よーちゃんの雑記帳  

街と人との出会いが楽しみ。

洲之内徹「気まぐれ美術館」にみる作家たち展@ギャラリー川船

洲之内徹「気まぐれ美術館」にみる作家たち展@ギャラリー川船

CA3G0008_20130430193814.jpg

CA3G0007_20130430193846.jpg


東京駅丸の内の再開発により中央郵便局の跡地には巨大なビルが出現し、2・3階部にミュージアム・スペース「インターメディアテク」(IMT)ですがオープンした。地球上の地域や過去・現在・未来を繋ぎあわせるかの展示空間は、各種の表現メディアを架橋することで新しい文化の創造につなげる「間メディア実験館」だという。

「日本橋・京橋美術骨董まつり」の参加店を貸自転車で廻ると、東京駅南側の
八重洲・京橋・日本橋も大変革を遂げている。

CA3G0021_20130430193809.jpg

CA3G0020_20130430193810.jpg


京橋に「東京スクエアーガーデン」という地下4階 ~地上24階、高さ124.45mの複合再開発ビルが4月18日に開業した。地下1階から3階はショップ&レストランとなっている。
この再開発の為に、この地に有った画廊や骨董店は姿を消したが、道路の反対川には健在な店もある。


CA3G0015_20130430193812.jpg

CA3G0014_20130430193813.jpg

「ギャラリー川船」では『洲之内徹「気まぐれ美術館」にみる作家たち展』が開催されていた。
洲之内 徹(1913年 - 1987年)は愛媛県出身のエッセイスト、小説家、画廊主・画商など多彩な顔を有していた。画廊主としての洲之内は自分が「佳い」と思った多くの無名画家に個展の場を提供し、しばしば物故した画家の遺作展を開いた。それにより、多くの画家を発掘、紹介し、またその過程を『芸術新潮』に「気まぐれ美術館」として連載、独特の文体は分かるようで分からない、しかし、面白いので好評だった。

今回は、洲之内 徹の収集品ではなく、「ギャラリー川船」所蔵品による展覧会。
洲之内 徹に関連した作家、寺田政明・長谷川利行・鳥海青児・木村荘八・恩地孝四郎・浜田知明・木下晋・吉岡憲など20人の作品が展示されていた。

この画廊主のお名前は存じ上げないが、洲之内 徹と同じような感性を持たれた方であろう、これからも覗きたい画廊と思った。


洲之内の愛蔵の絵画・彫刻146点は没後一括して宮城県美術館に収められ、「洲之内コレクション」として舘蔵された。
館内には「洲之内コレクション」のコーナーが設けられて、常時20点ほどが展示されているらしい。機会が有れば、是非拝見したいと思っている。

  1. 2013/04/30(火) 19:42:38|
  2. 美術展
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

東京国立近代美術館フィルムセンター 展示室(7階)

東京国立近代美術館フィルムセンター 展示室(7階)
「日本映画 スチル写真の美学」 4月16日~8月7日


exhb_261[1]


「映画が教科書であり青春」と言う人は60歳位以上の人達かもしれない。
僕が小学生の頃、映画は全盛期で「活動写真」=「活動」が死語では無かった。

「ニュー・シネマ・パラダイス」の世界と同じだが、映写がどのように行われているかも知らず、時折フィルムが切れるようなことはよく有った。

「日本橋・京橋美術骨董まつり」をレンタサイクルで巡っていて、東京国立近代美術館フィルムセンター前を通りかかった。
先日は新藤兼人監督の『裸の島を』を観た。今日は時間の都合で映画を観るわけにもゆかず、7階の展示室を見学。

『映画より映画的!日本映画 スチル写真の美学』と題した展示。
映画製作の過程で、宣伝用の写真を撮影するスチル(静止)写真の撮影者がいる。本編が制作される前に台本に基づき、想像して撮影する。1枚の写真の中に1篇の映画を撮影する様なもの。
会社専属のカメラマンもいたが、森山大道『処刑の島』(1966年、篠田正浩監督)、荒木経惟『チゴイネルワイゼン』(1980年、鈴木背順監督)のような写真家も起用され、枠にとらわれない作品を制作し話題を呼んだ。

