホック GM 萩原武久


平均観客数が多いに越したことはないが、「茨城新聞」に掲載された水戸ホーリーホック取締役GMの萩原武久氏のコラムがfbに転載されていた。

待ち望んだスタジアムの「にぎやかさ」。多くの人達が語らい散策しながら、自分の好きな食べ物やブースをのぞき込んでいる。試合が始まる3時間も前だというのに。そこには飛びっきりの笑顔やにぎやかな声が行き交う。
 やっとエンターメントにふさわしいスタジアムとしてここも出来たのかという感慨を胸に、スタジアムの2階通路からしばらく眺めていると、今にも涙がこぼれそうになる。
 9月30日に行われた対九州戦で「いばらきホーリーホック1万人まつり」と銘打ったホームタウン推進協議会主催のイベントが開かれ、今シーズン最多の6千人を超える人たちが集まった。
 スタジアムは単に、スポーツの試合を観戦するばかりではなく、「社交の精神」を基本とすべきであると考えるヨーロッパの思想に少し近づいたなと思う。グルメブースには32団体が出店して、多くの人達の胃袋と心を満たしてくれた。これからもピッチで、皆さんの体と心を満たしたいと思う。』

今年の水戸のホームゲーム平均観客数は3,825人。
J2で下から6番目、昨年比では114%で自慢できる数字ではないが、萩原武久氏が述べているように親子連れ、家族連れが楽しむ状況に成って来た。

11月4日の今季ホーム最終戦・町田ゼルビア戦「スタジアムを青に染めろ!」は8000人が集合して応援しましょう。
  1. 2012/10/29(月) 21:28:09|
  2. 水戸
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<水戸のミニコミの草分け『月刊みと』第472号 発行・ふじ工房 | ホーム | カラスウリ@西の谷>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yochan310.blog98.fc2.com/tb.php/1396-e948f532
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

たかはし よういち

Author:たかはし よういち
離俗の世界に憧れながら、市井の片隅でうごめいています。
ささやかなモノやコトに幸せを感じます。
私が別に運営している「西の谷万葉公園を美しく」のブログは、以下のリンクからアクセスしてください。
重複する記事も有りますが、自然を大切に、簡素な生活を。
の気持ちを大切にしたいと思います。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する