よーちゃんの雑記帳  

街と人との出会いが楽しみ。

32CAMP始まりました@西の谷緑地

32CAMP始まりました@西の谷緑地

IMG_3758_20130831144309528.jpg

IMG_3751_2013083114431165a.jpg

IMG_3750.jpg

昨日に続き暑いですが、快晴です。
西の谷の「32CAMP」始まりました。
未だお客さんは少ないようですが、これから集まるでしょう。

IMG_3764.jpg

IMG_3763.jpg

IMG_3762.jpg

IMG_3761.jpg

飲食と物販の出店は少ないようですが、山の料理人の料理教室などやワークショップやライブ演奏、キャンプファイヤーを囲みながら対話を重ねる「てつがくキャンプ」、トークセッションなども有るようです。

IMG_3759.jpg


夕方からがメインでしょうが、ご都合のつく時間帯に覗くなり参加するなりご自由に。
西の谷を舞台に楽しい集いになることを期待してます。
  1. 2013/08/31(土) 14:49:40|
  2. 西の谷
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

32CAMPの準備が整いました@西の谷

32CAMPの準備が整いました@西の谷

P8310164.jpg


昨日(30日)の水戸は最高気温36,3度で今夏の最高記録だった。
ホテル・ザ・ウエストヒルズ・水戸での映画「じんじん」の試写会は正に[じんじん]と心に響く映画で涙が止まらなかった。


昨夜、一時的に雨に見舞われた影響か、今朝は幾分涼しい。
今日・明日に西の谷で開かれる「32CAMP」の状況を確認に行った。
昨日の夕方から始まっていた準備活動、一時の雨で遮られたかもしれないが、今日からの本番の準備は整ったようだ。

物販や飲食の屋台も出る予定だが、夜は映画やキャンプファイヤー。
さらには「トークセッション」「てつがくキャンプ」など盛り沢山。

P8310163.jpg
今晩の22時〜は【サイレントディスコ】
DJ MIX NOISE DJ SYN  DJ YASU
DJ KIKUCHI(LIGHTS OUT RECORDS)※昼の出演
DJ HINACLE(秘密の宮廷ゴールデンタイム)※昼の出演
これは昨年も開催された無音で躍る不思議なディスコ空間。
ヘッドフォン、イヤフォンでDJを聞きながら踊る。

準備前の早朝の西の谷の風景を。

P8310161.jpg
電源となる発電機も準備完了。
P8310160.jpg
昨晩から、宿泊したようです。

P8310165.jpg
昨年同様、木の橋の所に歓迎のアーチ。
両側の草刈りは、間に合わずボサヤブ状態です。
この催事が終了したら行うのでしょう。

P8310167.jpg
京成百貨店方向から、西の谷入り口。
この鋪道、これでも、いくらか草抜きをしました。
市ではこの部分は何もしません。
  1. 2013/08/31(土) 08:56:42|
  2. 庭園・公園
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ホテル・ザ・ウエストヒルズ・水戸 @水戸市大工町

ホテル・ザ・ウエストヒルズ・水戸 @水戸市大工町

CA3G0135_2013083020141719a.jpg

CA3G0138_20130830201415c2b.jpg

大地康雄が企画と主演を務めた映画「じんじん」の試写会。
絵本の里として知られる北海道上川郡剣淵町がメインの舞台だが、物語ばかりでなく、向日葵の畑や想像もつかないような北海道の星空の美しさも見所。
さらには、松島の瑞巌寺なども舞台となって、一度は訪ねたいとおもった。

大地康雄が扮する主人公は「ガマの油売り」の大道芸人で、『男はつらいよ』のフーテンの寅さん的な人物。離婚して会うことが無かった娘との再会話だが、笑も随所にちりばめられている。
親子や家族、幼馴染などが主題で、なんども何度も涙が流れてとまらなかった。
助演が主な大地康雄の見事な主演者ぶりに感動した映画だった。
とにかく、久し振りにいい映画を観させてもらった、と感謝したい。

ホテル・ザ・ウエストヒルズの中に足を踏み入れたのは初めてなので、せっかくの機会と係りの方におことわりして、少しだけ拝見した。

CA3G0145_20130830201318a44.jpg
1階には小さなショップが、もっと多くの店が有ればなお楽しいかな、とも。

CA3G0143_20130830201321619.jpg
チャペル棟への階段。

CA3G0142_20130830201322cb6.jpg
チャペル。

CA3G0139_20130830201414009.jpg

CA3G0144_20130830201319465.jpg

CA3G0140_20130830201324325.jpg

戸田和子さんのレリーフや彫刻が各所に配されていた。

やっと出来上がった施設だ。
多くの機会に利用し、盛り上げたい。

  1. 2013/08/30(金) 20:19:53|
  2. 水戸
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