スチル写真の他に、脚本や撮影機材なども展示されている。
これらを見ると、映画撮影の為に膨大なエネルギーが必要であったことが分かる。現在のデジカメで映画が撮影できるなどは、雲泥の差。
先人の苦労を偲ぶことが出来る。

関連して、名作のポスターなども展示されている。
レンタルでDVDで簡単に映画鑑賞が出来る時代だが、映画とは何かを振り返る良い機会だった。
  1. 2013/04/30(火) 07:40:06|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

日本橋・京橋美術骨董まつり

日本橋・京橋美術骨董まつり
4月26日・27日・28日

734569_534250536616187_2064454592_n[1]

CA3G0026_20130429231646.jpg

KSギャラリーのウインドの北斎の石仏。

東京都中央区の京橋・日本橋エリアは、骨董・古美術の街として名高い。
古美術・現代アート・工芸・日本画・近代絵画・彫刻・版画など約150の専門店があり、画廊の多い銀座に次ぐ個性豊かなアート密集地。

とは言え、敷居が高く入りづらいのも事実だ。
4月26日~28日まで開催された「東京 アート アンティーク〜日本橋・京橋美術骨董まつり〜」の様な機会は、著名な店も気楽に覗くことが出来る。


「eチャリ」
CA3G0041_20130429231644.jpg

この催事のパンフレットに、オリックスレンタカーが運営する「eチャリ」の宣伝が有った。
電動アシスト自転車のレンタルサービス。
八重洲駅前の営業所で借りられるとのことで利用することに。
6時間1500円が一割引き、銀座から日本橋までの間を縦横無尽に動くことが出来ました。


会期中、店によって呈茶・ギャラリートーク・レクチャーなども開催された。
CA3G0025_20130429231646.jpg

「花筥」で開催された、古美術品修理の堀西眞美さんの金繕いの解説と実演は大いに参考になりました。

  1. 2013/04/29(月) 23:19:16|
  2. 骨董
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

東大総合研究博物館・インターメディアテク@JPタワー

東大総合研究博物館・インターメディアテク@JPタワー

CA3G0016_20130428003244.jpg


東京丸の内に3月21日にオープンした博物館。
丸の内の中央郵便局跡地に出現した。
東大とJPの協働事業。

しかも、入場は無料。

CA3G0017_20130428003242.jpg


恐竜・蒸気機関の模型・昆虫・人体標本・数学標本。ありとあらゆるジャンルにわった手展示されている。

生涯をかけて知と格闘し、大発見を成し遂げた、東京大学の博士たちの愛した驚きのコレクション。
本郷キャンパスは観たことがあるが、これは桁違い。

CA3G0019_20130428003240.jpg

東京駅を見るより何十倍も凄い。
  1. 2013/04/28(日) 00:34:34|
  2. 博物館
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

竹の秋@西の谷緑地

竹の秋 @西の谷緑地

CA3G0246_20130426204207.jpg


西の谷の両側の半分近くは竹林となっている。
竹の子が伸びる頃、竹の葉は黄葉して落葉する。

あたかも落ち葉の季節の様に黄色い竹の葉舞い降りる。
竹類の葉は1年で生え変わるので、この時期を竹の秋と言う。

葉の付け根からは、新しい葉が針状に伸びていて、古い葉が落ちると同時に新しい葉が開くので、葉のない時期はない。
CA3G0243_20130426204208.jpg

竹林の黄色に合わせる様にヤマブキも花盛り。
CA3G0247_20130426204205.jpg

ヤマブキの裾にはオドリコソウが自生している
白い小さな花だが、その形が菅笠をかぶった踊り子さんに似ているとして名付けられたが、確かにそう見える。

CA3G0249_20130426204204.jpg

紫の可憐な草花、名前は何というのだろうか?
  1. 2013/04/26(金) 20:47:19|
  2. 西の谷
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

