よーちゃんの雑記帳  

街と人との出会いが楽しみ。

板谷波山展@茨城県陶芸美術館

板谷波山展@茨城県陶芸美術館

PA300242.jpg

PA300252.jpg

PA300243.jpg

笠間は「菊まつり」を開催中。

日本の近代陶芸の開拓者、板谷波山(1872-1963)は茨城県真壁郡下館町( 現・筑西市) に生まれ,陶芸家としては初の文化勲章受章者となった方だ。
理想の陶磁器づくりのためには一切の妥協を許さなかった波山の生涯は映画『HAZAN』(2004年公開)、『波山をたどる旅』(2013年公開)で紹介され知る機会が増えたが、全体像を知る機会はなかった。

今回の展覧会は近年の研究成果をふまえ、作品約160 点と資料約50 件を
第1 章修業期
第2 章高揚期
第3 章完成期
第4 章円熟期
に分けて紹介している。

開校まもない東京美術学校で木彫を学んだ彫刻作品。
教師として赴任した石川県工業学校で本格的に陶磁の研究を始め、最新の釉薬技術と西洋のアール・ヌーヴォー図案から多くを学んだデッサンやデザイン。

明治36 年, 陶芸家として独立することを決心して東京に戻り、田端に築窯し
郷里の筑波山に因んで「波山」と号した。

PA300246.jpg

PA300251.jpg

PA300247.jpg

PA300248.jpg

PA300250.jpg

映画ロケの為に復元・制作された住居や窯場が、陶芸美術館の庭に移され公開されている。


代表作となる「葆光彩磁」の技法による作品。
晩円年かけて、中国古陶磁に発想の因を得た作品や茶道具の類。
作品に至る下図等、通常の展示では見られない資料等も興味深かった。

期間中に音楽会、ゆかりの地を巡るバスツアー、講演会、映画会等、多彩なプログラムも用意されている。
今年の紅葉は遅れているからこれからが見頃。
盆地の笠間は、周辺を山に囲まれ水戸とは一味違う。
会期中、何度か訪れたい。

PA300253.jpg

笠間に行ったら「鳥文」の焼き鳥をお持ち帰り。
家に戻っての、”焼き鳥丼”も楽しみです。
  1. 2013/10/31(木) 12:11:08|
  2. 展覧会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

中谷宇吉郎の森羅万象帖 展@LIXILギャラリー

中谷宇吉郎の森羅万象帖 展@LIXILギャラリー

CA3G0006_20131029001704273.jpg

CA3G0005_20131029001705040.jpg

東京には大学や企業の運営する美術館や博物館やギャラリーが沢山ある。
それぞれ独自の視点で蒐集・運営されている。
入場料も無料か或いは心づけ程度の値段だから有り難い。

中央区京橋の「INAXギャラリー」が改装され「LIXILギャラリー」と名前も変った。
これまでも、陶器、絵画、彫刻、映像表現と多様な企画展や、斬新な作品が紹介されてきた。新たになっても、これまでの運営方針は変わらないようだ。
散歩のついでに立ち寄るには格好の場所だ。
鹿島アントラーズの胸のロゴ「LIXIL」の会社で、トステム・INAX・ 新日軽・
.サンウエーブ等住まいと暮らしのトップブランドが一つになって生まれた会社とのことだが、専門外だから詳しくは分からないが、鹿島の応援をはじめとして発展することを期待している。

「雪は天から送られた手紙である」という有名な言葉で知られる科学者・中谷宇吉郎(1900~62年)自然現象を捉えた写真、スケッチ、科学映画など宇吉郎や彼の研究室が残した貴重な資料が展示されている。
火花放電や雪の結晶など、当時のカメラでよく撮影できたと思う映像が張り付けられた研究ノートが沢山展示されている。
研究の内容は理解できなくとも、中谷宇吉郎の科学に対する姿勢や自然に対する眼差しをくみ取れ、ただ、感心するばかりだった。

  1. 2013/10/29(火) 00:18:21|
  2. 展覧会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

フォトギャラリー ・アルティザン @文京区 駒込6-15-8エルピスビル

フォトギャラリー ・アルティザン @文京区 駒込6-15-8エルピスビル

PA190142.jpg

PA190143.jpg

携帯電話のカメラで充分な時代となった。
1万円台のデジカメが、使いこなせない程の機能が満載されている。
タブレットで撮影も出来るし、ある程度の大きさで見られるから、写真をプリントすることも無くなった。
とは言え、機材の変化や誤作動で映像が飛んでしまう可能性があるから、重要なものはプリントしておいた方が良いと思うが、実行出来ていない。

