よーちゃんの雑記帳  

街と人との出会いが楽しみ。

王子狐の行列 @東京北区王子

王子狐の行列 @東京北区王子

hirosige_011広重

広重「王子装束ゑの木大晦日の狐火」(1857)

「毎年大晦日になると、関東一円から狐が集まり装束を整えて、王子稲荷にお参りした」そんな昔の言い伝えを今に残し、街を活性化したいとで駅前商店街の有志が「狐の行列」を始まって20年足らずで、北区を代表するビッグイベントと成った。

CA3G0450_20130113220704.jpg


moblog_fe7ffe9a.jpg


昼間は、500円支払うと子供限定だが狐のメイクをしてくれる。
そのメイクで、参加商店を巡ればどのお店でも景品を貰える。
全て廻れば、総額は2000円以上で親子連れが、町内を行き交う。

CA3G0453_20130113220703.jpg

CA3G0455.jpg


夜には狐のメイクをした着物姿の人達の行列。
それを見るために集まった大勢の人達。

食べものなどの屋台や露店もでるが、全てが地元の商店街の人達。

CA3G0471.jpg

CA3G0465.jpg


王子稲荷までの行列が延々と続く。
  1. 2012/12/31(月) 22:29:10|
  2. 街歩き
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

The Rat Pack(ラット・パック)

The Rat Pack(ラット・パック)

DVDラットパック


Frank Sinatra (フランク・シナトラ1915 - 1998)は僕にとってアメリカを象徴する人物の一人。シナトラを中心と人たちは「The Rat Pak(ザ・ラット・パック)」と呼ばれた。
シナトラ ファミリー

1950年代から60年代の当初のシナトラ軍団のメンバーはFrank Sinatra(フランク・シナトラ)を中心に、Peter Lawford(ピーター・ローフォード)、Dean Martin(ディーン・マーチン)、Sammy Davis Jr.(サミー・デイヴィス・ジュニア)、そしてJoey Bishop(ジョーイ・ビショップ)などメンバーは様々。
このラットパック・メンバーでハリウッドやラスベガスなどでショーを公演していた。
その当時のライブ映像の一つが『The Rat Pack』同様のタイトルのCDもあるし、収められている曲も異なる。
タキシード姿が様になってます。憧れの世界でした。

アメ横の帰り道(昨年の、12月30日)中古屋で見かけ¥300で購入ました。
CDやDVD廉くなりましたね。嬉しいことです。
  1. 2012/12/30(日) 21:41:00|
  2. 人物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アメ横周辺

アメ横周辺

CA3G0433_20130114182233.jpg


暮れから正月を東京で過ごした。
たまたま29日と30日アメ横周辺に出かけた。

夕方7時を過ぎれば人出も一段落で、歩ける程度の余地はあった。
威勢の良い掛け声と人波を見ているだけで愉しい。

30日は御徒町駅で友人M氏と待ち合わせ、酒を酌み交わした。
蕎麦屋で軽くつまんで酒を吞むのが通常のパターン。

チェーン店だが良い店がる、と案内されたのが「北前そば高田屋 御徒町店」(台東区台東4-8-7 友泉御徒町ビル B1F)。
板わさ・鴨抜き鍋と熱燗、〆に蕎麦。山葵は本わさびにオロシガネが添えられている。

御徒町から数分歩くが、昭和通を渡れば人出は段違いに少ない。
隣は安売りで有名な「多慶屋」の店舗が何軒もある。

CA3G0476.jpg


更には、コリアンタウンも近くで韓国レストランや食材店も在る。
行きたい焼肉屋も数軒ある。
丸1年前になるが、ソウルで食べた「サムギョプサル」が懐かしく、日本でも味わいたいと思っている。
  1. 2012/12/29(土) 19:49:26|
  2. 散歩
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

霜柱と白く光る氷 @西の谷緑地

霜柱と白く光る氷 @西の谷緑地

CA3G0427.jpg



今日は午後から久し振りに雨が降ったが、乾燥して寒い毎日が続いている。
西の谷は先週までに公園協会による手入れが済んで、お正月を迎える準備は完了した。このところは、遊歩道の落ち葉と階段近くに落ちている銀杏の掃き掃除くらいだ。

CA3G0428.jpg


遊歩道の両側の柔らかな土には、見事な霜柱。

CA3G0429.jpg

CA3G0430_20121228202614.jpg


枯れた葦が生えている池は氷が張って白く光っている。

竹箒を担いでの朝の散歩は楽しい。
  1. 2012/12/28(金) 20:31:25|
  2. 西の谷
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