山藤の花@西の谷

山藤の花@西の谷

CA3G0242_20130426160621.jpg


西の谷にも何本かの山藤が有るが、成長すると遥か上の方まで伸びて、下から見上げても存在が分からない。
遊歩道に散れた花びらを見てこの上あたりと推測する。

大きくなり過ぎると、幹が風に耐えられず折れてしまう。
遠目に見る山藤の姿は素晴らしい。
実生の若木の花は小さく、色も薄いがこれも風情がる。

藤の花は湯がいて三杯酢や天ぷらとして食することも出来、塩漬けして「花茶」に用いることもあるらしい。
この時期ならでの優雅な色ですね。
  1. 2013/04/26(金) 16:06:54|
  2. 西の谷
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

島 剛展@ギャラリーしえる

島 剛展@ギャラリーしえる
4月23日~5月5日


CA3G0278_20130425221452.jpg

那珂市のアカデミアプラトニカにて「島剛の陶 - 生命と自然のあいだに - 1997〜2003 屋久島体験 前と後 2004〜2012・」と題する展覧会で陶器による彫刻に一応の区切りをつけ、彫刻を問い直す展覧会らしい。

CA3G0276_20130425221454.jpg

会場のほとんどを占める、長さ10メートルほどの素描が波うち、湾曲し、立体作品のように空間に浮いている。
克明に描かれた、或いは写し絵の様な圧倒的な黒鉛の痕跡。

CA3G0279_20130425221450.jpg

CA3G0273_20130425221455.jpg

「ギャルリー志門」で2012年 10月1日~ 10月6日に開催された「天の果実・新たな共生の芸術をもとめて」展に出品された、逆ピラミッドのマグマの結晶体か盛り上がるが如くの作品が、今回は更にゴツゴツとした塊となり3・11の被災地で拾い集められたガラスやレンガの様なものが坩堝の中で激しく反応し、焼け焦げたような匂いまで発している。

CA3G0277_20130425221453.jpg

これまでの屋久島の森の「倒木更新」「切株更新」と称される世代を乗り越えていく力強い生命の姿。
今回は地球のマグマが地表に現れさらに地中へと言う循環を感じさせた。
  1. 2013/04/25(木) 22:17:48|
  2. 美術展
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

裏通りが、本通り@水戸市南町・アットワーク本社ビル前

裏通りが、本通り@水戸市南町・アットワーク本社ビル前

CA3G0327_20130425080354.jpg

CA3G0317_20130425080358.jpg

CA3G0331_20130425080351.jpg


“春の餅つき大会”

いささか旧聞に属するが4月13日“春の餅つき大会”なるものが開催された。
処は裏南町のアットワーク本社ビル前。

563686_496047257111530_1365872413_n[1]

近隣やアットワークのお客さんの親子連れなどが参加して大盛況だった。


大きな声を掛けあっての 餅つき、いい体験でした。
搗き上がった餅を直ぐに味わえた、

CA3G0308_20130425080525.jpg


このイベントはアットワークの社員の企画と運営によってなされた。

CA3G0315_20130425080522.jpg

CA3G0312.jpg

さらには協賛した磯酒造さん、無料でお酒の試飲会。
伊藤園さんのお茶も提供されました。

アットワークグループは南町の裏通りを中心にファッションの店を約10店舗運営している。

CA3G0310_20130425080524.jpg

社長の杉浦 時彦さんお祭り大好き人間、夏の花火大会・クラブイベント・ファッションショー等を開催し、お客様と社員が楽しんでいる。

CA3G0322_20130425080355.jpg

CA3G0319_20130425080356.jpg


それぞれの店の取扱商品やインテリアなども個性的。
社員の自主性に任せた運営が功を奏しているようだ。

単なる個人商店とは言えないが、裏通りに店を構え、全国から来客のある拘りの品揃え。

お客様や友人更には取引先などを巻込んだイベントの開催。
地に着いた活動こそ、自店の発展と地域の活性につながるのだろう。

  1. 2013/04/25(木) 08:17:00|
  2. 水戸
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

たかはし よういち

Author:たかはし よういち
離俗の世界に憧れながら、市井の片隅でうごめいています。
ささやかなモノやコトに幸せを感じます。
私が別に運営している「西の谷万葉公園を美しく」のブログは、以下のリンクからアクセスしてください。
重複する記事も有りますが、自然を大切に、簡素な生活を。
の気持ちを大切にしたいと思います。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する