よーちゃんの雑記帳  

街と人との出会いが楽しみ。

ヂョン・ヨンドゥ をよんでみる。@水戸のキワマリ荘

ヂョン・ヨンドゥ をよんでみる。@水戸のキワマリ荘
2014年8月3日 17:30~19:00


P7310436.jpg

明日(8月1日)から3日まで「水戸黄門まつり」が開催される。
提灯や竹飾りも出来て祭りの気分も盛り上がる。
幕開けは、千波湖畔の花火大会だが、天気予報は曇りないしは雨。
荒天の際は次週の8日(金)に順延となる。

8月2日・3日・9日・10日に国営ひたち海浜公園で開催される「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2014」は今年で15回目。
日本中に知られる大イベントとなった。
この期間中、ひたちなか市を始め水戸市を含めた周辺の市町村の宿泊施設は満杯で予約は不可の状況だ。

P7310435.jpg


水戸芸術館では8月2日[土]~ 10月19日[日]まで「近所の地球」と題した鈴木康広の展覧会が開催される。
彼の代表作品と新作によって構成されるが、「パラパラマンガ商店街 in 水戸」など、市街を新しい視点から表現する作品もあるようだ。

水戸芸術館の現代美術ギャラリー11月からの企画は「ヂョン・ヨンドゥ」展。
作家は既に水戸に滞在し、取材や制作を始めているとのこと。
連続して、作家が滞在しての制作による展覧会になりそう。

P7310437.jpg

水戸のキワマリ荘では写真家の松本美枝子を聞き手にトークショーを開催する。
会費は500円、事前の予約は不要で当日の支払いでOK.
8月3日(日)17:30~19:00


多様化した現代社会では、同時進行で各種の催事が行われる。
何を選択するかは、自分自身だ。
  1. 2014/07/31(木) 20:58:22|
  2. 人と作品
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

全国の高校生の文化祭@茨城県内各地

全国の高校生の文化祭@茨城県内各地

P7310417.jpg


7月27日から今日(31日)迄、茨城県内の各地で「いばらき総文2014~第38回全国高等学校総合文化祭茨城大会~」が開催された。
高校生文化部のインターハイとも呼ばれる藝術文化の祭典で、日本全国から高校生が集結し、演劇や吹奏楽などの発表や美術工芸などの展示も開かれた。
水戸市内でも赤のTシャツを着た関係者を数多く見かけた。

P7300404.jpg

(申し訳ありませんが、何処の高校か聞きもらしました)

30日のケーズデンキスタジアム水戸でのV・ファーレン長崎戦のゲート前でマーチングバンドのドラムが披露された。
ハーフタイムにも演奏されたが、試合を鼓舞する迫力があった。

試合は残念ながら0-0の引き分け。
夕暮れからの始まった試合は、爽やかな風が吹き渡った。


P7310432.jpg

P7310430.jpg

P7310427.jpg


P7310424.jpg

P7310420.jpg

最終日の今日、茨城県立近代美術館の美術と工芸の展示を観たが、県展・市展のレベル以上の作品が、多数展示されていたのは驚嘆に値する。
高校生の美的感覚の向上は現代社会を反映している。


開催期間が5日間と云うのはもったいないが、高校生ゆえ仕方あるまい。

P7310434.jpg

近美の前の広場には、お土産販売のテントも立ち並んだ。
土産品に勝る大きな土産を高校生諸君は持ち帰るであろう。


  1. 2014/07/31(木) 18:32:10|
  2. 美術展
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「水戸黄門まつり花火大会」@水戸市南町2-3-25 アットワークビル屋上

「水戸黄門まつり花火大会」@水戸市南町2-3-25 アットワークビル屋上

10440246_668378569878397_3057118637904615692_n[1]


水戸市内の国道を跨ぐように祭りの提灯がつりさげられ、祭りの雰囲気が出てきた。
「水戸黄門まつり」は昭和36年に始まりで、毎年8月の第1金・土・日の3日間開催されている。
「七夕まつり」から始まって、何年かおきに見直しがなされ現在の形になった。
神社・仏閣の祭りが起源ではないから、ごった煮的で、何でもアリがこの祭りの特徴といえる。
祭りに定型はないから、これはこれで良いのだろう。

当初から変わらないのが千波湖畔の花火大会。
19:30~20:30の1時間に、約4,500発以上の花火が打ち上げられる。
大震災以降は時間が30分縮小され、いくらか物足りないが日本一ともいえる地元の「野村煙火工業」が打ち上げる花火は見ごたえがある。

《何処で観る・誰と観る。》は例年異なり定型が無い。
昨年、アットワークビル屋上の鑑賞会に参加した。
Tシャツを購入し、着用するか持参すると屋上の会場に入場できる。
飲み食い自由、と云う気楽な集い。
更には、ライブ演奏なども。

今年も、参加しようと思いTシャツを購入した。

僕の昔からの友人、杉浦時彦さんが社長を務める「アットワークグループ」は水戸市の南町界隈をメインに15店舗位を展開するセレクトショップ。
店ごとの独自のポリシーと品揃えで、健闘している。
低価格と寡占化が続く現代に、独自路線を貫くのは至難の業。
あえて、特色を出せる原因は、杉浦社長の力も大きいが、従業員のやる気が大きい。
年に何度かのイベントを開催するが、全て社員の企画運営。
スポンサー等の協力は有るが、ほぼ自前。
笠間の「磯蔵」の酒のイベントもそうだが、補助金など当てにしないで行う独自の企画が街を動かすのだと思う。