第3回無心塾杯争奪少年柔道大会 @茨城県武道館

第3回無心塾杯争奪少年柔道大会 @茨城県武道館

CA3G0411_20121227232548.jpg


千葉在住の知人の子供さんが「第3回・無心塾杯争奪少年柔道大会」に参加するので、茨城県武道館に来られるとのこと、会場の堀原運動公園の武道館に向かった。

正面玄関前にテントの屋台が出店され、茨城名物あんこう汁やイイダコやツブ貝の串焼きなどが販売されていた。
この日(24日)も北風が強く、入場前に「あんこう汁」を戴くことにした。
鍋ほどではないが、アンコウの身も入ってソコソコの味だ。
鮟鱇の値上がり激しい上に原発事故の影響で、常磐沖の鮟鱇は食べられない。と云う訳で、今年の初物として満足して戴いた。

参加チームは、県内はもとよりと言うより、他県勢が多かった。
小学生の部は男女の差が無く、同じ土俵(畳だが)で試合をするのを見て驚いたが、近年、全てのスポーツは男女の隔てはなくなった。

大会を主催した「無心塾飯島道場」が水戸の柔道場と知って、これまた認識を新たにした。
水戸は剣道の「東武館」が在り、少年剣士の全国大会が開催されることなど承知していたが、柔道も盛んな土地柄なのか?
水戸に生まれ育ちながら、恥ずかしい次第だ。

少し覗いた程度で、会場をあとにしたので全ての結果は分からないが、小学校低学年の部は全国でもトップチームの小川道場が優勝した。
小川道場は、バルセロナオリンピック銀メダリストでプロ格闘家の小川直也が道場長。
無心塾飯島道場とは昔からの交流が有るらしい。

この大会、『柔道を通して、今の日本が忘れている礼儀の重要性を学んでほしい。
そして、”強い心”と”強い体”を育んでほしい』という願いで開催されている様だ。今の時代だからこそ、武道を通し心身の鍛錬が必要だ、と思った。
  1. 2012/12/27(木) 23:26:26|
  2. 水戸
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

suze cafe (スーズ カフェ) @水戸市大場町194-6

suze cafe (スーズ カフェ) @水戸市大場町194-6

CA3G0408_20121227203621.jpg

CA3G0411_20121227203624.jpg


水戸市の酒門五差路から涸沼に向かう県道235号線から少しそれ東水戸高速道路の近い、園芸とお花の店「花香風」の店内外を共同使用するかたちで「スーズ カフェ(suze café)」がオープンしたのは今年の8月とのこと。

CA3G0421_20121227203723.jpg

CA3G0414_20121227203725.jpg

CA3G0415_20121227204807.jpg


カフェと云えども、インデアンモカシンの靴やコーヒーカップ、袋物などの雑貨や手作りパンやクッキー、季節の果物を使った無添加の手作りジャムなども置かれている。

CA3G0410_20121227203625.jpg


カフェメニューの他に、スープ・パスタ・ご飯などのランチメニューも数種類。

野菜は地元産を使用している。
定休日の月曜日に農家を数軒巡り、或いは、知り合いから届けて貰うとのこと。

CA3G0412_20121227203623.jpg

CA3G0413_20121227203622.jpg


高速道を見渡せる庭は家主の「花香風」さんと云う事らしいが、とにかく、庭とカフェは混然一体。

CA3G0417_20121227203724.jpg


海と畑のロールキャベツ、有機野菜のグリル添えと五穀米のランチセット。

CA3G0419.jpg


「suze」はフランス産のリキュールで、ピカソも好んだと言われている。
店主がこの酒が好きなので店名にしたというが、アルコールメニューはない。


若いご夫婦が始めた店で、準備不足の点が多々あるように感じだが、やろうとする方向と熱意は十二分に感じた。・
少しばかり分かりづらい場所だが、探しながら行く価値は十分ある。


  1. 2012/12/27(木) 20:43:16|
  2. 食生活
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

たかはし よういち

Author:たかはし よういち
離俗の世界に憧れながら、市井の片隅でうごめいています。
ささやかなモノやコトに幸せを感じます。
私が別に運営している「西の谷万葉公園を美しく」のブログは、以下のリンクからアクセスしてください。
重複する記事も有りますが、自然を大切に、簡素な生活を。
の気持ちを大切にしたいと思います。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する