映画「じんじん」@ホテル・ザ・ウエストヒルズ・水戸

映画「じんじん」@ホテル・ザ・ウエストヒルズ・水戸
8月30日(金)14:00~2Fコンベンションホール

映画『じんじん』


水戸市大工町の再開発事業は構想から数十年、具体化してしてからも20年位経過した本年(2013年)5月1日(水)にオープンした。再開発事業区域の周辺道路について8月1日(木)に全線通行可能になった。

4棟の建築物(ホテル棟・テナント棟・住宅棟・駐車場棟)と隣接する市道の拡幅、1本の自由通路という構想が実現したわけだ。
地上15階、全100戸南向きの分譲マンションは即日完売の様な状況であったと報じられたから、先ずはめでたしだ。
公費が30億以上つぎ込まれたのだから、成功してもらわなければならない。
更に。計画期間中に大工町の商店街は壊滅状態になってしまったのだから、何としても栄えて貰わなければ、何のための再開発かが問われる。
業務棟はボチボチと埋まりつつあるらしいが、時間が掛かりそう。

一番問題はホテルだろう。
全国的に安いホテルチェーンが競い合う状態。
都会でも5000円以下で泊まれるホテルがどこにもある。
ホテルの顏の結婚式場や宴会はチャペル型の式場が主流。
簡素化の流れで、大きなレセプションはまずない時代。
これらを、どう乗り切るのか。
ある面で、都市ホテルの役目は少なくなった時代に開業したのだから企画力が問われる。
一つの方策として、『映画』に取り組んでいるようだ。
8月8日(木)の19:00〜20:00に自由通路で、シネポートシアターMITO 第二回上映会 〜ナツノヨルノ カツドウシャシン〜が開かれた。
『ENCOUNTERS』と『赤い風船』の2本が上映されたが、スクリーンの大きさや音響などの問題があったにしても、成功だった。
9月27日は「ローマの休日の上映、テル特製デザート付のプレミアムチケットが発売中。

今日の14:00は2Fコンベンションホールで「じんじん」の上映会。
この映画の番宣には

『ミンボーの女』『恋するトマト』などの名バイプレイヤー、大地康雄が企画と主演を務めた心温まるヒューマンドラマ。
絵本の里として知られる北海道上川郡剣淵町をメインの舞台に、最近希薄になりつつある人との出会いの素晴らしさや家族の絆を映し出す。
佐藤B作や中井貴恵、板尾創路や手塚理美らベテラン俳優たちが豪華共演。
多くの時間を割き丁寧に映画を作り上げるスローシネマという方式を取った、人の優しさや善良さに触れる物語に心癒やされる。

とある、いい映画のようだ。
試写会のご案内を戴いたので、これから参上したい。

映画を含め、ホテルの隆盛を願っている。
  1. 2013/08/30(金) 13:09:17|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

地魚とごはんの店「えんやどっと丸」@大洗町港中央9-4

地魚とごはんの店「えんやどっと丸」@大洗町港中央9-4

P8290141.jpg

P8290142.jpg


大洗のアウトレット前の《地魚とごはんの店》えんやどっと丸。

P8290143.jpg

居酒屋のような店名だが、入り口のノレンと石庭は料亭風。
白を基調とした店内は天井も高く、お洒落でゆったりとした店内。

P8290145.jpg

入ってまもなくの窓は屏風なども配した和風の飾り。
~海外デザイナー設計のモダンな和食店~と云うことらしい。

P8290151.jpg

地魚の他、鳥:豚・牛もあり天麩羅や丼とメニューは幅広い。

大洗ならではの「地魚の御膳」

P8290154.jpg

今が旬、皆様ご存じ、大洗の岩牡蠣。
P8290153.jpg

ヒラメと名前が分からなかったが白身のハラスのお造り。

P8290156.jpg

メゴチの天麩羅。
P8290157.jpg

カサゴの煮物、これ一匹で充分満足。

地魚三昧、ご馳走様でした。
  1. 2013/08/29(木) 21:07:59|
  2. 食生活
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

 槙野さやか 展- surface -@ギャラリーしえる

 槙野さやか 展- surface -@ギャラリーしえる
8月27日~9月1日


P8290127.jpg

P8290126.jpg

ガラスを素材にした作家・槙野さやかさんの「surface」と題された個展が開かれている。
Surfaceは、表面を平らにする・磨く、などの意味らしいが、カットした板ガラスを表と裏から磨いて凹凸を付けたり、裏から色を塗ったりした作品が並んでいる。
今まで、何度か観たこれまで作品とはかなり異なり、平面的だ。

