よーちゃんの雑記帳  

街と人との出会いが楽しみ。

大阪の街で

大阪の街で

CA3G0143_20130531122706.jpg
通天閣、食い倒れの街。飲食店が沢山、ド派手な看板。

大阪には数えるほどしか行ったことが無いのに、カラオケで何かうたわなければならない時、上田正樹の『悲しい色やね』 BOROの『大阪で生まれた女』唄った。何故か親しみを感じる街だ。
久し振りに大阪を2日間歩き、少しば大阪がみえた。
また訪れる機会が有ることを願った。

京都は1日で、コンサートの前に亀岡~嵯峨のトロッコ列車に乗り、大河内山荘と天龍寺などをを拝かんした。

大阪と京都は電車で30分程度、距離は近いが食を始め文化的にはかなり異なる様に思った。大阪はエネルギーに満ち、フレンドリーな人柄に思えた、

京都については後日に記事を書くことにして、広い大阪のほんの一部のエリアだが写真を載せて記録としたい。

CA3G0141_20130531122708.jpg

CA3G0134_20130531122709.jpg

大阪市立美術館、「ボストン美術館展」東博でも観たが、再度見直しても新鮮。記憶は不確かだ。

CA3G0052_20130531122711.jpg

道頓堀、グリコの看板。台湾や東南アジアからの観光客が沢山いる感じを受けた。

CA3G0048_20130531122712.jpg
中央公会堂
CA3G0037_20130531122812.jpg
中之島図書館

CA3G0040_20130531122811.jpg
東洋陶磁美術館、旧安宅コレクションが主で世界的な陶磁器を久しぶりに観ることが出来た。

CA3G0033_20130531122813.jpg
老松町の古美術街、ほしいものが沢山ありましたが、お金がありません。

CA3G0028_20130531122814.jpg
天神通りのアーケード街、この様な商店街があちこちにあるのも大阪の魅力。

CA3G0032_20130531122814.jpg
「お初天神」の絵馬、



  1. 2013/05/31(金) 12:49:53|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

串カツ&明石焼き

串カツ&明石焼き

CA3G0026_20130531075736.jpg


京都で開催された「佐竹律香 シャンソンコンサート」を目的の京阪の旅だったが、せっかくの機会、出来るだけ多くの体験をしたいと思った。

幸いなことに、友人のTさんは大阪在住、JR大阪駅中央案内所にて待ち合わせた。
歩いて5分足らず、阪急電車の高架下?間口2間位の小さな飲食店が軒を並べているところに。
大阪と云えば、たこ焼きや串カツが思い浮かぶ。
水戸に暮らしていると、それらを食する機会は少ない。

CA3G0022_20130531075739.jpg

Tさんにお願いし、先ずは「たこ焼き」入った店は「明石焼き」或いは「玉子焼き」とも呼ぶそうで、見た目はタコ焼きで、中身もタコだが、外側は小麦粉でなく玉子焼き。食感の違いは歴然だ。

CA3G0027_20130531075735.jpg

次には串カツの店。
厨房を真ん中に、コの字型にカウンターが取り巻いている。

CA3G0025_20130531075738.jpg

立ち飲み・立ち食いのスタイル。
大阪では一般的なスタイルらしい。
2時頃と中途半端な時間なので空いていたが、夕方は立すいの余地なし、じょうたになるとのことだ。

大降りに刻んだキャベツとソースは底板らしい。
取り混ぜて5本も頼み、生のキャベツをバリバリと食べれば充分だ。

大阪は東京と同じように高層ビルが立ち並らぶが、浪速の人情と活気が伝わってくる感じは大いに異なる。

  1. 2013/05/31(金) 08:00:59|
  2. 街歩き
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

法善寺横丁@天龍山法善寺境内

法善寺横丁@天龍山法善寺境内

CA3G0064_20130530234957.jpg

CA3G0068_20130530234959.jpg


CA3G0069_20130530234959.jpg


正弁丹吾が在る法善寺横丁は織田作之助の小説「夫婦善哉」の舞台として知られ、歌謡曲「月の法善寺横丁」にも歌われた。

CA3G0070_20130530234958.jpg

戦火をくぐり抜けた不動尊、願いを込める人たちがかけた水で、全身に緑の苔がびっしり。

細い路地が東西に伸びる横丁内には、老舗の割烹やバー、お好み焼き、串カツ店などがずらり、風情ある石畳に行き交う足音がコツコツと鳴り響く。
東京なら荒木町、水戸なら「くろばね商店街」と言った風情。(少し、褒めすぎかな?)

