よーちゃんの雑記帳  

街と人との出会いが楽しみ。

水戸のミニコミの草分け『月刊みと』第472号 発行・ふじ工房


水戸のミニコミの草分け『月刊みと』第472号 発行・ふじ工房

CA3G1695.jpg

『月刊・みと11月』(1部260円)を手にした。
奥付に第472号とあるから、次号で40年になる。
創刊の時から愛読しているが、良くもったものだ。
版面は少し変ったが、編集方針はほぼ変わらない。

最近、無料のミニコミが多いが、雑誌の様な体裁だが広告ばかり。
読むスペースは少なく、デザインとビジュアルが優先したものばかり。

CA3G1696.jpg


11月の特集は『喫茶店で懐古(レトロ)時間』
水戸市内の喫茶店8軒と、ひたちなか市と高萩市3軒の老舗喫茶店が紹介されている。最近はカフェが流行だが、それらにない味わいと落ち着きが有る。

更には『あきのおでかけガイド』として、
「茨城の温泉」
CA3G1697.jpg

CA3G1698.jpg

「厳選そば店」「秋イベント」の紹介。

CA3G1694.jpg


毎号掲載の「水戸ホーリーホック。マガジン」
「BOOK」「DVD」「CINEMA」「STAGE」「ART」「EVENT」の紹介。版面が小さく、字も写真も小さいが内容は大判の月刊誌並みに充実している。
広告は下の面に集められているから、あまり気にならない。

創刊当初からの、加盟店の負担金で作りお客様に配布、或いは有料で御買い上げ頂く、という、姿勢が貫かれているからだろう。

以前に水戸風土誌『週刊てんおん』という地方誌があった。
家族誌から始まり、徐々に発展した週刊誌であった。
多くの人達が寄稿した国内でも稀な雑誌であった。
今となっては、貴重な時代の証人だ。

これからの『月刊みと』の編集・発行も、単なるミニコミに終わらず、地方誌としての誇りと見識を貫いてほしい。
  1. 2012/10/30(火) 18:01:20|
  2. 水戸
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

岡山と引き分けでしたが@ケーズデンキスタジアム

岡山と引き分けでしたが@ケーズデンキスタジアム

CA3G1682.jpg


28日「水戸まちなかフェスティバル」が開催され、郵便局から大工町までが歩行者天国と成った。
沢山の催事と物販と飲食の屋台が出現、久し振りに街なかが賑わった。
ケーズデンキスタジアムでは、水戸ホーリホックとファジアーノ岡山戦が13時キックオフ。。
午後から下り坂との天気予報で「まちなかフェスティバル」の人出が多ければケーズスタジアムの来場者が少ないのではと心配で、街中の催事を見るのを途中にしてスタジアムに。
いまにも降り出しそうな天気にも拘らず、そこそこの来場者で安心した。
遠路はるばるの岡山のサポーター、人数は少ないが元気いっぱいだ。

試合は前半押し気味なれど、決めきれず。
後半に入る頃から雨が本降りに、試合も退場者も出て、押され気味。
結果は0-0の引き分け。入場者は3034人で辛うじて。3000人をクリア。


ホーリーホック GM 萩原武久


平均観客数が多いに越したことはないが、「茨城新聞」に掲載された水戸ホーリーホック取締役GMの萩原武久氏のコラムがfbに転載されていた。

待ち望んだスタジアムの「にぎやかさ」。多くの人達が語らい散策しながら、自分の好きな食べ物やブースをのぞき込んでいる。試合が始まる3時間も前だというのに。そこには飛びっきりの笑顔やにぎやかな声が行き交う。
 やっとエンターメントにふさわしいスタジアムとしてここも出来たのかという感慨を胸に、スタジアムの2階通路からしばらく眺めていると、今にも涙がこぼれそうになる。
 9月30日に行われた対九州戦で「いばらきホーリーホック1万人まつり」と銘打ったホームタウン推進協議会主催のイベントが開かれ、今シーズン最多の6千人を超える人たちが集まった。
 スタジアムは単に、スポーツの試合を観戦するばかりではなく、「社交の精神」を基本とすべきであると考えるヨーロッパの思想に少し近づいたなと思う。グルメブースには32団体が出店して、多くの人達の胃袋と心を満たしてくれた。これからもピッチで、皆さんの体と心を満たしたいと思う。』