  1. 2014/07/30(水) 14:49:37|
  2. イヴェント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

V・ファーレン長崎を迎え19:00キックオフ

V・ファーレン長崎を迎え19:00キックオフ

10552524_701144823306072_4706281150353627595_n[1]


27日午後からの爆弾低気圧による豪雨からいくらかしのぎ易くなった。
前日、26日の夜の南町広場での水戸ホーリーホックとロアッソ熊本のパブリックビュー、前半終盤に先制するも、後半に逆転され1-2で敗れてしまった。

熊本「うまかな・よかなスタジアム」の観衆は10232人。
サポーターの熱気が画面からも伝わった。
4連敗中の熊本を立ち直らせたのは応援に他ならない。

明日、30日はV・ファーレン長崎を迎えてのホームゲーム。
祭りを前にした、今年唯一、平日のナイトゲーム。

1万以上とは望まないが、せめて6000人であることを!
  1. 2014/07/29(火) 21:54:12|
  2. 水戸ホリーホック
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「32CAMP」の準備が進んでいます@ 西の谷緑地公園

「32CAMP」の準備が進んでいます@ 西の谷緑地公園


10498625_595397650575914_6621659787516243329_o[1]

8月2日(土)14:00頃~3日(日)12:00頃まで西の谷緑地公園で宿泊型対話イベント「32CAMP」を開催される。
「公園でのキャンプ体験を共有し私たちを取り巻く環境について改めてゆっくりと話す場を設けます。」との意図をもって開催され、今回で3回目。

今年のテーマは「場と間」。

P7270399.jpg


P7270402.jpg


開催に向けて西の谷緑地の草刈りや整備が進行中。
道路や公園の維持管理は市町村にとって、大きな財政負担を生じる。
従って、作る予算より維持管理費が重要と云うことを関係者は肝に銘じてほしい。

今日(27日)午後から寒冷前線の移動による嵐の様な雷となった。
1時間位で通過したが、整備中の西の谷も草がなぎ倒され、枯れ枝が散乱するなどの被害を受けた。
8月1日夜の「花火大会」迄に整備完了、という予定だろうが、充分の手入れを望む。

P7270401.jpg


P7270400.jpg

緑地の片側の水路に<蛍>を飛ばそうとの案で、水路整備がされたようだが、今回の雨で落ち葉や枝も溜まってしまった。

今回の開催期日は「水戸黄門祭り」に重なる。
これを機会に、多くの人達が参加することを望む。

宿泊型対話イベント「32CAMP」を体験されると同時に、公園や緑地の重要性と維持管理についても充分の認識を持ってもらいたい、と思っている。

  1. 2014/07/27(日) 21:22:12|
  2. 西の谷
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

上田薫のスーパーリアリズム@水戸市立博物館

上田薫のスーパーリアリズム@水戸市立博物館

10447410_660303864064358_5320114819351543285_n[1]


関東甲信地方は7月22日に梅雨明けした、とのことだが連日猛暑が続いている。夏休みに入って、海も山も大賑わいのようだ。
美術館や博物館も子供を対象とした企画が組まれている。
水戸市立博物館では
「ふしぎ ふしぎ 超リアル! 上田薫のスーパーリアリズム」
と題する展覧会が、7月20日~8月31日迄開催される。


2012050823114745c[1]

上田薫さんはスーパーリアリズムの巨匠として知られている。
ステンレスのナイフやフォーク、スプーンの輝き。
卵が割れて殻から滑り落ちてくる。

ueda-egg_20140726225524c3c.jpg


ゼリーがプリプリ・プルーンと巨大な画面に写真のように描かれている。
近づいて見れば写真ではなく油絵。

始めてみた時は誰もがわが眼を疑う。

上田さんは、1985年から1992年迄の7年間は茨城大学教授を務められ水戸市に住まわれていた。
丁度、水戸芸術館の開館する頃で、上田薫さんはじめ茨城大学の諸先生方にも美術関係ご意見をお伺したようだ。
その結果は水戸芸術館の「現代美術ギャラリー」の運営に生かされている。

2011年に開催された「CAFE in Mito 2011 ― かかわりの色いろ」展に際しては自作を何点か寄贈された。


P1060240[1]

その時の自作前での写真。
奥様の上田葉子さんはキルト作家として知られている。

茨城大学を退官されて相模原に転居し、近年に鎌倉に移り住んでいる。

2012年4月、鎌倉の鶴岡八幡宮を眼下に見る丘の上の住まいとアトリエを訪ねた。温厚な人柄で淡々と人生を送られている。
お元気で新たな作品に取り組まれている姿を拝見し、心強く感じた。

CA3G0116_2014072622520744a.jpg

アトリエを拝見したのち、孟宗の竹林で有名な報国寺にご案内頂いた。

東京生まれの上田さんは、幼いころからの憧れの鎌倉での暮らしを愉しまれているようだった。

水戸に移られて間もなくの頃からのご縁ゆえに、今回の展覧会は嬉しい。
「上田薫の世界」を多くの方に感じて戴ければ、と思っている。


  1. 2014/07/26(土) 23:01:11|
  2. 美術展
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

たかはし よういち

Author:たかはし よういち
離俗の世界に憧れながら、市井の片隅でうごめいています。
ささやかなモノやコトに幸せを感じます。
私が別に運営している「西の谷万葉公園を美しく」のブログは、以下のリンクからアクセスしてください。
重複する記事も有りますが、自然を大切に、簡素な生活を。
の気持ちを大切にしたいと思います。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する