CA3G0072_20130530234955.jpg

必ずいますね、可愛い野良猫。


町の繁栄は路地裏にあり!

  1. 2013/05/30(木) 23:54:11|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

正弁丹吾@法善寺横丁

正弁丹吾@法善寺横丁

CA3G0073_20130530224709.jpg



40年ほど前に「大阪M放送」に在籍したFさんのご要望で、久し振りの宴席は法善寺横丁の「正弁丹吾」となった。

法善寺横丁の名前は知っているが、どんなところかは知らず、「正弁丹吾」は聞いたこともない。
店のHPでは田作之助作「夫婦善哉」の中で紹介され、正(ただ)しく,弁(わきま)える,丹(まごころ)のある,吾(わたくしども)」の亭(みせ).と云う事らしい。

予約もしないで、運よく入店したが格式のある店らしく、全てがきちんとしていた。食べて・飲んで素晴らしいんひと時をすごした。

戦前に生まれ戦後に育ったから、食べられることは有り難い。
安比の「シェ・ジャニー」の料理を数年以1回も食べられれば大満足。

ジャニーの店は主にフランス料理だが、ここは和食。
この店の味には感動した。

とは言え、全ての料理を記憶しているわけではないが、撮った写真をご紹介。

CA3G0089_20130530224619.jpg

CA3G0085_20130530224620.jpg

CA3G0084_20130530224622.jpg

CA3G0077_20130530224708.jpg
  1. 2013/05/30(木) 22:50:15|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

「佐竹律香 シャンソンコンサート」@京都府文化芸術会館

「佐竹律香 シャンソンコンサート」@京都府文化芸術会館

CA3G0126_20130530213545.jpg

CA3G0127_20130530213543.jpg

高校時代からの友人Fさんから「シャンソンコンサートの裏方を担うので、京都までお出かけになりませんか、たまにはシャンソンもいいでしょう。T君もお誘いしました」との知らせ。「前日には、大阪で飲りましょう」とも付け加えられていた。大阪在住のTさんと、3人で旧交を温めることと相い成った。

1950年代、菅原洋一や岸洋子がデビューした頃は加藤登紀子が東大在学中にシャンソンコンクールで優勝し、話題となった時代で、シャンソン喫茶や酒場も結構あった。
僕はモダンジャズと呼ばれた「ジャズ喫茶」に入り浸っていたが、シャンソンが好きな友人の影響もあって銀座の日航ホテルの地下やお茶の水の「シャンソン喫茶」(今は「シャンソニエ」と云う様だが)に行く機会もあった。

5月24日(金)会場は京都府文化芸術会館、16:00開場18:30開演。
「佐竹律香 シャンソンコンサート」―シャンソンとショパンの調べー

CA3G0166_20130530213542.jpg


ロビーには沢山の生花が飾られ、お客様には着物姿も多く舞妓さんの姿も見かけた。いかにもシャンソンコンサートらしい華やかなドレス姿のご婦人方、京都のセレブが集合と言った感もした。

会場は500人たらずのホールで、ステージと客席の距離が少ないので、シャンソンの様に語りかける演奏には最適な会場。
京都府開庁100周年を記念して1970年に開館した文化施設とのことで、椅子の間隔などに問題はあるが、聞きやすく観易いホール。

第一部は『パリの空の下』と題し、「青いジャヴァ」「パリの空の下」がアコーデオンの演奏と共に、典型的なシャンソン。キーボード・アコーデオン、ヴァイオリン、ベース、ドラムのバックバンドの息もあっている。
「不思議ね」「愛の流れの中に」「バラの咲く庭」「いつ帰ってくるの」と続く。

佐竹律香さんは、響きが良く美しい歌声、スタイル良くて美人である。
更に、曲の合間の語りが上品で楽しい。
シャンソンは歌と共に「かたり」が重要だ。

続いて、ピアニストの吉岡由衣さん登場。
吉岡さんは1991年生まれ、現在ドイツのハノーバー音楽大学の学生でパリの音楽院にも在籍している若手ピアニスト。
ショパンの「ノクターン嬰ハ短調(遺作)」「革命のエチュード 作品10-12」が演奏された。
確かに、コンサートのサブタイトルは―シャンソンとショパンの調べ―となっている。シャンソンとショパン何の関連があるのだろうと感じたが、「ショパンの生き様は正しくシャンソンと同じ」佐竹さんの話しに納得した。

