よーちゃんの雑記帳  

街と人との出会いが楽しみ。

いちょうまつり@茨城県立歴史館

いちょうまつり@茨城県立歴史館

DSCN2287.jpg

DSCN2279.jpg

西の谷の2本の銀杏の樹が色づいてきた。
黄葉は一気で、あっと云う間に落葉してしまう。
既に、銀杏の実は熟し、遊歩道に沢山落ちているが、誰も拾わない。

銀杏の黄葉で僕が好きな風景は旧県庁舎の土塁の銀杏の大木群。
斜面の整理に伴い、枝をかなり伐ったから往時の面影は無いが、中学・高校時代の通学路で思い出が浮かぶ。

近代美術館に至る銀杏並木も、千波湖畔と一体となった風景は晩秋・初冬の味わいで明治神宮絵画館前の並木を連想させる。

DSCN2285.jpg

DSCN2283.jpg

DSCN2281.jpg

DSCN2284.jpg

歴史館の旧水農校舎前の銀杏並木も見事で、欅等の茶褐色に染まった木々とのコントラストは、まさに秋もたけなわ。

DSCN2289.jpg

白の山茶花、これもまた初冬に欠かせない。

11月1日~23日まで「いちょうまつり」が開催される。
特に13日(金)は「茨城県民の日」入場無料で、高校生によるお茶会(県立東海高校茶道部)や「 いちょう並木コンサート」が開かれる。和太鼓・箏・三絃奏・水戸啓明高校ジャズバンドなど多彩な催し。
12日から15日までは「いちょう並木ライトアップ」も行われる。

外務省外交史料館・茨城県立歴史館共催の特別展「日本外交のあゆみ展」は見どころが沢山だ。

サンフランシスコ講和

吉田茂元首相の、サンフランシスコ講和会議における「対日平和条約受諾演説の原稿」[1951年(昭和26年)9月8日]を読んだ。
サンフランシスコ講和会議に全権団顧問として随行した白洲次郎は、首席全権であった吉田首相の受諾演説の原稿が、GHQに対する美辞麗句を並­べ、かつ英語で書かれていたことに激怒、「講和会議というものは、戦勝国の代表と同等­の資格で出席できるはず。その晴れの日の原稿を、相手方と相談した上に、相手側の言葉­で書く馬鹿がどこにいるか!」と一喝、受諾演説原稿は急遽日本語に書き換えられた。随行員が手分けして和紙に毛筆で書いたものを繋ぎ合わせた長さ30mにも及ぶ巻物となり、内容­には奄美群島、沖縄並びに小笠原諸島等の施政権返還が盛り込まれた。
推敲のあとも残るこの文章には、占領から独立に向かう日本の気概が示されており、白洲次郎の姿が浮かぶ。 

水戸徳川家第12代当主・徳川篤敬の次男で、一橋徳川家第12代を継いだ参院議員・徳川宗敬は講和会議の全権団の一員として参加している。(後列左から2人目が宗敬)
1984年(昭和59年)に伝来の家宝計5600点を茨城県立歴史館に寄贈し「一橋徳川家記念室」が設けられた。

 
  1. 2015/10/29(木) 18:57:48|
  2. 博物館
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

知られざる女流画家 櫻井雪保展 @水戸市立博物館

知られざる女流画家 櫻井雪保展 @水戸市立博物館
10月17日(土)~11月22日(日)
 

桜井雪保


水戸藩出身の画家・櫻井雪館(1715-1790)は江戸に出て画塾を開き、門弟が二百余人と云われ、伊勢寂照寺の僧・月僊や若き日の谷文晁も学び、当時の江戸画壇における雪館の影響は大きいものが有ったようだ。

娘の櫻井雪保(1754(?)-1824)は父から水墨画を学び、早くから才能を開花させた。女性らしからぬ大胆な構図と伸びやかな描線で、山水や龍虎などを描いた。しかし、雪館に比べ雪保はあまり知られていない。

