よーちゃんの雑記帳  

街と人との出会いが楽しみ。

「ヨコハマトリエンナーレ2017」其の1@横浜美術館

「ヨコハマトリエンナーレ2017」其の1@横浜美術館
2017年8月4日~11月5 日まで、


yo1.jpg

現代アートの国際展「ヨコハマトリエンナーレ 2017」が横浜美術館や横浜赤レンガ倉庫、横浜市開港記念会館地下などで開催 されている。

タイトルの「島と星座とガラパゴス」接続や孤立、想像力や創造力、独自性や多様性を表すキーワード。
「接続」と「孤立」相反する価値観が絡み合う世界の今を考える展覧会。

yo2.jpg

yo2-2.jpg

アイ・ウェイウェイ
横浜美術館の外壁と柱に、救命ボートと難民が実際に使用した救命胴衣を用いて、難民問題に関する大型インスタレーション。

yo3.jpg

yo3-2.jpg


ジョコ・アヴィアント

2000本のインドネシアの竹を持ち込み、独自の手法で編み上げたダイナミックな作品。
インドネシアでは、古くから家屋や日用品の素材として親しまれてきた。
「自国で失われつつある伝統文化、人間と自然の共生について考える」と云うことだが、そっくりそのまま日本にも当てはまる。
日本の竹の文化も伝統がある、より多くの使途が有る資源だ。

yo4.jpg

マップオフィス
島や領海、領域をテーマに島と云う存在の多義性を読みとる。

yo5.jpg

ミスター
アニメやゲームキャラクター風の少女像など。
日本独自の進化を遂げた「ガラパゴス」的なオタクカルチャー。

yo6.jpg

アン・サマット
スプーンやネジ、パソコン基板などが工業製品や日用品が編み込まれている。

yo7.jpg

yo7-2.jpg

畠山直哉
東日本大震災の被害を受けた故郷・陸前高田の連作。

yo8.jpg


全ての作品の写真撮影が出来ます。
最近、写真撮影が可能な美術館・博物館の展示が増えている。
幾つかの問題はあるにせよ、良い事だと思う。
多くの施設で撮影が出来ることは嬉しいことだ。

yo9.jpg

木下晋
10Hから10Bの鉛筆を駆使して描き出す人間の存在を浮かび上がらせる光と影。

yo10.jpg

マーク・スティファニー
薄い構造物なのに、錯覚によって無限のトンネルが出現。

yo11.jpg


オラファー・エリアソン

横浜美術館には28人の展示でこの3倍が展示されていた。

  1. 2017/08/24(木) 17:29:03|
  2. 美術館
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

オトナのラジオ体操@水戸千波公園


オトナのラジオ体操@水戸千波公園
2017年8月19日 6:30 - 7:00


ra1.jpg

ra2.jpg


昨年は「千波公園・西の谷」で開催されていた「オトナのラジオ体操」。
何故「オトナの…」と銘打っているのか分からないが、とにかく、老若男女が参加自由のラジオ体操。早朝の公園での体操は気分が良い。

主催者の 森 智世子さん、ミナミ カナコさんが中心になって開催されるが、今年は毎日でなく、場所も不定。FBで開催告知と云うことだ。

ra3.jpg

ra4.jpg

今回は、千波公園の「好文カフェ」前のペデストリアンデッキ。
開始時間の間際に知って、自転車をこぎまくって滑り込みでセーフ。

体操の後はヤクルトが配布された。
昨年までは「水戸ヤクルト販売」の協力で提供品だったようですが、今年は主催者お2人の自腹らしい。ご馳走様でした。

◆次回、ラジオ体操は、9月17日(日)泉町3丁目の「ザ★リノベマーケット」とコラボの可能性もあり、らしい。
  1. 2017/08/24(木) 10:00:48|
  2. 庭園・公園
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今日(8月20日)の横浜FC 戦に