ステージ背後のスクリーンにはパリの風景やショパン、ジョルジョサンドなど歌や曲に関連する映像が映し出され、演奏を盛り上げる。

15分の休憩後「パリ・パナム」「アトリエ」「雨」「雨だれ前奏曲」「スカーフ」「愛遥かに」「ピアノソナタ第3番(第1.第4楽章)「愛の賛歌」が演奏された。
どれも一度は耳にしたことがある、親しみやすい曲だった。

佐竹律香さんは京都出身で、高校生の時にお母様の勧めでシャンソン歌手管美紗緒に師事、1984年に上京御後、「銀巴里」「蟻ん子」にレギュラー出演、その後4年間のアメリカ生活。子育ての休業期間を経て2009年に復帰。

子育て後のカムバックで現在50代であろうが、若々しく魅力的、故郷・京都のコンサートを懐かしく楽しまれている感じを受けた。

後で知ったが、佐竹さんは京都の老舗料理屋「M吉」のお嬢さんらしい。
京都の雅が身に付いた方であった。
  1. 2013/05/30(木) 21:37:34|
  2. 人物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「ばら展・花のある風景&バラを描く」@水戸市青柳町 カーサ・ブランカ

「ばら展・花のある風景&バラを描く」@水戸市青柳町 カーサ・ブランカ
6月3日まで 11:00~17:00


CA3G0149_20130528161352.jpg


白のトレーラーハウス2台をウッドデッキで繋ぎあわせたユニークなギャラリー「カーサ・ブランカ」で「ばら展・花のある風景&バラを描くが開催中。

CA3G0152_20130528161351.jpg

CA3G0151_20130528161352.jpg

薔薇の花・花のある風景画が展示されている。

CA3G0157_20130528161350.jpg

CA3G0159_20130528161349.jpg

家を取り巻く庭には、真紅もあれば白もある、各種の薔薇が咲きそろい。
香りが庭中に満ちている。

ブームの「オープンガーデン」ともいえる。
CA3G0155_20130528182816.jpg

CA3G0156_20130528182814.jpg

デッキの一部では「きまぐれ工房」のファッションも販売されていた。
6月2日(日)はカサ・デ・アルタの研究生によるフラメンコダンスも開催されるとのこと。6月は薔薇の季節、世界中で「バラ祭り」が開催される。
とりわけ有名なのがブルガリア。
香水の原料として栽培され、6月が収穫時期。
一度は訪れたい国だ。
  1. 2013/05/28(火) 16:16:21|
  2. 庭園・公園
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

第28回アルベトレッペサロン@水戸国際交流会館

第28回アルベトレッペサロン@水戸国際交流会館

CA3G0014_20130522082052.jpg


5月21日.午後6時30分から第28回アルベトレッペサロンが開催された。
今回のゲストは文化メデァワークスのアートディレクター佐藤正和さん。
デザインを通して「魅力ある茨城」を作る提案をしている。
今、最も元気のいいデザイナーだ。

自己紹介で、食べることが好きで自家菜園もしているので、食に関心が強い。従って、茨城産の食に関するデザインに関わることが多い、とのこと。
デザインの楽しさ・デザイナー心得などについて、自分の扱った案件についてパワーポイントを駆使して説明された。
デザインに携わっている人や学生などが多かったようだが、実例をあげての解説は大いに参考になったであろう。

山本 恵さん倉田 稔之さんが中心となって「アルベトレッペサロン」は運営されている。今回で28回目、毎回異なる分野のゲストの話を聞く。
開催はFB(フェイスブック)を通して連絡され、興味や都合がつくときに出席すればOK、で縛りが無いのが《自由なサロン》で良い。
会名は、「有るべ・採れっぺ」と言う茨城弁を「アルベ・トレッペ」と洒落たわけで、茨城の良さを知ってもらおうとするグループ。

地に着いた地味な活動こそ、永続的な発展に通じる。
震災後、一発屋的な発想のイベントが多いなか、貴重な団体だ。
今後のさらなる発展を願っている。
主催の皆様ご苦労様です
  1. 2013/05/22(水) 08:21:28|
  2. 人物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「天礼寸己(てれすこ)八笑」(片岡洋一作 (M30号)

「天礼寸己(てれすこ)八笑」(片岡洋一作 (M30号)

