よーちゃんの雑記帳  

街と人との出会いが楽しみ。

はち巻岡田@中央区銀座3-7-21

はち巻岡田@中央区銀座3-7-21

P9180772_201410311626109a1.jpg


P9180771.jpg


月に1度、4泊5日位の日程で上京し、美術館や博物館を巡るのを楽しみとしている。
時には、昼や夕飯を老舗と言われるところを訪ねる。
候補の所番地や定休日、営業時間等を調べておいて運が良ければ入店と相成る。

室町砂場ほどの歴史ではないが、久保田万太郎や山口瞳ら文人に愛されたという銀座の小料理屋「はち巻岡田」は大正5年(1916)に創業されたというから、100年近い歴史がある。

CA3G0071_20130605205703[1]

松屋銀座の裏側で「野の花 ・司」と言う花屋と画廊に間の袋小路の突き当り。
(17時開店、昼間は大きな提灯や暖簾が下がってないので分からない。)

銀座の裏側には、路地や袋小路が多い。
路地裏大好き人間にとって、散策の興味は尽きない。
更に、同じ場所での昼と夜で大きな違いもある。

何度かはいろうかと思いつつ、実現しなかったが、9月の上京時に夢がかなった。

居酒屋風なのだが敷居が高く感じられる、意を決して入店した。
入り口の台の上に菊正宗の四斗樽の菰被りが置かれている。

店内は、カウンター4席ほど、3つほどのテーブル席と小上がり。
テーブル席には3人のご婦人連れが、お銚子を傾けながら、静かに話している。
小生より、いくらか年上にみえるが、女3人飲みかつ食べながらの姿は羨ましい。

白木のカウンターの席が空いていたので、そちらを希望した。
目の前が厨房なので、調理の様子が眺められる。


P9180773.jpg

日本酒は「菊正宗」のみ。

P9180774.jpg

先代の顏写真が掲げられている。
創業以来、銀座の中で2度場所を変え、40年前から現在地に移り、今は三代目とのことだ。

P9180775.jpg


店名を冠した「岡田茶わん」は定番らしい。
鶏のスープに葱の千切り。
単純なものほど難しいものはない、といわれる。
正にこの味は複雑微妙、白髪ねぎの包丁さばきも見事。

P9180776.jpg


本日のお勧めだった「穴子の蒲焼」
皮がカリッと焼けて香ばしい。
江戸の料理の流れを引き継いだ味なのだろう。


店内の作りは昭和を感じさせ、銀座と云うよりは京都の小料理屋を思わせるが、
一見さんでも丁寧に対応してくれる。
そこが、老舗の良さなのだろう。

穴子を肴にお銚子2本で酔いが回った
名物料理もいろいろあるようで、もう少し、という感じも在ったが、この日は座っただけでも大満足。再来を念じて辞した。

  1. 2014/10/31(金) 16:31:36|
  2. 居酒屋
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

室町砂場 赤坂店

老舗のそば屋@室町砂場 赤坂店

PA180992.jpg


世田谷美術館での松本瑠樹ポスターコレクション「ユートピアを求めて」と塩田岩治の「北大路魯山人」、それぞれの蒐集家の展覧会を観て“散逸しないコレクション”はそれなりの後継者、或いは公的な美術館や博物館に寄贈するべきと感じた。

この感激を如何にせんと10月20日に再開された「かんだやぶそば」に行くことも考えたが、ニュース番組で放送されたばかり、1時間以上を待つ覚悟でなければと考え、赤坂の「室町砂場」がより適切だ。

暫く行っていないので、いくらか遠回りしたが到達することが出来た。
赤坂近辺の再開発によって多くの店がビルになってしまったのに、室町砂場 赤坂店は健在でした。

昔ながらの薄暗い雰囲気の中に燈火が一つ、という感じ。

江戸の情緒であろう、店員さん達の迎え付けと案内は変わらない。
待たずに奥の小上がりの窓ぎわに座席を占めた。

窓の障子の桟の綺麗さに感激。
カウンターや目につくところは毎日掃除することは当然だろうが、障子の桟まで磨き上げてある。
しかも、木目が密な上質な杉か檜木。
これだけで、充分の価値がある。