P8290136.jpg

P8290135.jpg

P8290133.jpg

P8290132.jpg

P8290131.jpg

壁面に並べたり床に置いたり。

ガラスの透明感や色彩の反射や映り込みでさまざまに変化してみえる。


P8290129.jpg

P8290128.jpg

P8290130.jpg

周りを渋い銀色に塗り、底辺に色を置いた家形のオブジェは観ても楽しいし、文鎮代わりにもなりそう。

残暑厳しい八月の末の画廊、ガラスの色と質感は爽やかだった。

  1. 2013/08/29(木) 15:27:47|
  2. 美術展
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ホームもアウェーもスタジアムで@ケーズデンキスタジアム水戸

ホームもアウェーもスタジアムで@ケーズデンキスタジアム水戸


8月25日(日)コンサドーレ札幌を迎えてのJ2・31節。
水戸ホーリーホックは前半押し気味だったが得点に至らず、後半になって先制した。
気が緩んだか、あれ・あれと瞬く間に3点を献上してしまい1-3で敗れ、順位も10位に後退した。観衆は5,609人。

結果としては残念であったが、リーグ戦の四分の三を戦い、残すは四分の一となった節目の試合、夏休みも終盤のこの日は「常磐大学コラボデー」「笠間市の日」に加えハーフタイムには水戸商工会議所南部ブロックの「必勝花火」の打ち上げなど沢山のイベントがあった。
常磐大学主催のスタジアムイベント、ピッチイベントは高校女子サッカーの試合や吹奏楽演奏、チェアリーデイングなど多彩で楽しめた。
「笠間市の日」笠間名物のお稲荷さん販売、観光大使やユルキャラの登場で街をPR。
試合ごとの周辺の市町村の日も定着した。
老若男女で賑わったこの試合、やっと水戸にもサッカーチームが定着しつあると実感できた嬉しさがあった。

水戸の街が賑わいを取り戻すには?と考えている時、喫茶店主のKさんが「ホーリーホックの観衆が1000とか2000とか言ってるが、それだけ集められるのは、大したもんですよ!コンサートだって2000人は凄いことでしょ」と言われた。考えてみればその通りだ。
2009年にケーズデンキスタジアム水戸(Ksスタ)が竣工し名実ともに水戸のチームになった頃で、サッカーが話題に上ることが多くなった。

ある会合で、沼田 邦郎社長・萩原武久GM・柱谷哲二監督などから話を伺う機会が有って、サッカーを中心とした街づくりは意義あることと思うようになった。更に「日本サッカー協会の「100年構想」も時間をかけてのスポーツ振興やホームタウン主義は街づくり人づくりでもある。

賛同して自分が出来ることはスタジアムに足を運び、応援すること、と思いスタジアムに足を運ぶようになった。

スタジアムに行けば、テレビ中継とは異なって臨場感がある。
メインスタンドよりはバックスタンドのサポーターが居る辺りはなおさらだが、立ちっぱなしでジャンプしながらの体力はないから、その辺りに席を占める。

サポーターは旗や横断幕、さらに太鼓などの楽器を使い、唄いながら声援するが、自然に応援歌や拍手のタイミングなども身についてくる。

当初は他のチームの応援から見たら格段にレベルが低かったが、ここ数年、水戸のサポーター軍団は充実し、J1や外国程ではないにしても、他のチームに引けを取らないレベルに達しつつあるように思える。

今回の札幌のサポーターは首都圏を含めスカイマークの茨城空港経由札幌からも来たようだ。
僕が乗った茨交の水戸駅~競技場のバスの半分以上の乗客が札幌のサポだった。
スタジアムを見回しても、入場者5,609人の1500人位は札幌のサポーターと云う感じがした。

サッカーのゲームの良さはホーム&アウェー方式にある。
相手チームのホームタウンに遠征してその地を観光し名物を食べたり飲んだり。
数回しかないが、宇都宮餃子を食べたり、平塚の市立美術館に行けた。
なるべく多くに機会にと思っているが実現しない。

場所によっては、バスツアーも用意されるから便利だ。
遠方で宿泊すれば、さらなる楽しみもある。
残り試合の一つ位は遠征したい。

冒頭の「ホームもアウェーもスタジアムで」は札幌のサポーターが掲げた横断幕「札幌はホームもアウェーもスタジアムで」(たぶん、そう書いてあったと思う)に感心し、「水戸もホームもアウェーもスタジアムで」でありたい。との願いである。
札幌の皆様有り難う。
  1. 2013/08/29(木) 10:58:44|
  2. 水戸ホリーホック
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

