よーちゃんの雑記帳  

街と人との出会いが楽しみ。

水戸の六名木 @弘道館公園

水戸の六名木 @弘道館公園

DSCN3698.jpg

水戸の偕楽園は岡山市の後楽園、金沢市の兼六園と並んで日本三名園の一つに数えられてきた。
偕楽園には100種3000本の梅が植えられ、今年で120回を数える「水戸の梅祭り」(2月20日~3月31日)には大勢の観光客が訪れる。

梅の開花時期は探梅(早咲き)、賞梅(中期)、彼岸あけの送梅(遅咲き)と品種は多期に渡る。
園内にあるすべての品種を調査・研究。花の形・香り・色などが特に優れているものを6品種選び、昭和9年「水戸の六名木」とした

①烈公梅(れっこうばい)②江南所無(こうなんしょむ)③白難波(しろなにわ④ 柳川枝垂(やながわしだれ)⑤虎の尾(とらのお)⑥月影(つきかげ)  

水戸と云えば「偕楽園」を連想するだろうが、「弘道館」とは甲乙つけ難い。
弘道館は天保12年(1841年)、偕楽園が天保13年(1842年に第9代藩主・徳川斉昭より開設されたので、ほぼ同じ時期だが、弘道館には正門や正庁など創建時の建造物(国の重要文化財に指定)が遺されている。

僕のお勧めは、佐竹時代に遡る旧城址の一画弘道館公園。
弘道館内にも「水戸の六名木」が有ると聞いて訪ねた。

先週と今週、雪がちらついたり積もったりしたが、暮れから正月にかけて暖かい日が続いたために開花時期は大幅に早いようだ。

偕楽園には「六名木」植えられているが、弘道館で見つけたのは、

DSCN3696.jpg

DSCN3697.jpg

江南所無(こうなんしょむ)
遅咲き 明るい紅色の大輪。
徳川光圀の師であった中国の儒学者・朱舜水が日本にもたらしたといわれる。
未だ咲いていませんでした。(奥の木です)


DSCN3699.jpg

DSCN3698.jpg

烈公梅(れっこうばい)
中咲き 薄紅色の大輪。一重咲きで、丸い花弁の一枚一枚が離れている。
水戸にしかない品種という。
咲き初めています。

DSCN3701.jpg

虎の尾(とらのお) 
やや早咲き 八重中輪。ガクが淡紅色、つぼみの開き始めは薄紅色でやや尖っている。五分咲き以上、見頃です。

DSCN3695.jpg

品種は分かりませんが、見頃です。

今日は1月31日。
弘道館の梅の花の開花率は20パーセント位だろか。
早咲き・中咲き・遅咲きと種類が多岐にわたるから、桜のように一斉にと云うことが無いにしても、地球温暖化の影響で年々早くなっている。

梅祭り(2月20日~3月31日)の会期を1周間~10日程度早められないものだろうか。梅は早咲きの花を探す「探梅」の楽しみが多きい。
桜と違って、満開の絢爛さを眺めるより、一輪の花を愛でるもの。

3月下旬になれば桜は咲くし、房総半島のお花畑に人は流れる。
何れにしても、年間に渡って訪問客の多い「偕楽園」「弘道館公園」であることを願う。広報や園内の樹木や草花の選定により十分可能に思う。
  1. 2016/01/31(日) 19:19:43|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

茨城ゆかりの金工展@茨城県陶芸美術館

茨城ゆかりの金工展@茨城県陶芸美術館
3月6日(日曜日)まで

いばらき工芸大全

茨城県陶芸美術館は平成12年に開館した全国で数少ない陶芸専門の美術館だ。
美術館の周辺は広大な公園で「陶炎祭」などの催事も開催される。
公園を囲む道路にはギャラリーや窯元の直売所等が軒を並べる。
更には、蕎麦屋やレストランなども多くなり、旧市内の笠間稲荷の門前町をしのぐ勢いだ。
水戸から20㌔、40分位の距離だから、好都合の立地ゆえに月に1度以上は訪れる。

陶芸の里・笠間にふさわしい陶芸美術館だが、陶器に限らず「工芸品全般」に渡る展示を考えているようで平成26年1月は「いばらき工芸大全 I ガラスの巻」が開催され、好評を博した。

DSCN3662.jpg

いばらき工芸大全II 金工の巻
鏡や馬具など古墳からの出土品にはじまり、寺社に伝わる遺宝、一橋徳川家の伝来品、そして明治から現代までの作家の作品が紹介されている。

萩谷勝平「龍図鐔」

萩谷勝平「龍図鐔」
私の興味は江戸時代半ばに興隆した「水戸彫り」と呼ばれる刀装具の技。
西の長州と並び賞される鍔の一大生産地として著名だ。

今回出品されている「一橋徳川家伝来品」はさすがに大名家の伝来品ゆえ名品が並んでいる。
茨城県立歴史館の「一橋記念室」で2月12日(金)まで開催されている「一橋徳川家伝来品と水戸金工」にも展示されているから、合わせて鑑賞するのがベストだ。