PA181000.jpg

昔からの、時代を感じる看板。

酒は「菊正」の常温は白磁の徳利で、ちゃんと袴に入ってます。
老舗は何故か「菊正」が多い、やっぱり、これですね。
チョコはガラス。


PA180997.jpg

突出しは浅利、青磁の小皿に。

先ずは鶏卵焼、美味しくて、写真撮り忘れ。

PA180999.jpg

ねぎ焼きは呉須赤絵の角皿に。

PA180998.jpg

わさびかまぼこ、は「風月花」の藍染の角皿。


何れも、魯山人が使いそうな器だ。
これも、何かの縁か。

〆に「ざる」を一枚。

老舗たるは、変わらぬ味・心からのおもてなし・しかも、お値段は極めて安い。
これも、多くの客があるからこそなできるのだろう。

余りの嬉しさに、吉行淳之介の話を店の方に語りかけたり、田舎者丸出しでご迷惑をかけました。

このよう店が、永遠に続くことを願わずにはいられません。
[室町砂場 赤坂店]の続きを読む
  1. 2014/10/31(金) 00:51:08|
  2. 蕎麦屋
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「北大路魯山人展」@世田谷美術館

「北大路魯山人展」@世田谷美術館

001_s[1]

PA180984_201410301524226cf.jpg

松本瑠樹さんのコレクション「ユートピアを求めて」を観るのに世田谷美術館に。
世田谷美術館は緑豊かな東京都立砧公園の一角に1986年に開館した区立の美術館、交通の便が良くないので敬遠していた。

PA180988.jpg

近くには青果市場やゴミ焼却場なども在るが、恵まれた自然環境を生かした美術館で、庭園には彫刻作品も配置されていた。

PA180989_20141030152419a91.jpg


玄関の前には、”戦没学生記念像”として知られる「わだつみの声」(本郷 新作 1950ブロンズ)がある。この像は札幌の「本郷新記念館」を訪れた際も観たが、本郷新の代表作と云える。

PA180986.jpg
(地下にはゆったりとした中庭もある)


1階では松本瑠樹コレクションの「ロシア・アヴァンギャルドとソヴィエト・モダニズム」のポスターが展示されていたが、2階の会場では館蔵品の「北大路魯山人展」が開催されていた。
北大路魯山人(1883-1959)は書、篆刻、陶芸、絵画、漆芸、そして美食家として名を高めた多彩な人物で、没後50年以上を経ても、或いは、生存中より高い人気が有る異色の作家だ。

私は骨董の世界に入門した当時、先輩のFさんから「魯山人の芸術論集」を読むことを勧められ、何冊かを買って読んだ。モノの観方を知る格好な教材で、今でも心の隅に常にある。
以来、魯山人に憧れ、鎌倉の旧居を訪ねたりもした。
笠間日動美術館の別館[春風萬里荘]は旧居の一部を移築したものだ。

世田谷美術館の所蔵する魯山人の作品は、魯山人と深い親交を結び、終生彼を支援し続けた元利根ボーリング社長・塩田岩治氏の旧蔵品。
塩田氏は昭和の初めに窯場に水を引いた縁で交流が始まり、魯山人が窮地に追い込まれたときに救った実業家の一人でもあった。
塩田家で日常の器として使われていた157件が、一堂に展示された。

魯山人の器は、経営に携わった「星岡茶寮」で使用するため作り始めたことからも当然と言えるが、調理人の立場から「用の器」に徹していることに特徴がある。何れかの「本歌」を上手く取り入れ、陶工の下地に幾らかの手を加え、文様や文字を書き加えるなどして、魯山人流、の作品としている。

観ても良いが、料理を載せてさらに美しくなる、のが特徴だ。

col00034_obj1[1]

《染付葡萄文鉢》1941年

col00034_obj2[1]

《赤呉須水注》1937年

col00034_obj3[1]

《椿図》制作年不詳

II_wd_200[1]

《椿文鉢》1940年頃

col00034_obj5[1]

《色絵染付鮑形鉢》1935年~44年

col00034_obj6[1]

《天上天下唯我独尊》1940



*京都の「何必館」地下1階に魯山人の作品が常時展示されているが、其処で観てから数年ぶりに、多くの作品を観ることができた。

*最近、白磁一色の器が流行っている。
提供する側からいえば、無難で便利かもしれないが、味気ない事この上ない。
魯山人の心を見習ってほしい気がしてならない。
  1. 2014/10/30(木) 15:51:41|
  2. 美術展
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

松本瑠樹コレクション@世田谷美術館

松本瑠樹コレクション@世田谷美術館

001_s[1]

PA180985.jpg


PA180983.jpg


世田谷美術館で松本瑠樹さんのポスターのコレクションの一部が「ユートピアを求めて〜ポスターに見るロシア・アヴァンギャルドとソヴィエト・モダニズム」と題された展覧会が開催されている。
本年1月26日まで、神奈川県立近代美術館 葉山にて開催された展覧会の巡回展らしい

