よーちゃんの雑記帳  

街と人との出会いが楽しみ。

「望郷―TOKIORE(I)MIX」 山口 晃展 

「望郷―TOKIORE(I)MIX」 山口 晃展 
@中央区銀座5-4-1メゾンエルメス8階フォーラム
            2012年2月11日~5月13日


infotokioremix_bcc.jpg



先週末に上京した。
いつも高速バスを利用している。
何より、料金が安い。しかも、便数が多いから文句なしだ。
時間が掛かるという人も居るが、僕の場合、ドアからドアで往路が3時間、復路は2時間30分。

都合により浅草・上野・東京駅で下車する。
今回は東京駅で下車し、竹橋の国立近代美術館の「ジャクソン・ポロック展」に向かう。

CA3G0381.jpg


東京駅の改築・改装工事が進んで、塔尖端部が見えるようになった。
新築当時の姿が間もなく戻ってくる。

「ジャクソン・ポロック展」については、後で書くにして、エルメス8階フォーラムで開催されている山口晃の展覧会について。

銀座の街あちこちに、世界的なファッションブランド出店している。
エルメスもその一つだが、高級ブランドには縁がないから先ずは行くことはない。今、最も注目される現代美術作家のひとりである山口晃の展覧会がエルメス8階で開催されていると知って行ったが、店頭から入って一番奥のエレベーターで8階に。

『忘れじの電柱/2012』
8階・9階の吹き抜け部分を使用して電柱と電線を配置。電信柱のシリーズで描かれたものを立体作品としている。通常の電信柱に近いサイズだけに迫力があるし、絵と同様に電信柱に便器やお宮などがユニークなものが付け加えられて、ユーモアがあふれている。
昭和30年代の古き町、僕は観ていないが『3丁目の夕日』を連想させる。
とはいえ、空想が混ざり合っているから、まるで当時の現実の光景、ではない。


『正しい、しかし間違えている』

白い小さな部屋、作者のアトリエの一部的な机やいす。
壁に貼られた、作品の設計図的な紙。
だまし絵のような部屋で、床も天井も全ての線が怪しいのだが、不思議にまともに見える。

『Tokio山水図2012』
閉廊後に作者は書き加えているとのことで、進行中の作品。会期終了の5月には完成するのだろうか?
「望郷―TOKIORE(I)MIX」のサブタイトル。
トウキヨウリミックス、トキヲリミックス、トキオリミックス。
時空が混在し、古今東西の事象風俗を、卓越した画力によって描き込まれた東京・江戸の俯瞰図(作品は現在進行中で、鉛筆の下書きを見た感じ)。
大画面に繊細な描写にも関わらず、力みを感ぜず淡々と楽しみながら自由に描いている。

日本美術史と大和絵に対する深い造詣をバックボーンにし、日常と空想が混ざり合う山口 晃の真骨頂。
今様の浮世絵師ともいえる。

6135ZB95PHL__SL500_AA300_山口晃作品集


画廊においてある、パンフレットや図録を観ると、書籍の装丁や新聞の挿絵、ポスターなど作品の幅が広く、無限の才能を感じた。
  1. 2012/02/29(水) 23:15:15|
  2. 美術展
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<眞壁のひなまつり 3月3日迄 @桜川市真壁町真壁地区, | ホーム | 雪の弘道館公園  @水戸市三の丸>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yochan310.blog98.fc2.com/tb.php/1217-90b3b5cc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

たかはし よういち

Author:たかはし よういち
離俗の世界に憧れながら、市井の片隅でうごめいています。
ささやかなモノやコトに幸せを感じます。
私が別に運営している「西の谷万葉公園を美しく」のブログは、以下のリンクからアクセスしてください。
重複する記事も有りますが、自然を大切に、簡素な生活を。
の気持ちを大切にしたいと思います。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する