よーちゃんの雑記帳  

街と人との出会いが楽しみ。

白雲洞茶苑@強羅公園

白雲洞茶苑@強羅公園

CA3G1489.jpg

CA3G1477.jpg


箱根美術館の道路を挟んだ隣に強羅公園が在る。
大正期に作られ、1957年に一般公開されたとのことだから、箱根美術館より古い歴史を有する、箱根登山鉄道の運営する施設だ。

CA3G1478.jpg


フランス式整型庭園だが、温室もあり、様々な植物が栽培されている。
ここもまた、傾斜地で平らな面は少ないが地形を生かした植栽がなされ、四季折々の花々が楽しめる様に構成されている。
ローズガーデンのバラ(約140品種、1000株)やシャクナゲが見事らしい。

「秋の山野草展」を開催されており、岩シャジン・箱根菊・フジバカマ・ホトトギス・風知草・大文字草などの秋の山野草が展示されていた。

CA3G1479.jpg

CA3G1487.jpg

CA3G1484.jpg

CA3G1485.jpg


この公園の一郭に「白雲洞茶苑」が在る。
大正時代のはじめ、利休以来の茶人と称された鈍翁・益田孝によってはじめられた茶室群で、特に白雲洞は翁の創案になる田舎家の席として貴重な茶室。
いわば、強羅公園は茶室から始まったのでは、と思った。

CA3G1488.jpg


大正11年(1922)この茶苑は三渓・原富太郎(横浜の富豪で美術品収集家として著名)に譲られ、この時三渓はあらたに対字斎を増築した。

昭和15年(1940)、茶苑は再び原家より耳庵松永安左衛門(電力界の重鎮、松永コレクション創設者)に贈られ、こうして茶室は、明治・大正・昭和と3代を代表する3人の茶人の間に伝えられてきたもの。

白雲洞茶苑は巨岩怪石の間に深山のおもむきを保存し、見るからに山家の風情の濃い茶室群だ。
  1. 2012/10/18(木) 20:20:06|
  2. 庭園・公園
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<小田急の箱根フリーパス | ホーム | 箱根美術館 @箱根町強羅>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yochan310.blog98.fc2.com/tb.php/1379-ae8ca083
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

たかはし よういち

Author:たかはし よういち
離俗の世界に憧れながら、市井の片隅でうごめいています。
ささやかなモノやコトに幸せを感じます。
私が別に運営している「西の谷万葉公園を美しく」のブログは、以下のリンクからアクセスしてください。
重複する記事も有りますが、自然を大切に、簡素な生活を。
の気持ちを大切にしたいと思います。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する