札幌戦 @ケーズデンキスタジアム水戸

札幌戦 @ケーズデンキスタジアム水戸
8月25日(日)18:00~


戦コンサドーレ


21日は福岡を迎え、15本のシュートで主導権を握ったが、最後までゴールを奪えず、スコアレスドローに終わって9位。
明日は8位の札幌と対戦だが、7位から10位までが同じ勝点で並ぶ混戦を抜け出すためにも、勝利しかいらない。

明日は日曜日とあって多くの観客を望みたい。
観客動員でJ2リーグ平均が 6,463人、水戸は4,534人で15位だ。

『7月30日、本拠地のケーズデンキスタジアム水戸の収容人数がJ1クラブライセンスの条件である1万5000人以上という基準を満たさないため、2014年度のJリーグクラブライセンス申請においても前年に引き続きJ2ライセンスの対象となり、2013年度のリーグ戦の成績が6位以内でもJ1への自動昇格もしくはプレーオフ参加の対象とならないこと』と発表されたが、収容人数の前に、観客動員が平均以上でなければ、話にならない。

とはいえ、どの試合もスタジアムの雰囲気は盛り上がっている。
21日の福岡戦、観衆は2826人だったがそれを上回る熱気を感じた。
家族連れ、或いはカップルでゲームを楽しむ雰囲気は真に嬉しくなる。

明日の試合は勝利と観客動員の両方を願う。
  1. 2013/08/24(土) 13:26:46|
  2. 水戸ホリーホック
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

第19回ひたちなか祭り

第19回ひたちなか祭り
8月24日(土)、8月25日(日)


勝田祭り

ひたちなか市在住のSさんから「ひたちなか祭り」のお知らせを戴いた。
以前は「勝田祭り」と呼ばれ、日本一の海苔巻き作り等のイベントが行われた。

今日24日「自衛隊勝田駐屯地内」で野村花火工業による花火大会があるという。
水戸の野村花火は、各地の競技会で優勝している名匠。
8月2日の水戸の花火も最高だった。
明日、25日(日)は「那珂湊勝田巻き(中身納豆かつ太巻き)」と題したのり巻きを1,000人の参加者で一緒に巻き上げるとのことだ。

僕は、明日の午後はケーズデンキスタジアムの札幌戦の応援に行く予定。
試合前のイベントも多いらしいので早めに行きたい。

夏休みも終盤、各地で催事が組まれている。
水戸近隣のひたちなか市・那珂市・大洗町・茨城町・笠間市等どこも兄弟姉妹。
ひとつの街も同然。自分の好みに合わせて訪ね歩くのが一番。
まだまだ暑さは厳しい、熱中症には気を付けよう。
  1. 2013/08/24(土) 08:35:53|
  2. 町歩き
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

西の谷の草刈り始まる@西の谷緑地公園

西の谷の草刈り始まる@西の谷緑地公園

P8230090.jpg

8月31日(土)~9月1日(日)の2日間、西の谷を会場に開かれる宿泊型イベント「32CAMP(ミートゥキャンプ)」が開催される。
会場となる西の谷緑地は夏草が生え茂り、草刈りをしないことには、設営も出来ない。と心配していたが、やっと始まった。
どの程度まで手入れがされるのかは、年によって異なる。
なるべく広範囲に行われ、参加者が安全に過ごせる様な状態になることを願っている。

P8230105.jpg

京成百貨店駐車場方面からの入り口。
看板が目立たないが、遊歩道わきの手入れは難しい場所。
一律に草刈り機で刈り取るわけにはゆかない。
P8230104.jpg

何本かの銀杏の木があるが、実が膨らんできた。
色は緑だが、大きさは充分。

P8230102.jpg
藪ミョウガの花が盛り。

P8230103.jpg

木道の周囲には竹藪なども有り、ここはキチットシタ手入れが必要だが、例年適当に終わってしまう。

P8230093.jpg

桂の木も何本か有るが、今年の暑さで紅葉する前に枯れ葉となってしまった。
公園には、ある程度の散水設備も必要だ。

昨年は雨にたたられ、満足できる内容でなかった。
今回は、開催前日の30日までに草刈りがすべて完了し、滞りなく設営が進み、楽しい集いとなることを期待している。
関係者の皆様、頑張ってください。
  1. 2013/08/23(金) 19:15:31|
  2. 西の谷
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

たかはし よういち

Author:たかはし よういち
離俗の世界に憧れながら、市井の片隅でうごめいています。
ささやかなモノやコトに幸せを感じます。
私が別に運営している「西の谷万葉公園を美しく」のブログは、以下のリンクからアクセスしてください。
重複する記事も有りますが、自然を大切に、簡素な生活を。
の気持ちを大切にしたいと思います。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する