水戸市立博物館は「知られざる女流画家 櫻井雪保-父・雪館と歩んだ絵画の道-」として企画展を開催した。
父・雪館の作品も展示されているが、雪保の神奈川県にある禅宗寺院・了義寺の本堂に納められた板戸絵(全12枚)は、豪快さと繊細さを兼ね備えた傑作で、実物が展示されているのが今回の見所。

竜図

了義寺本堂板戸絵「龍図」

龍図、部分

了義寺本堂板戸絵「龍図」(部分)

虎竹図

了義寺本堂板戸絵「虎竹図」

竹虎図、部分

了義寺本堂板戸絵「虎竹図」(部分)

関連企画として講演会「櫻井雪保と江戸時代の女性画家」が11月8日(日)午後2時~3時に開催される。
講師は仲町啓子氏(実践女子大学教授・実践女子学園香雪記念資料館長)

水戸市立博物館は水戸市立中央図書館と併設で、自然・考古・歴史・民俗・美術の5部門からなる総合博物館で1980年(昭和55年)7月1日 に開館した。

従って、開館35年を経過し、建物の老朽化している。
展示室のケースや照明などが旧式で、見づらい。
図書館との併設館で、展示室が2・3・4階に分かれている。
収蔵庫が少ない。
など問題点が多ので、博物館の独立設置が検討された時期もあったが、その後、財政面を考え、中止されたようだ。

歴史と文化の都を標榜するなら、博物館の分離独立は課題と思うが、動きがないのは残念だ。
新市民会館構想はかなり大規模で、はたして、その必要があるのだろうか?
甚だ疑問に感じる。

  1. 2015/10/28(水) 21:40:26|
  2. 美術展
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

那珂川の献上鮭@水戸市若宮町

那珂川の献上鮭@水戸市若宮町

DSCN1814.jpg


DSCN1816.jpg


茨城県は南限・北限の食材が多くミカンもリンゴも収穫できる。
9月から10月にかけて那珂川を遡上する鮭の漁期。

長さ約100m深さ6mある網を二隻の船が川いっぱいに広げて流し、一定の時間を経て引き上げる。
漁期の始まる9月前に川底をダイバーが清掃しないと、流木が絡んだりして上手くいかないので、厄介らしい。

江戸時代は那珂川を遡上する鮭が珍重され、その年初めて獲れる「初サケ」は必ず藩主に献上され、光圀も毎年必ず食べていたという。

更に、麹と塩で漬けられ将軍家に献上された。
水戸で漬けたサケが江戸に運ばれるうちに、ちょうどよい漬かり具合になったのだそうである。
「塩麹」最近はやりの言葉と思ったが「初霜漬」と呼ばれるこの逸品、昔からの保存方法だ。
こんがりと炭火で焼き上げ、熱々の新米で戴けば、正に、水戸の秋の味覚。

我が家ではメスを買えば卵を醬油に漬け込み、身は塩焼き。
パリッと焼き上がった皮の所が、格別に旨い。
オスならば白子はダイコンの千切りに入れたすまし汁。

水戸生まれの人にとって、この時期の那珂川の鮭は欠かせない食材なのだが、
輸入の養殖サーモンなどの濃厚な味に慣れた人が増えて、知らない人も多くなった。
町の魚屋が少なくなり、スパーなどでは扱わないことも理由かもしれない。

淡白な自然味わいが人気で、築地の市場にも出荷される量が多いらしいのは残念で、地元で多くを消費されればと願っている。

今月初め、東京からのお客さんおもてなししようと、水戸市若宮町の「田村魚店」に、3㌔以上のオスを注文しておいた。

DSCN1818.jpg


3,5㌔のオスの身とアラと白子。

通常なら自宅で調理だが、近所のレストランにお願いした。

DSCN1886.jpg

白子のオーブン焼きと塩焼き。
さすがにレストラン、味が凝縮された美味しさ。

DSCN1881.jpg

塩焼きは身を厚く切るのがポイント。大根おろしとカボスを添えて。

DSCN1883.jpg

アラ汁、アラの旨味と大根が良く合っている。

鮭の人工ふ化と、稚魚の放流による漁獲は那珂川の漁業組合は先駆者らしい。
今後漁業資源が枯渇する時代を迎え、那珂川の内水面漁業は貴重だ。
那珂の清流を守り、収穫された魚類を地元の名物料理として提供できる仕組みが出来るように願う。
  1. 2015/10/27(火) 22:41:02|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