両方を見たが、興味はあるが知識がないのと、小さなところに細密な彫刻施されているので、手持ちでルーペを使用して見ないと良く分からない。

美術的・技術的にも素晴らしい水戸金工。
廃刀令により需要を失った明治以降も、海野勝珉(1844-1915)らの活躍により近代の金工作品の制作に継承された。

  1. 2016/01/30(土) 17:25:10|
  2. 美術展
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カマタマーレ讃岐 @高松市・丸亀市を中心とする香川県全県

カマタマーレ讃岐 @高松市・丸亀市を中心とする香川県全県

DSCN2973.jpg

Jリーグの今季の全日程と概要が発表になった。
水戸ホーリーホックの開幕戦は2月28日 (日) 16:00 京都サンガF.C.・京都市西京極陸上競技場だ。出来ることなら遠征したい気持ち。

ホームでの開幕戦は3月6日 (日) 13:00 セレッソ大阪。
ケーズデンキスタジアム水戸で1万にが目標だ。

Jリーグの良さは、ホーム&アウェーの2試合を戦うこと。
アウェーで他を訪ね、お互いの街を知り友好を深めることが出来る。
勝敗も重要だが、街を楽しむことがより重要と思っている。
恒常的な「街興し」に貢献できる。

「カマタマーレ讃岐」は高松市、丸亀市を中心とする香川県全県を本拠とするJ2のチーム、水戸との試合も組まれている。
5月28日 (土) 13:00 Pikaraスタジアム
8月21日 (日) 18:00 カマタマーレ讃岐 ケーズデンキスタジアム水戸

DSCN2980.jpg
高松駅

DSCN2981.jpg

高松駅前のサンポートのラウンドマークタワー。

DSCN2913.jpg

屋根付の商店街。
DSCN2915.jpg

ミラノのような三町ドーム。

DSCN2908.jpg

商店街再生の見本、と言われる丸亀町商店街。
上部には分譲マンション、医療モールもある。

幾つかのアーケード街が有り、水戸の街等より賑わっている。

DSCN2971.jpg

大阪まで3時間、3500円の垂れ幕。
大阪と競い合わなければ大ごとだ。

早朝7時頃から開けている店も多い。

DSCN2970.jpg

500円のモーニングセットも健在。

「けんちん」に似た「しっぽくうどん」
讃岐うどんの典型であろう、「ぶっかけ」は食べられなかった。

5月は高松に泊まり、Pikaraスタジアム(香川県立丸亀競技場)ホーリホックを応援できれば嬉しい。

  1. 2016/01/29(金) 22:41:15|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

北浜alley@高松市北浜町4-14

北浜alley:は倉庫を改装したレトロな雰囲気の異次元空間

DSCN2930.jpg

玉藻公園内を閉園時間の5時まで見学し、その後は外構を散策。
駅の東側のフェリー乗り場の下見に行く。
翌日は高松~宇野をフェリーで渡り瀬戸内海の風景を楽しみ、宇野からJR宇野線で岡山に抜けるルートを想定した。
高松~宇野の洋上の距離は21Kmで所要時間は約65分。
宇野~岡山は電車で約1時間。
待ち合わせの時間などを加えれば、約3時間以上を要する。
瀬戸大橋の開通後、鉄道と自動車による交流が主になり、フェリーの利用者は減り続け減便と赤字で存続が危ぶまれている状況だ。
時間はかかるがフェリー存続の一助を考えるか、利便性を優先して1時間のJRを使うか迷った。
フェリー乗船場はまるで静かだ。

DSCN2942.jpg

DSCN2962.jpg

乗船場の向かいに、倉庫を改装したようレトロな雰囲気の異次元空間を発見。
後に知ったが、2000年にOPENした「北浜alley」。
高松港ウォーターフロントのトレンドスポットだった。
昭和初期に作られた穀物倉庫を改装してギャラリー、ブティック、カフェレストラン、美容院、雑貨店などが入居している複合施設。

広場ではフリーマーケットやコンサートなども開催されるらしい。
夏の宵なら盛況なのだろうが、冬場の夕方の6時頃、中途半端な時間ゆえに開いている店はまばらで人影もない。

DSCN2960.jpg

特にクセが強く感じる「黒船屋」を覗いてみることに
狭い階段を上がった2階が店舗。

DSCN2943.jpg

DSCN2948.jpg

DSCN2951.jpg

開店準備中らしいが、レコードが千枚以上はありそう。
水戸で云えば「S&F」或いは「ソールインモーション」などか。
近藤房之助のライブのポスターが貼られていた。
ライブハウスでもあるようだ。
オーナーの溝上慶造さん「ケイゾー」でとおっている「北浜alley」の牽引車の雰囲気。こんな店が水戸に在れば、毎晩でも通いたい。
DSCN2954.jpg

高い吹き抜けを2階に仕切った作りで、1階に美容室がある。
営業時間が若干異なるにしても、お互いに影響はないのか?
慰問が残る。何れにしても不思議なつくりだ。

もう少し高松の街を見たいので、お勧めスポットなどをお聞きして退散。
次回、ホーリーホックの応援で高松を訪れる機会が有れば再訪したいエリアだ。
  1. 2016/01/29(金) 00:48:59|
  2. 街づくり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

