よーちゃんの雑記帳  

街と人との出会いが楽しみ。

虎塚古墳壁画春季一般公開 @ひたちなか市中根

虎塚古墳壁画春季一般公開 @ひたちなか市中根

CA3G0014_20120401210523.jpg

石室内に彩色壁画が発見された虎塚古墳は、1973年(昭和48年)の発掘調査に先立って科学調査(温度や湿度、微生物など)を日本で初めて実施した意義のある古墳。
築造年代は7世紀前半と推定されている前方後円墳。
彩色を保存するため、一般公開は春と秋の数日に限られている。
春季公開の期日は4月1日(日曜日)4月5日(木曜日)から4月8日(日曜日)とのことで、やっと観る機会を得た。

CA3G0013.jpg

高校生のボランテアが古墳まで案内してくれる。
文化遺産などはユネスコの分野。

装飾古墳としては高松塚古墳やキトラ古墳が有名ですが、虎塚古墳は原物を見られる数少ない貴重な古墳。

CA3G0016.jpg

CA3G0015_20120401210540.jpg


入り口、一回の御入場者は5人。
観覧室は調査に基づいて設計されており、四重の扉で守られている。
温度湿度は自然のまま。
黴や変色もしないのは、驚異的。
同じ時期に発掘された高松塚古墳とは大違いだ。

白色粘土を下塗りし、赤色顔料のベンガラで連続三角文や環状文など幾何学模様と靭や槍・楯・太刀など当時の武器や武具などが描かれている。

虎塚の壁画

茨城県歴史館で模造品は見ていますが、まるで異なります。
本物の迫力ですね。
当然、撮影は出来ません。
ひたちなか市埋蔵文化財調査センターのHPから。

これだけの装飾古墳を造れたのは、大きな勢力を持った豪族だったのでしょう。
先人が遺した文化財を大切に守りたいですね。
  1. 2012/04/01(日) 21:09:35|
  2. 文化財
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<< ひたちなか市埋蔵文化財調査センター@ひたちなか市中根 | ホーム | 土筆(ツクシ) @西の谷>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yochan310.blog98.fc2.com/tb.php/1248-c425ff1c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

たかはし よういち

Author:たかはし よういち
離俗の世界に憧れながら、市井の片隅でうごめいています。
ささやかなモノやコトに幸せを感じます。
私が別に運営している「西の谷万葉公園を美しく」のブログは、以下のリンクからアクセスしてください。
重複する記事も有りますが、自然を大切に、簡素な生活を。
の気持ちを大切にしたいと思います。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する