松本瑠樹(1946年~2012年)さんは文化服装学院在学中に、株式会社オールファッションアート研究所を創立。自らプロデューサー兼デザイナーとしてDCブランド「BA-TSU」を創業した。
当時、雨後の竹の子のように原宿近辺のマンションの一部屋から、多くのブランドが出現した。松本さんもその一人だが、当時から今まで存続しているブランドは少ない。
65歳で没したが、ファッションデザイナーとしてよりもトータル・プロデューサーの先駆者としての功績は偉大だ。

水戸市に1978年5月26日に「サントピア水戸」が営業を開始した。
2007年5月末日をもって閉館したファッションビルだが、地方都市に大きなインパクトを与え、今でも語り草であり伝説となっている。

「サントピア水戸」は建設費の未払いなどで開店を危ぶまれたビルだった。
起死回生の切り札として引きずり出されたのが松本さんで、渋谷に出現した「パルコ」をプロデュースした実績を評価された。
従って、「サントピア水戸」は日本で二番目のファッションビルと云う人もいるくらいだ。
ともかく、テナントの導入・開店のイベント・全てが彼の独り舞台だった。
開店後はテナント会の理事として貢献し、毎年一月のテナント総会後の記念公演で、ファッショントレンドや営業的なことまで話された。
松本さんなくしては「サントピア水戸」は成り立たなかったろう。

私も一時期、サントピアのテナントであったことや、企画部の用田さん・加藤さんとも知り合いだったので、松本さんとは話す機会が有った。
既に、その当時からアンティークやポスターの蒐集を始められたようなので骨董好きの私は興味が尽きなかった。

yjimage[6]

yjimage[7]

カッサンドルのポスターを収集し『美術館で展覧会が出来るほどです、村一番は世界一』と自信満々だった。
「ポスターは時代を映す鏡」との認識を持っていられた。
とにかく、敏感な感覚を持ち時代を先取りしていたことは間違いない。

yjimage[2]


ベストセラー『にんげんだもの』(相田みつを著、文化出版局、1984年)の出版プロデュースをしたのも松本さんで、母校の文化服装学院の出版社に「売れない場合は全て私が責任を取ります」と強行した。
癒しの書と文で名をあげた《相田みつを》もまた、松本さん無しでは有り得なかった。
サントピアのテナント総会で《相田みつを》の詩を朗読し、記念品として『にんげんだもの』が配られたが、朗読の音程や抑揚は役者以上の出来で、聞き人達に多くの感動を与えた。
本人が感動しているからこそ、他人にも影響を与えたのだ。
その点で、とても純真なかただった。

サントピアのポスターの一枚に『ハラハラ・ドキドキは僕が教えてあげる』とのコピーで百人以上の幼稚園児の顏」が写されたポスターは今でも印象に残る。

ポスターコレクションの数は2万点にも及ぶようだが、本展はこのコレクションより、カンディンスキーやマレーヴィチといった著名な画家や、ステンベルク兄弟、ロトチェンコなどのロシア・アヴァンギャルドのデザイナーたちが手掛けたものなど約180点を紹介しされていた。
社会の変革期に花開いたポスター芸術の多様性を概観できたが、特にスターリンが出現する前、平等で豊かな理想の社会を作り出そうとした時代の作品は魅力的だった。

  1. 2014/10/29(水) 19:55:10|
  2. 人と作品
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

お米祭り@「momohana」水戸市中河内

お米祭り@「momohana」水戸市中河内

PA251088.jpg

PA251102.jpg

PA251103.jpg

10月25日(土)「七つ洞公園」で開催された「ケルティクハロウィン」に向かう時、国道118号線(瓜連・大子にむかう)の千歳橋を渡って、大きく右に曲がるカーブの辺りに「米まつり」「米ランチ」の幟が立っていた。
ここは雑貨やアクセサリー、木工品等の展示販売をしている「momohana」。
木造の白い建物なので、カフェと間違えられるらしいがギャラリーだ。
2012年11月23日~12月2日に開催された『菊池聡 書展―筆走るー』を観に来てから、足を運ぶ様になったが、土・日・月曜の3日間しか営業しない。
最近、野菜の販売も始めたとの案内状を戴いた。