水戸ホーリーホックはニッパツ三ツ沢球技場で18:00キックオフの横浜FC戦に臨む。

y1_20170820042350f3c.jpg

前節、アベックゴールを記録した前田大然と齋藤恵太の2トップに期待は大きい。抜群のスピードを生かしたゲーム展開は魅力だ。

途中交代の監督采配もズバリ的中、も今シーズンの見所だ。
現在7位だが勝ち点を積み上げ、さらに上位を目指したい。

J2リーグにおける3位~6位のクラブは、J1昇格プレーオフに出場の出場資格があるが、J1ライセンスが付与されていなければならない。
水戸は球場の収容人員の件が達成されていないので、J1ライセンスを得ていないが6位内であることの存在感は大切だ。
水戸市が早期にスタジアムの改修に向けて動き出すことを願う。

Jリーグの魅力はホーム&アウェイ。
お互いのホームで戦うから、必ず相手チームの街を訪問する。
応援の名の下、見知らぬ街の名所を訪ね、街を散策し、地元の名物を食べる。
日帰りが不可能なら、宿泊して飲みに出る楽しみもある。
J2の年間42試合、半分は地元だから21試合は相手チームが訪れてくれる。
相手によるが、千人単位での来客もある。
それが毎年行われるのだから、街起しの効果もある。
自分が楽しみ、街も潤う。
市長はじめ市の関係者の早期の決断を願う。

y2_201708200423492b3.jpg


今日の試合前は横浜美術館/横浜赤レンガ倉庫1号館/横浜市開港記念会館、 他を開場として開催されている【ヨコハマトリエンナーレ2017「島と星座とガラパゴス」】を見学する。会場も分散しているので半日では観きれない。
2017年8月4日(金)~11月5 日(日)迄、88日間の長丁場だから、再訪の可能性はあるが、先ずは第一弾、とも言える。

これもサッカー観戦の副産物でもある。
文武両道、運動部・文化部の2本立てもサッカーの魅力だ。
  1. 2017/08/20(日) 04:25:34|
  2. 水戸ホリーホック
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ALTO MADNESS Japan Tour 2017@森下文化センター


ALTO MADNESS Japan Tour 2017@森下文化センター

tr8.jpg

タイトルの「ALTO MADNESS」はアルトサックス・バトルを強烈に表現。

ニューヨークで活躍しているアルトサックス奏者のVincent Herring & Erena Terakubo(寺久保エレナ)の日本公演 「ALTO MADNESS Japan Tour 2017」
が7/20(木)東京新宿 「Pit Inn」から始まり8/13(日)東京神田 「TOKYO TUC」
まで、国内で23公演が開催された。

この公演の1つが8月1日(火)森下文化センターで19:00に開催された。
シェ、ジャニーの春田さんはチャーリー・パーカーの大ファンで自らもアルトサックスを演奏する。
パーカーの系譜を感じさせるVincent Herring & Erena Terakuboの演奏に魅了されていたので今回の公演を聴くことに。

其の予定を7月に盛岡行った時に聞き、ジャズが好きではあるが詳しくない僕は春田さん夫妻と同じ場で演奏を聴ける、とあって急遽、チケットを予約。

と言う訳で、その日の状況は「シェ、ジャニー」のブログと写真を借用し、自分のコメントなどを追加して構成。


tr1.jpg

開場18:30の前に、一番乗りで待つ春田さんと一緒に。

tr6.jpg

開演前の春田さん夫妻。
会場の「森下文化センタ―・多目的ホール」は学校の講堂・体育館の様でジャズコンサートの雰囲気ではなかったが、天井の照明などは、凝っていた。

tr7.jpg

新作「Take The Yellow Train」発売記念ツアーでもあった。
この日はこのアルバムの中の楽曲を中心に演奏。


●『エレナちゃんは勿論、ピアノも素晴らしい。
リーダーのds小林さんも出しゃばらず控えめな素敵なタイコ。
音程のしっかりした若手のベース金森君もイイ。
でも圧倒的な存在感、物凄さはVincent
巨漢ではありますが、口笛を吹くがごとく、ただ息をしてるがごとく吹くアルトからは物凄いヴォリュームで艶やかな
今まで聴いたことが無いような美しい音色が
テクニックも素晴らしいし大感動。
でも、何より感動したのはこの劣悪ともいえる会場、客は私もお含め冴えないジジババ主体。
それなのにメンバー全員が全く手抜きなしの全力投球! 大熱演。
本当に全員JAZZが大好きで、お客さんに対するサービス精神とかではなく、自分の生き方としての全力投球だと思います。
今迄数々のJAZZコンサートを聴いて来ましたがこれ程素晴らしいコンサートは初めてです。
流石エレナの師匠ヴィンセント。パーカー亡きあとは彼しかいないと思います。』

