よーちゃんの雑記帳  

街と人との出会いが楽しみ。

「生まれてくる子はみな天才」

「生まれてくる子はみな天才」
外山滋比古・講演会 @光円寺本堂・水戸市酒門町


CA3G1099_20120922233545.jpg

CA3G1097_20120922233619.jpg

CA3G1096_20120922233629.jpg

CA3G1104.jpg


今日(9月22日)は秋の彼岸の中日、多くの寺で法要などが行われたようだ。
水戸市酒門町の光円寺本堂では参列者約80名による読経や御文の拝読など、浄土真宗ならでの法要が営まれた。


約1時間の法要の後、外山 滋比古(とやま しげひこ、1923年― )さんの記念講演会が開かれた。
門徒以外の聴講も可能と云う事なので、参列させて頂いた。

外山 滋比古さんは、専門の英文学をはじめ、言語学、修辞学、教育論、意味論、ジャーナリズム論など広範な分野を研究し多数の評論を発表し、幼児・子供に対する“ことば”による情操教育・知育の重要性を提唱してきた教育者。

CA3G1103.jpg




先ず、『初めに言葉ありき』(ヨハネの福音書の、一章一節)「言葉の力」が大切。子供は40ヶ月、迄に決定される。その間、全ての子供は天才である。
「天から与えられた才能に満ちている」柔らかい脳(教育を受け入れる能力)の期間に多くを、話してあげることが大切。
文字より話し言葉が多くのヿを伝えられるし、それを基に子供は五感を働かせ理解するようになる。
7~8人の同年齢位の子供のグループで遊ばせることが効果的。
子供は叱るより、先ず褒めてあげること。
ギリシャのテグマリオン効果の如く、願えば叶うようになる。

分かりやすい話ではあったが、僕の知識では、講演の一部しか紹介出来ない。
今年89歳とは思えない熱演を2時間にわたって話された。

もう少し早く、本を読むなり講演を御聞きしておけばと思ったが、著書の中の一冊『幼児教育でいちばん大切なこと・聞く力を育てる』(筑摩書房)に詳しく述べられているようだ。次の世代に役立つように、さらなる理解をしたい。
とても意義ある一日だった。

昔は、お寺が教育幾機関であり、拠り所であった。
今日の様な機会は、お寺が『生きた人の為』の場であること再認識させてくれた。光円寺並びに檀徒の皆様に感謝します。
  1. 2012/09/22(土) 23:40:43|
  2. 講演会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<アメリカヤマゴボウ @西の谷 | ホーム | 9月22日は稀な秋分の日。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yochan310.blog98.fc2.com/tb.php/1354-4a1c0046
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

たかはし よういち

Author:たかはし よういち
離俗の世界に憧れながら、市井の片隅でうごめいています。
ささやかなモノやコトに幸せを感じます。
私が別に運営している「西の谷万葉公園を美しく」のブログは、以下のリンクからアクセスしてください。
重複する記事も有りますが、自然を大切に、簡素な生活を。
の気持ちを大切にしたいと思います。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する