よーちゃんの雑記帳  

街と人との出会いが楽しみ。

手打ちそば 与三郎庵 @水戸市木葉下町1016-1

手打ちそば 与三郎庵 @水戸市木葉下町1016-1

CA3G0117_20120511151914.jpg



水戸市森林公園の入り口の「手打ちそば 与三郎庵」。
近くには競輪車券場所や公共温泉施設の「ホロロの湯なども在る。

CA3G0151_20120524184507.jpg


付近一帯は梨やリンゴ園で民家はないのだが、いつもお客で一杯だ。

らーめん・万作から、車では5分程度の距離だが、万作は成沢町で、与三郎庵は木葉下町。
《木葉下》と書いて《あぼっけ》と呼ぶが、本来はアイヌ語との説もある。

CA3G0118_20120511151931.jpg


“山菜の天麩羅”

バッケ、ココミ、コシアブラ、タラ、が山盛り。
地元産の山菜だが《バッケ》は秋田産、知り合いから送って貰うとのこと。
バッケは秋田蕗の《蕗の薹》、この辺りのモノとは比較にならぬほど大きさ。
余りの大きさに驚いた、しかも香りが強く味も深い。
ジャニーのブログにも再三登場するが、秋田・宮城・岩手で作られるようだ。
「バッケ」の語源はフキノトウが開き始めの状態が、三千年に一度咲くという《優曇鉢華》をイメージさせる、というのもあるらしい。
ありがたい季節の到来を象徴する野草として「バッケ」の響きは好い。

山菜の天麩羅盛り合わせ、1皿で充分に2人前は有る。
食べだして、写真を写しても。まだたくさん。
塩を添えてくれるが、さっぱりと食べられる。

CA3G0119_20120511151941.jpg



もり蕎麦は、太めの田舎蕎麦でこれまた盛りが良い。


近年、双葉第方面から峠を越える道が開通し、内原から回らずに通れるようになった。一部区間は未舗装の砂利道だが。
お蔭で、森林公園へ便利になった。
山ツツジが綺麗で、当分の間、楽しめそうだ。
  1. 2012/05/11(金) 15:21:29|
  2. 食生活
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<たらいうどん椛や (もみじや) | ホーム | らーめん・万作 @水戸市成沢町522-5>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yochan310.blog98.fc2.com/tb.php/1292-f39aff0c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

たかはし よういち

Author:たかはし よういち
離俗の世界に憧れながら、市井の片隅でうごめいています。
ささやかなモノやコトに幸せを感じます。
私が別に運営している「西の谷万葉公園を美しく」のブログは、以下のリンクからアクセスしてください。
重複する記事も有りますが、自然を大切に、簡素な生活を。
の気持ちを大切にしたいと思います。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する