tr5.jpg

終了後のサイン会でヴィンセントと2ショットのジャニーさん。

●(パーソネル)
小林陽一(ds)、Vincent Herring (as)、 Erena Terakubo (as ), Anthony Wonsey (p)、金森もとい (b)

  1. 2017/08/19(土) 17:50:42|
  2. シェ・ジャニー 春田光治さん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

さくら鍋「みの屋本店」@深川森下交差点際

さくら鍋「みの屋本店」@深川森下交差点際

mi1-1.jpg


新大橋通りと清澄通りが交差点の傍に、明治30年(1897年)創業の馬肉料理「みの屋本店」は戦後の建物だが老舗の雰囲気。
最寄りの森下駅は都営新宿線と大江戸線が乗り入れている。

mi1-2.jpg

籐敷きの大広間は、連れ同士は向かい合い、隣には他のお客が座る横長の机の「入れ込み式」。これも老舗のスタイルで仲間同士なら良いですね。

mi-1.jpg

お酉様の大きな熊手が飾られて。さすが深川。

mi4_20170819073928f02.jpg

老舗ならでは、履物を預けて「下足札」。
席で勘定をすませ下足番に渡す、昔ながらのやり方。

mi1-4.jpg

御品書き。

mi3-1.jpg


「馬刺し」を肴に一杯やって、が筋だが「板わさ」で。

「ドジョウ鍋」「トリ鍋」等と同じ、小さな鉄なべを使用の「小鍋仕立て」
鍋料理、一般的には冬の食べ物とも言えるが「暑気払い」として夏に汗を流しながらでも、が良いように思う。

mi3_2017081907393109e.jpg

〆はご飯の上に汁ごと、これが旨い。

浅草の吉原の大門前「桜なべ 中江」は何度か。
どちらが、はお好みによるだろう。


mi0.jpg

●池波正太郎作『鬼平犯科帳』で鬼平の行きつけの店・軍鶏鍋「五鉄」の想定地が清澄通りの本所二つ目橋の際、と云うことになっている。
“暑い季節に汗をぬぐいながら食べるが”本筋のようだ。

mi5_20170819073927d69.jpg

●隣に煮込みが有名な居酒屋「山利㐂」が。ここも行きたい店だ。

●7月に盛岡のシェ、ジャニーを訪問した際、ジャニーこと春田光治さんご夫妻が森下文化センターで開催される「寺久保エレナ」のコンサートを聴きにくる話を聞いて、僕も参加することに。
「江戸東京博物館」を見て、清澄通り沿いを散策しながら会場に向かった。
近くに「みの屋本店」が在るのを知って、遅めの昼飯・早めの晩飯と云うことで夕方の開店と同時に入店した。

  1. 2017/08/19(土) 07:57:50|
  2. 食生活
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

江戸東京博物館・常設展@東京都墨田区横網

江戸東京博物館・常設展@東京都墨田区横網

「江戸東京博物館」は「江戸と東京の歴史や文化を伝える博物館」として平成5年(1993年)に開館した。
JR両国駅から徒歩3分で、国技館の隣に位置している。
清澄通りの都営地下鉄・大江戸線ならば「両国駅」下車で眼の前。

「江戸と東京の歴史や文化を伝える博物館」として平成5年(1993年)に開館した東京都立の博物館。

ed1.jpg

2階の入り口から長いエススカレーターで。
建物の設計は菊竹清訓で、地上7階、地下1階の鉄骨造構造。
地上部分の高さは約62mで、江戸城の天守閣とほぼ同じと云うから、江戸城が如何に大きかったかを推測できる。
隣接する国技館との調和を考え、高床式のユニークな構造の建物になっているが、東京下町の景観を損ねているとの批判もあるように、疑問に思う設計。