ギャラリーや集会施設で、写真展を観る機会があるが、写真独自の魅力がある。
最近、色彩が強烈でプラスチック状の本体にプリントされたものも多い。
どうせなら、フィルムを使うカメラで撮影し、銀塩写真のようなプリントの写真が見たい。

六義園に隣接した本郷通り沿いに面した場所に、写真家の清永安雄氏が写真文化の発展のため、2010年夏にフォトギャラリーをオープンした。
1Fでは主に写真や書籍等を販売、2Fは広々とした展示スペース。

通りがかりに覗いて見るが、展示されたプリント写真が手軽な値段で販売されている。2階の時代の先端を行くような企画展も開催される。

この様な店は東京においても数少なく好評らしい。
今年の春には京都の岡崎、平安神宮の大鳥居を臨む三条神宮道沿いに出店されたとのことだ。

  1. 2013/10/26(土) 13:00:21|
  2. 展覧会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

天麩羅「神田はちまき」@神田神保町・すずらん通り

天麩羅「神田はちまき」@神田神保町・すずらん通り

PA190129.jpg

まつやの焼き鳥で小腹を満たし、すずらん通りに。
神保町は世界一の古書街と思う。
戦争で焼けなかった古き良き建物も多いが、徐々に取り壊され新しいビルが目立つようになった。
これも時代の流れなのだろう。
本もあまり読まず、愛書家ではないが、古書街の独特の雰囲気が好きだ。
更に、老舗の飲食店も魅力。

PA190141.jpg

以前から気になっていた天麩羅屋さんだが、店頭に「新米入荷・茨城産コシヒカリ」「築地直送・生き穴子」看板を見かけた。
暖簾には「昭和六年創業・天麩羅はちまき」とある。

チョイ飲みのついでにもう一杯。

PA190135.jpg
此処も「菊正宗」だ。
「布留遺跡展」のチラシを見ながら、チビリチビリと杯を傾ける。

PA190132.jpg

カウンター越しにご主人と少しばかり話を伺った。
創業は昭和六年、初代は神田明神下の高級料亭で15年ほど修業を積んだ後にこの地に開業し、当代は三代目とのこと。

PA190136.jpg

海老は芯の所が幾らか生のようで、海老の旨味が生きている。

PA190140.jpg

穴子海老天丼はキスも付いた。

丼物はタレが命。カツオ、昆布、みりん、塩などの混ぜ具合に拘りが感じられる。余り辛くなく、色も薄めで、いい感じだ。

土地柄、以前は小説家などが多かったらしく、写真や色紙が飾られていた。
後日談だが、猿楽町出身のTさんは「こちらのお店は地元でよく行きます。とっても安くて旨い!!火消しの倅だった関口宏のお父さんが、常連であったことでも有名な店です」とのこと。
  1. 2013/10/25(金) 23:44:25|
  2. 散歩
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

神田まつや@神田須田町

神田まつや@神田須田町

PA190121.jpg

PA190122.jpg


池波正太郎(1923年- 1990年)は戦後を代表する時代小説・歴史小説作家。
『鬼平犯科帳』『剣客商売』『仕掛 人・藤枝梅安』『真田太平記』など、戦国・江戸時代を舞台にした時代小説を次々に発表した。没後10年以上を過ぎても、人気が高く、テレビや舞台で再放送や再演されている。

台東区生涯学習センターの「池波正太郎記念文庫」や上田市の「池波正太郎真田太平記館」を訪ね、再現された書斎や資料を拝見したこともある。

『散歩のとき何か食べたくなって』や『むかしの味』等の随筆集は好きで、昔からの食文化を教えられることが沢山ある。

本を読んで、須田町近辺の甘見処「竹むら」、鳥鍋「ぼたん」、あんこう鍋「いせ源」、神田藪蕎麦、神田まつやなどを知った。
神田司町の会社に1年位、勤務したこともあるが、当時は知らなかった。
あんこう鍋「いせ源」には、まだ行ったことが無い。
残念なことに、神田藪蕎麦は火災で焼けてしまい現在は休業中。

御茶ノ水~錦町辺りを散策し、さて次はと考えた時、まさに『散歩のとき何か食べたくなって』、神田まつやに。
PA190123.jpg

店舗は関東大震災後の1925年(大正14年)に建築された木造2階建て。
奇跡的に戦災を免れたエリアで、「ぼたん」「いせ源」「竹むら」などもどうようだろう。
何時も込み合っているが、神田藪蕎麦が火災後再建されていないから、更に混むようだ。
東京の老舗に共通だが、店員さんの客あしらいが素晴らしく、次々と客をさばいていく。そのタイミングやテンポの良さは小気味いい。