玉藻公園(史跡高松城跡)@高松市玉藻町2-1

玉藻公園(史跡高松城跡)@高松市玉藻町2-1

DSCN2916.jpg

玉藻とは讃岐の枕詞。
高松藩主、生駒・松平家の居城だった高松城跡を整備した公園。


DSCN2905.jpg

DSCN2904.jpg

栗林公園前の食堂で遅めの昼食を。
幾つかの定食が有ったが、かやくうどんの定食を。

駅に向かって中央通りを2・5㌔、レンタサイクルでの移動は早い。
途中に「高松市美術館」があったが、残念ながら改築中。


瀬戸内海の海水をお堀に引き込んだ城は日本三大水城のひとつといわれる。
園内には国の重要文化財に指定されている艮櫓、月見櫓、水手御門、渡櫓、被雲閣があるほか、国の名勝に指定されている被雲閣庭園がある。

DSCN2922.jpg

「月見櫓」いわば海の大手門。

DSCN2923.jpg

天守閣石垣。
往時は3重4階+地下1階の天守がそびえた。
天守閣復元計画があるよだ。

DSCN2920.jpg

江戸時代の「披雲閣庭園」に大正6年(1917)に建築された披雲閣。
結婚式や展示会などの催事に利用されている。

栗林公園と同様に松の古木が多いが、春は桜見物、植木市、秋は菊花展など多彩な催しも開催されているとのこと。
偕楽園も梅の時期だけでなく、通年、来客のある公園にしたい。

DSCN2927.jpg

DSCN2924.jpg

「ことでん高松港駅」の傍に、ジュリアン・オピーの彫刻が展示されたていた。
「瀬戸の都・高松 石彫トリエンナーレ2015」の出品作。
ジュリアン・オピーの個展が水戸芸術館で開催されたのは2008年。
8年前だが記憶に新しい。
  1. 2016/01/28(木) 16:42:04|
  2. 庭園・公園
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

栗林公園@高松市栗林町

栗林公園@高松市栗林町

DSCN2864_20160127214022289.jpg


栗林公園は日本庭園として最高の評価を得ている。


高松市のレンタサイクル

岡山発12:12のマリンライナー12号は13:05には高松駅に到着。
駅前の観光案内所の地下の「レンタサイクルポート」に。
高松市のレンタサイクルシステムは日本一かもしれない。
市内7カ所のサイクルポートで借りることも返却も出来る。
借りた以外の所でも返却が可能だから、使い勝手が良い。
更に、24時間で200円、翌日午前中まで延長料金100円と云う安さ。

貰った地図をもとに「栗林公園」に。

栗林公園の起源は、元亀・天正(16世紀末)の頃、豪族の別邸として築庭されたといわれ、寛永19年(1642年)に新たに高松藩主・12万石として入封した水戸徳川家の連枝松平頼重に引き継がれ、以後高松松平家が5代にわたり100年以上をかけ造営を行い、延亨2年(1745年)、第5代藩主松平頼恭の時代に完成した。

DSCN2854_20160127214022aca.jpg

DSCN2866_20160127213923b48.jpg

紫雲山を借景として6つの池と13の築山を配した大名庭園で、回遊式庭園の南庭と近代的に整備された準洋式の北庭からなっている。面積は約75haと、特別名勝に指定されている庭園の中では最大の広さである。

DSCN2851.jpg

入り口にボランテアのガイドさんが待機し、案内してくれる。

DSCN2879_20160127213921d85.jpg

DSCN2899.jpg

「栗林」と付くものの、完成当初から園内の樹木はマツを主要としている。
専門の園丁さんが常時手入れをしている。
園内にはマツの他に、サクラも植えられており花見も可能。
さらに、ウメの木も約170本あり、12月なのに早咲きの梅がほころんでいた。

DSCN2874_20160127213922003.jpg

本来、河川の跡地とのことで、出土した岩を始め、奇石が数多く据えられている。

DSCN2896_20160127213920fd2.jpg

園内で一番高い「芙蓉峰」からの眺め。


●2009年3月の『ミシュラン観光ガイド』に「わざわざ訪れる価値のある場所」として最高評価3つ星に選定された。
●『ジャーナル・オブ・ジャパニーズ・ガーデニング』の「2011年日本庭園ランキング」で足立美術館(島根県)、桂離宮(京都府)に続く3位を獲得した。

上記の評価に対し充分に納得できる名園と思った。
  1. 2016/01/27(水) 21:49:58|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

たかはし よういち

Author:たかはし よういち
離俗の世界に憧れながら、市井の片隅でうごめいています。
ささやかなモノやコトに幸せを感じます。
私が別に運営している「西の谷万葉公園を美しく」のブログは、以下のリンクからアクセスしてください。
重複する記事も有りますが、自然を大切に、簡素な生活を。
の気持ちを大切にしたいと思います。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する