これまで企画展を観るため何度か訪れたが、今回は「常設展」だけを観ることに。博物館や美術館の展示は企画展が主体だが、どっこい「常設展」は侮れない。美術や歴史が系統たって展示されているうえ、貴重な資料も多い。
しかも、料金は格安だ。

常設展示室は吹き抜け構造の5・6階で「江戸ゾーン」と「東京ゾーン」に分かれる。興味を感じるのは、勿論、江戸ゾーン。

ed2.jpg

日本橋(縮尺1/1)の模型、

ed4-1.jpg

中村座(縮尺1/1)の模型、

ed10.jpg

日本橋周辺の商家などの大型模型。

長屋の大型模型、江戸時代に庶民の暮らしぶりが再現されている。
「九尺二間」の長屋が一般的。

ed2-1.jpg

間口が9尺(約2.7m)、奥行きが2間(約3.6m)の大きさで、そのうち約1畳半を土間として、4畳半を部屋として区画されている。かなり狭い空間だ。
「深川江戸資料館」にも再現されている。

ed9_201708181857318e3.jpg

北斎の部屋の再現と云う設定。

ed7.jpg

浮世絵に描かれた「蕎麦屋」「鮨屋」。

ed4.jpg

ed5.jpg


絵を基に再現した屋台。

ed8_201708181857331ec.jpg

江戸時代の東回りの航路では、茨城の「平潟」や「那珂湊」は重要な港湾だった。

ed3.jpg

江戸時代は「循環社会」で、何でもほぼ捨てること無い状況で使用された。
着物の布地を例とした説明。

これらはほんの一部で、沢山の資料や模造品などが展示されている。

現在の館長は建築史家・建築家の藤森照信。
今年、水戸芸術館で特別展も行われたユニークな存在だが、どの様に関わっておられるのか。
  1. 2017/08/18(金) 19:26:41|
  2. 博物館
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

水戸2-0で京都に勝利@ケーズデンキスタジアム水戸


水戸2-0で京都に勝利@ケーズデンキスタジアム水戸

8-16-6.jpg


8-16-1.jpg


8月に入って天候不順、京都を迎えてのホームゲームも雨が心配されたが、キックオフの頃には雨も上がった。
気温も23度で選手にも観客にとっても絶好のコンデション。


8-16-2.jpg

今シーズンは開催日が土曜日で、前田大然の活躍など見せ場たっぷりの試合が多いにも拘らず観客が少ないのは残念。
対戦相手にもよるが、この日の京都のサポーターは100人足らずだったから、観客数5540人は良し、とすべきか。

水戸は前半20分に前田大然からのパスを齋藤恵太が豪快なドリブルから先制点。
後半も攻撃の手を緩めず、前田が追加点を奪って完勝した。

齋藤恵が加入後初先発、前田との俊足2トップの活躍は見応えが充分。
3試合ぶりの白星で7位に浮上。

守備では、何度か危ない場面に遭遇するも、クロスバーにも救われて無失点でしのいだ。

8-16-5.jpg

ハーフタイムに打ち揚げられた水戸商工会議所南部ブロック提供の「必勝花火」

8-16-3.jpg

8-16-4.jpg



試合前とハーフタイムに、広場で「スペースラッピングpresented by going46」が投影された。スペースラッピングとは、地面や壁面等に鮮明な映像を映し出すパフォーマンス。音楽に合わせ子供達が踊っていた。

7位に浮上はしたが、観客動員数が順位に比例する様でなければ、チームの力とはならない。

「水戸はホームもアウェイもスタジアムで」を合言葉に応援しよう。
次節は8/20(日)ニッパツ三ツ沢球技場で横浜FC戦。18:00キックオフ。
必勝を期し、応援に行く、このゲームに勝利しさらに上位を目指したい。
  1. 2017/08/18(金) 15:45:15|
  2. 水戸ホリーホック
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ジャコメッティ展@国立新美術館