PA251104.jpg

PA251098.jpg

お米と野菜の生産農家さんもが。大根とねぎの帽子をかぶってお手伝い。


「七つ洞公園」までの道中なので立ち寄ったのだが、10月25・26日と11月1・2日は「米まつり」と称して、特別にお米の販売とランチ営業とのこと。
三軒の農家さんが作った米を販売していた。


PA251100.jpg

① Tsunagaru野菜・石川     水戸市柳河町産
② FARM MIZUGAKI      常陸太田市下河合産
③ 岩崎征男さんの県認定特別栽培米  水戸市中河内町産

PA251093.jpg

「Tsunagaru野菜・石川」さんのお米袋にムラナギさんの絵が描かれた袋入りもある。
壁面にはムラナギさんの作品がかけられていた。

PA251101.jpg

羽釜で炊いたお米のおにぎりのランチセットが有るというので、「七つ洞公園」で何か食べよう、の予定を変更して注文。

PA251091.jpg

サラダはご自由に。

PA251097.jpg

PA251094.jpg

このセットで600円はお安い。
羽釜で炊いたご飯を、ヒゲカワで包んだ「おにぎり」は格別の味。

今週末の11月1日と2日も、11:30~14:00ぐらいまで、同様のランチが提供される。

再訪したいところだが、1日は13:00キックオフで横浜FC戦だ。
何としても、この試合は勝ちたいから、何が何でも行かねばならぬ。

2日(日)どなたかをお誘いして、行くとしよう。
  1. 2014/10/28(火) 14:29:27|
  2. イヴェント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

水戸市植物公園@ 水戸市小吹町

水戸市植物公園@ 水戸市小吹町

PA261153.jpg


10月下旬から11月は紅葉も見頃で行楽地は賑わう。
水戸市内でも七ツ洞公園の「ケルテイック・フェスティバル」、第104回「くろばね朝市」、千波湖でのスポーツやふれあいひろば、ストリートライブ。
城里町のサテライトで「水戸のそば祭り」など行事の数々。

ケーズデンキスタジアム水戸では「カマタマーレ讃岐」を迎えてのホームゲーム。
「カマタマーレ讃岐」は四国の高松市と丸亀市を拠点とするチーム。
水戸藩と高松藩は兄弟藩だから兄弟対決と云う事になる。
名園として名高い「栗林公園」は水戸の「偕楽園」よりも歴史が古い大名庭園で「特別名勝」に指定されている。
Jリーグは相互の街で試合をするのが約束事。
来年はぜひとも高松を訪れたい。

PA261141.jpg

キックオフまもない時間、航空自衛隊の「ブルーインパルス」の編隊が上空に。
一瞬、試合を祝しての飛来か、と思ったが、あっという間に過ぎ去った。
百里基地に向かったようだ。(オーロラヴィジョンの上に微かに写っている)


多くの方々の来水を期待したが、サポーターの総数は50名位であったろうか。
讃岐うどんの提供をはじめとするイベントも組まれたが、入場者数は3,444人。
試合は0-0の引き分けだったが、見どころのない凡戦。

1時キックオフのゲームなので、終了後は車を駐車した「水戸市植物公園」に。
植物公園は、隣接する清掃工場の余熱利用施設のひとつとして、1987年に開園した施設で単なる「植物園」とは異なり、憩いの場としての性格が強いので、四季折々、訪れる楽しみがある。

駐車場のモミジバフウの紅葉が始まりました。
PA261154.jpg

ゴールシーンが見られなかった、観戦帰りのサポーターの足取りは重い。


PA261143.jpg

テラスガーデンから、桂は殆どが落葉した。

PA261145.jpg

サルビアガーデンフェアが開催中。
赤や黄色の珍しいサルビアが沢山。

PA261147.jpg

秋の水戸藩にまつわる薬草展の「サラシナショウマ」
白の穂と香りが素晴らしい。

PA261150.jpg

瓢箪池の周りは全て「ラクショウ」紅葉が見事。
留鳥の鴨のつがいが常時居ます。

単発のイベントの効果を認めないわけではないが、恒常的な施設に四季を問わず訪れるリピーターが増えることの大切だ。
  1. 2014/10/27(月) 22:08:35|
  2. 庭園・公園
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

たかはし よういち

Author:たかはし よういち
離俗の世界に憧れながら、市井の片隅でうごめいています。
ささやかなモノやコトに幸せを感じます。
私が別に運営している「西の谷万葉公園を美しく」のブログは、以下のリンクからアクセスしてください。
重複する記事も有りますが、自然を大切に、簡素な生活を。
の気持ちを大切にしたいと思います。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する