SABO展 @水戸市泉町・アートセンター・タキタ2階画廊 

SABO展 @水戸市泉町・アートセンター・タキタ2階画廊 
10月23日~10月28日


DSCN2268.jpg



茨城大学教育学部美術科の卒業生の女子で作られたグループ「サボ」の第44回展。《SABO》と云うグループ名は「さぼらずやろう・さぼりながやろう」の気持ちを表すそうだが、意気込まずに始めたことが、44回も続いた秘密かもしれない。

メンバーの出入りが若干あったにせよ、44回・44年続いたのは素晴らしいことだ。

DSCN2266.jpg

DSCN2263.jpg

DSCN2261.jpg

DSCN2265.jpg

DSCN2262.jpg


木版画:岩谷萬千子、パステル画:内田とし子、彫塑:海老根美奈子、油絵:鴨川久美子、陶芸:渡辺清子の五氏。

卒業後の進路は教員・デザイナー・主婦とまちまちだが、年に一度の同窓会のようなもの。
卒業生同士の交流の場として、同期を始め先輩・後輩が集う情報交換の場ともなっている。
近年、個展やグループ展が少ないのは寂しい限り。
女性のグループが44回展を迎えたことは素晴らしいことだ。
  1. 2015/10/27(火) 14:35:12|
  2. 美術展
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

伝統建築の保存と再生@いわき市平

伝統建築の保存と再生@いわき市平

DSCN2131.jpg

今は亡き友人Q蔵さんは、いわき市平の出身だった。
故郷へ残した母への思いは強く、月に1度は里帰りしていた。
何度か一緒に同行したことが有る。
駅からすぐの場所で、近所に大谷石の蔵を改装したジャズ喫茶を紹介された。

梁や支えの木組みがむき出し、天井までの吹き抜けの空間、大きなスピーカを備えたオーデオ。今、流行のリノベーションの先駆け、ぶっ飛ぶほどの衝撃を受けた。

気に入って、何度か通った。
水戸と日立、水戸と平が身近に感じる時代だった。

それから何十年、久し振りに平に行く。

再訪しようとネットで調べたがジャズ喫茶はなさそう。
駅前には大きなビルは出来、風景は一変していた。
美術館に行く前、喫茶店に入り様子を訊いてみた。

どうやら、ジャズ喫茶ではないが蔵造の店が近くに在るらしい。

DSCN2150.jpg

DSCN2134.jpg

DSCN2135.jpg

教えられた方向に蔵造の店、当時は一軒家と思ったが、3棟の蔵が縦一列に並んでいる。
しかし、雰囲気は似ている。
開店前だが、人の気配がするので尋ねた。
内部を見て、まさに、あの店。

DSCN2152.jpg

オーナーは変わったが、木組みと内装の一部は残されていた。
今は「ダイニングバー・ダリコ」昼はランチ、夜はBAR(バー)で欧風料理が楽しめるお店とのこと。

美術館を観ての帰りでは、ランチタイムには間に合いそうにないので、近辺を散策し、11:30の開店を待つことに。

本町通り
水戸の下市にも同名の通りがが、何処の街にもある。
一番賑やかだった通りの名前だろう。
水戸から東北を結ぶ「奥州陸前浜街道」(後の国道6号線)だったところ。
現在は南側のバイパスが6号線。

本町は卸問屋や商店が並ぶ通りであった。


DSCN2138.jpg

DSCN2136.jpg

この石蔵は「百澤商店」の店舗跡、間口4間・奥行29間(約7.2mX約52m)の細長い形の敷地を「百澤通り」として再開発し、貸店舗業に転身か?
敷地を貫いた、荷物運搬用のトロッコの線路址を通路としている。
水戸の末広町が似たような通りで、蔵も残っているが、再開発の余地は有りや無しや。