ジャコメッティ展@国立新美術館
2017年6月14日(水)~9月4日(月)



al7.jpg

al8.jpg

al9.jpg


身体を針金や棒のように延ばした彫刻で知られるアルベルト・ジャコメッティ(1901-1966年)はスイスに生まれでフランスで活躍した彫刻家。
彫刻が量感を重要視したのと正反対に針金のように細く・長く、薄く。
対象を見えるまま、感じるままに観るという特異な造形で世界を魅了した。

老人が夕陽を浴びて港を散歩する老人の影が、細く長く延びて揺れ動く映画のシーンを見て「ジャコメッティのようだ」と思ったのが1970年頃だ。

1990年頃にデンマークに旅し、コペンハーゲンの北35kmの街に在る「ルイジアナ現代美術館」を訪れた。
この美術館は海沿いの地形に沿うように回廊型の展示室が続く独特の美術館。

その中の1つが、ジャコメッティーが展示されている部屋で、「歩く男」を始め沢山の作品に初めて出会った。その後は観る機会がなかった

今回、ジャコメッティを所蔵する国内外のコレクションの協力で、初期から晩年まで、彫刻、油彩、素描、版画など、132点が出展された。
特に、南フランスに在る「マーグ財団美術館」のコレクションが加わり、大回顧展となった。

1室・初期・シュルリアリズム
30年代、サルバドール・ダリやアンドレ・ブルトンに誘われたジャコメッティは彼らが活動するシュルレアリスムグループと近づき、制作した。
この頃の代表的な作品は、頭蓋骨や“死”のイメージなど、当時の彼の体験や関心を反映した《鼻》がある。

al4-1.jpg

《鼻》1947年、ブロンズ、針金、ロープ、鉄


al4-2.jpg

2室・小像。 
1935年から1940年代前半は、モデルと向き合いながら独自の造形を模索する作業に没頭。その過程で極端に小さな彫刻が作られた。

「見たものを記憶によって作ろうとすると、彫刻は次第に小さくなった。
それらは小さくなければ現実に似ないのだった。それでいて私はこの小ささに反抗した。倦むことなく私は何度も新たに始めたが、数か月後にはいつも同じ地点に達するのだった」と述べている。

6室・モデルを前にした制作

al4-3.jpg

《ディエゴの胸像》1954年、ブロンズ豊田市美術館

8室・矢内原伊作
ジャコメッティ芸術はモデルとの対峙が重要な点で、日本人哲学者・矢内原伊作(1918-1989年)は長時間に渡る制作と向き合うことができた数少ないモデルとして知られている。
彫刻ができるまでに描かれた数多くの油彩画やスケッチも、見どころの1つ。

9室・パリのアトリエ
ジャコメッティは、1926年、弟のディエゴとともに、モンパルナスのイポリット=マンドロン通り46番地のアトリエを借りた。
その後、アネットと暮らすようになっても、金銭的に余裕ができても、生涯この場所を離れることはなかった。建物の門を入ると細い通路があり、右側は鋳物職人をしていたディエゴのアトリエ、向かいがジャコメッティのアトリエ、その隣の一室が居間と寝室を兼ねた部屋。

●「マーグ財団美術館」
設立したのは、高名な画商として活躍したエメ・マーグと妻マルグリットで、1964年、ニース近郊サン=ポール・ド・ヴァンスに開館した。

マーグ財団美術館には、「ジャコメッティの庭」と呼ばれる中庭がある。
米国のチェース・マンハッタン銀行のために構想し、その後、独立した作品として鋳造された彫刻群を設置するために造られたもの。

al1.jpg

al2.jpg

al3.jpg

al6.jpg

今回の展覧会には、この作品群が展示されていた14室は圧巻。
この部屋は撮影が自由。

今回の展覧会で全貌を知ることが出来たことは嬉しい。
  1. 2017/08/17(木) 20:13:33|
  2. 美術館
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

たかはし よういち

Author:たかはし よういち
離俗の世界に憧れながら、市井の片隅でうごめいています。
ささやかなモノやコトに幸せを感じます。
私が別に運営している「西の谷万葉公園を美しく」のブログは、以下のリンクからアクセスしてください。
重複する記事も有りますが、自然を大切に、簡素な生活を。
の気持ちを大切にしたいと思います。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する