よーちゃんの雑記帳  

街と人との出会いが楽しみ。

鎌倉国宝館 @鎌倉市雪ノ下

鎌倉国宝館 @鎌倉市雪ノ下

CA3G0082_20120503092954.jpg


東京直下型の地震が心配されている。
関東大震災があったのは大正12(1923)年、89年前になる。
鎌倉でも多くの社寺が倒壊し、貴重な文化財を損失した。
それを教訓に、災害から由緒ある文化遺産を保護し、あわせて鎌倉を訪れる方々が容易に拝観、見学できる施設を作らねばと市民運動が起こった。
多くの人々から寄付をもとに、昭和3(1928)年に多数の文化財の寄託を受け鎌倉国宝館が開館した。
文化財保護の先駆けの施設であった。

構造は鉄筋コンクリート造による高床式校倉風建築で八幡宮の境内に調和している。
昨年の東日本大震災以降、建築物の耐震・免震化が行われるようになった。
鎌倉国宝館は平成20年~21年に免震装置を設置し、被害を受けずに済んだ。

鎌倉国宝館


「鎌倉の至宝―国宝・重要文化財―」展
収蔵品を中心に国宝・重要文化財など代表的な作品を一堂に展示されている。

今回の特別展のポスターを飾るのは、もと鶴岡八幡宮愛染堂に祀られていた「愛染明王坐像」(五島美術館蔵)

収蔵品を中心に国宝・重要文化財など代表的な作品を一堂に展示されている。

古瀬戸・鎌倉



重文 黄釉草葉文壺(覚園寺)
僕の好きな古瀬戸の逸品。
  1. 2012/05/03(木) 09:33:17|
  2. 文化財
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<後藤節子日本画展 @ギャラリーゴトウ  | ホーム | 「石元泰博写真展 桂離宮 1953,1954」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yochan310.blog98.fc2.com/tb.php/1282-41e06b6d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

たかはし よういち

Author:たかはし よういち
離俗の世界に憧れながら、市井の片隅でうごめいています。
ささやかなモノやコトに幸せを感じます。
私が別に運営している「西の谷万葉公園を美しく」のブログは、以下のリンクからアクセスしてください。
重複する記事も有りますが、自然を大切に、簡素な生活を。
の気持ちを大切にしたいと思います。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する