DSCN2139.jpg

この先の旧釜屋の蔵と石蔵は、「サロン・ド・蔵」として活用されている。
石蔵の部分は「ヘアーサロン」と「ギャラリー」で、袖蔵は「ショットバー」、そして石張り建築部分は「カフェ」。
一部は外装を直すためのシートが貼られていた。

旧釜屋

江戸時代、元禄13年(1700)創業、平藩御用商人でありました。
明治39年(1906)の平の大火直後、耐震耐火を基本に建築されました。重厚な蔵造りの店舗は総ケヤキ造りで、店舗脇にある蔵の材料は、イギリス製赤レンガを使用しています。(「いわきヘリテージ・ツーリズム」パンフレットより)

いわき市の平地区には旧家の建築が遺され、指定文化財となっている。
「いわきヘリテージ・ツーリズム」として地図や写真も用意されているようだ。次の機会に廻ってみたい。

  1. 2015/10/26(月) 09:11:19|
  2. 街づくり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

西成田育男展 更地@いわき市立美術館

西成田育男展 更地@いわき市立美術館

DSCN2158.jpg

DSCN2160.jpg


1970~80年頃は何度も訪れた街であったが、その後はご無沙汰、久し振りにいわき市に。
その頃は、合併前の「平」と言っていたが、水戸に平出身の方が大勢いた縁で親しみを感じた街。
1966年(昭和41年)に対等合併によりいわき市が発足したが、当初は仙台に次いで東北第二の人口だったが、現在は郡山市に次ぐ東北で三番目。

東日本大震災では大きな影響を受けたであろうがあれから4年半を過ぎて、駅周辺には何の痕跡も見いだせない。

今回の訪問はいわき市立美術館で開催されている「西成田育男展」を拝見することと「いわき芸術文化交流館アリオス」を見学すること。

現代美術を主なコレクションとする「いわき市立美術館」は1984年の開館。
初めての訪問だから、これを考えても30年以上は「いわき」にご無沙汰だったことになる。

いわき駅から徒歩15分、繁華街から少し外れているが市役所や中央公園に近いオフィス街にある。

DSCN2159.jpg

「西成田育男展・更地」(9月12日~10月25日)、最終日の前日に滑り込み。
1階ロビーを使っての展示。

DSCN2161.jpg

ロビーは通路でもあるので展示空間としては難しい場所だが、壁面と空間を上手に使われていた。

DSCN2176.jpg

大きなガラスの外側に彫刻が展示されているが、伊藤公象さんの「起土」

DSCN2162.jpg

「更地」シリーズ。
3・11以降、創作意欲を失うが、暫くたって描かれたらしい。
ここ数年続く、薄手の麻の生成りのキャンバスに、日本画の顔料のようなものを、何度も塗り重ねられたに見える作品。
素材や描き方は、お聞きしたことがないから分からないが、茫洋として読み取れない形と色は何時まで見続けても限がない、『遅日』『黙示』『八月』『濱近』のシリーズ。

DSCN2163.jpg

クリアケースの中に立体の作品。
Bari Box『言葉にならないものもある』2001年
今回、最初で最後の公開ということだが、これが良かった。
外箱・絵画1点・写真2葉・半透明の中に封筒。

DSCN2164.jpg


グラフィックデザイナー・アートディレクターとしての忙しい日常、しかも質の高い作品を作りながら、創作活動を着実に進める西成田さん。
他人に厳しい言動で誤解されることもあるが、己を律して制作しているであろう姿を感じる。
これからも精進を続け、心の内のあるもの描き続けて頂きたい。

  1. 2015/10/25(日) 12:26:11|
  2. 美術展
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

たかはし よういち

Author:たかはし よういち
離俗の世界に憧れながら、市井の片隅でうごめいています。
ささやかなモノやコトに幸せを感じます。
私が別に運営している「西の谷万葉公園を美しく」のブログは、以下のリンクからアクセスしてください。
重複する記事も有りますが、自然を大切に、簡素な生活を。
の気持ちを大切にしたいと思います。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する