CA3G0320_20130521131703.jpg


茨城県民文化センター展示室で「51回二科茨城支部展」が20日まで開催された。
最終日は2時までと知らず、3時頃に着いたので観られなかった。

東郷青児が会長の時代は派手なパフォーマンスなどで大変な勢いだった。
「二科会」と云えば、洒落た人達と作品を思い浮かべた。
土浦出身の吉田正雄さんは正しく、二科の申し子と言う感じであったが、惜しむらくは、若くして亡くなった。

水戸在住の片岡洋一さんはその様なタイプとは異なり、江戸時代の浮世絵師、と言う感じがする。洋画家ではあるが見るものすべてを墨絵で描く。更に、紀行文や随筆も書く。まさに、筆の立つ人、といえる。
惜しむらくは、10年以上前に脳梗塞になり半身不随となってしまった。
今でも、リハビリを兼ね左手で鉛筆画は毎日描いておられるようだ。

この絵の題は「天礼寸己(てれすこ)」。
「てれすこ」とは、落語の演目の一つ、または、「てれすこ」に登場する架空の生物で魚類の一種と思われる。「 てれすこ」を乾燥させたものを「すてれんきょう」と呼ぶ。
それを織り込み、『東海道中膝栗毛』でお馴染みの、弥次さん喜多さんの珍道中を映画化し2007年(平成19年)公開された。
弥次さんには、昨年12月に亡くなった十八代目中村勘三郎、喜多さんには柄本明を配し、一緒に旅する花魁に小泉今日子という異色の顔合わせの時代劇。
テレビ放送で見たが、芸達者な三人が繰り広げた喜劇だった。

「てれすこ」を「天礼寸己」と万葉仮名にしたのは片岡さんなららではのこと。「一竿斎」と自称したほどの釣り好きだが、釣った魚を描くと、魚の専門家から“どうのこうの”と云われるのにこたえるのが面倒で、魚を全て「「天礼寸己(てれすこ)」とよんだ。画題は「天礼寸己八笑」八匹の魚が笑っている。何を・何に対して笑っているのかは、観る方の想像にお任せ。
  1. 2013/05/21(火) 13:17:51|
  2. 人と作品
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「広隆寺の弥勒菩薩」 森嶋正浩作

「広隆寺の弥勒菩薩」 森嶋正浩作

CA3G0001_20130521090237.jpg

23日から2泊3日の大阪と京都への旅。
高校時代の友人Fさんは鎌倉在住のヴィデオ制作者、退職後は、アルバイト的に仕事を受けている。
京都で開催されるシャンソンコンサートの撮影を依頼されたのを機に。同級生で大阪在住のTさんと3人で、大阪で杯を傾けようとの相談がまとまった。
高校卒業後50年以上経つも、何かと会う機会があるのは、郷里が水戸ゆえだ。

京都行きを前にして「弥勒菩薩像」が手に入った。

CA3G0007_20130521090236.jpg

色紙の裏には「弥勒菩薩像」(広隆寺)、昭和37年12月森嶋正浩と書かれてある。
森嶋正浩は大正12年生まれ、一水会に所属した洋画家。中村彝に学んだ鈴木良三に師事した。最近名前を聞かないが存命などだろうか。

img028miroku[1]

広隆寺には「宝冠弥勒」「宝髻弥勒」と通称する2体の弥勒菩薩半跏像があり 、誰もが憧れる仏像で、ともに国宝に指定されている。
宝冠弥勒像は日本の古代の仏像としては他に例のない アカマツ材で、作風は新羅風が強く、朝鮮半島から伝来した像であるとする説が有力だ。
切れ長の目や鼻筋のラインが簡潔で美しく、少しうつむき加減に思索にふける様子からは口元に穏やかな微笑みを浮かべているように見える。

久し振りに広隆寺に詣で「弥勒菩薩像」を拝観したいところだが、宿泊は大阪に決めてしまった。四天王寺と「大阪市立博物館」中国石仏の《山口コレクション》を観てこようと思っている。
  1. 2013/05/21(火) 09:05:50|
  2. 人と作品
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

たかはし よういち

Author:たかはし よういち
離俗の世界に憧れながら、市井の片隅でうごめいています。
ささやかなモノやコトに幸せを感じます。
私が別に運営している「西の谷万葉公園を美しく」のブログは、以下のリンクからアクセスしてください。
重複する記事も有りますが、自然を大切に、簡素な生活を。
の気持ちを大切にしたいと思います。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する