PA190124.jpg

燗酒、これまた「菊正宗」を出す店がおおいように思う。
アテとして供される、そば味噌をチビチビとやりながら焼き鳥をまつ。

PA190125.jpg

程よく乗った脂と、歯ごたえの良い焼き上がりとたれのバランス。

次にカレー南蛮、とも思ったが散歩の途中、これだけで切り上げた。
昼酒を、ちびり。
これまた蕎麦屋の楽しさ。

  1. 2013/10/25(金) 11:08:44|
  2. 散歩
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

明治大学博物館@神田駿河台

明治大学博物館@神田駿河台

PA190119.jpg

PA190106.jpg

50年前頃の話だが、フランス語を習おうと御茶ノ水の「アテネフランセに」の夜間の教室に週1回通った。1年ぐらいしか続かなかったが、文化学院の建物やマロニエの街路樹など、フランス映画が思い浮かぶような気分だった。
ジャズ喫茶やシャンソン喫茶「ジロー」(この店は今でもあるようだ)などにも良く行った。時には、神保町方面に降る坂道の途中の明治の学食でカレーなども食べた。坂を下った辺りに、白いピアノがあるシャンソニエにも何度か行った。学生の町だが、静かで落ち着いた雰囲気があった。

最近、神保町界隈を散策する機会が増えた。
路地裏には昔ながらの店が残っているが、御茶ノ水駅からの表通りは全く変わったが。
明治大学はリバティータワーとアカデミーコモンと云う高層ビルが出来た。
アカデミーコモンの地下に「明治大学博物館」があると知り訪ねた。
明治大学の前身は「明治法律学校」。
建学の精神「権利自由,独立自治」に基づき、自由と自治の精神を養うための設備として博物館を開設したらしい。

PA190118.jpg

館の案内パンフレットには
私たちの博物館には3つの部門があり,それぞれ異なる由来をもっています。商品部門は「商品博物館」を前身として商品を通した生活文化のあり方を,刑事部門は「刑事博物館」を前身として法と人権を考えます。考古部門は「考古学博物館」を前身とし,人類の過去と多様性を取り上げています。
とある。考古部門は茨城県内の貝塚や古墳の発掘に沢山関わっており、そこからの出土品なども多数展示されていた。

PA190103.jpg
中国の古代の鏡の特別展示がされていたが1級品揃いだ。

刑事部門の拷問具などはこの博物館ならでの資料らしい。
PA190107.jpg
別室の特別展 天平の華 東大寺と国分寺(2013年10月19日~12月12日)
は、主に古瓦などが展示されていたが、古瓦が大好きな私は興味が尽きなかった。

反対側の通路の奥には「阿久悠記念館」が在った。
PA190117.jpg
阿久悠記念館について《館資料には》
日本を代表する作詞家・作家阿久悠は、だれもが知る多数の歌謡曲の作詞を手がけました。その数は5,000曲以上におよびます。都はるみの『北の宿から』、沢田研二の『勝手にしやがれ』、ピンク・レディーの『UFO』などの大ヒット曲をはじめ、アニメソングやCM曲まで幅広いジャンルでヒット曲を数々世に送り出してきました。日本レコード大賞受賞は史上最多の5回、シングルレコードの売り上げは6,800万枚を越え、史上1位です。

 その活躍は作詞のみにとどまらず、直木賞候補となった『瀬戸内少年野球団』をはじめとする小説作品や、アフォリズム(警句)の手法を駆使したエッセイ、詩歌を多数発表し、作家として多大な業績を残しました。

 2010年、ご遺族から、自筆原稿をはじめとする阿久関係資料およそ1万点が寄贈されたことを受け、同氏の業績をたたえるとともに、その遺産を次世代に継承していくために阿久悠記念館をオープンさせることとなりました。

  1. 2013/10/24(木) 17:09:04|
  2. 博物館
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

たかはし よういち

Author:たかはし よういち
離俗の世界に憧れながら、市井の片隅でうごめいています。
ささやかなモノやコトに幸せを感じます。
私が別に運営している「西の谷万葉公園を美しく」のブログは、以下のリンクからアクセスしてください。
重複する記事も有りますが、自然を大切に、簡素な生活を。
の気持ちを大切にしたいと思います。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する