今年の水戸のホームゲーム平均観客数は3,825人。
J2で下から6番目、昨年比では114%で自慢できる数字ではないが、萩原武久氏が述べているように親子連れ、家族連れが楽しむ状況に成って来た。

11月4日の今季ホーム最終戦・町田ゼルビア戦「スタジアムを青に染めろ!」は8000人が集合して応援しましょう。
  1. 2012/10/29(月) 21:28:09|
  2. 水戸
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カラスウリ@西の谷

カラスウリ@西の谷

CA3G1574.jpg

西の谷の入り口のカラスウリの実が真っ赤になった。
子供の頃、黄色い果肉がしもやけや筋肉痛に効果が有る、とのことで運動会の季節に足に塗り捲って、足が黄色く見える人もいた。
果肉は食べれば苦くて甘いが、食べられる部分はほとんどない。
それより、真っ黒な種の形が大黒天にも見えるので「大黒さん」とも呼んだ。
そのため財布に入れておけばお金が増える縁起物にしたが、効果は有ったのだろうか。

食べ物や遊び道具のない時代、カラスウリで遊んだ頃を想い出す。
西の谷の周辺に友人も沢山いたが、今はほとんどいない。

  1. 2012/10/29(月) 09:39:17|
  2. 西の谷
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「水戸まちなかフェスティバル」@水戸市内

「水戸まちなかフェスティバル」@水戸市内

CA3G1669.jpg


今日(10月21日)「水戸まちなかフェスティバル」と題して水戸中央郵便局前~大工町交差点間を歩行者天国にし、様々なイベントが開催された。
この時期に開催されているイベントを、1ヶ所にまとめ、同じ日に開催したもの。
1時キックオフの水戸ホーリーホックの岡山戦に行くので、11時から12時までの1時間、水戸京成前から大工町の間しか見られなかった。
20近くのイベントの半分以下だったが、雑駁な感想と写真を。

CA3G1674.jpg

「トランジットモール」
4車線の同区間のうち、2・5車線をイベント会場や歩行者通行用に使用。
残りは一般車両が進入できないエリアに、公共交通を確保する県内初の「トランジットモール」として、移動用の無料バスを走らせた。
レーンを仕切る用具の設置や撤去の費用や警備の人手もかかるだろうが、とても良い方法と思った。今後の催事に取り入れられそう。
CA3G1654.jpg

「らくがきバス」
CA3G1657.jpg

大工町再開発のビルが姿を現しました。来年5月に完成らしい。
CA3G1658.jpg

「ペレットストーブの展示と実演」

CA3G1660.jpg
CA3G1664.jpg

パン屋さん、ケーキ屋さん。
CA3G1666.jpg

酒やさん。
CA3G1667.jpg

ダンスのパホーマンス。
CA3G1670.jpg

「イスバス」車いすバスケットボールの屋外エキシビジョン。
CA3G1676.jpg

「JA農産物直売」
CA3G1678.jpg

「水戸雑貨商店街」オシャレな雑貨店、作家さんが大集合。

約1キロに渡るから、内容が充実していたともいえるが、ごった煮のようでまとまりが無かった感もした。

まとめた方が良かったともいえるし、従来の様に、旧県庁舎や芸術館広場を利用した方が良いかは、人それぞれだ。
従来のように、内容ごとに日程や場所が異なる方が、天候によるリスクを分散も出来るし、1週間位楽しみが連続して良いと思った。
  1. 2012/10/29(月) 00:20:25|
  2. 水戸
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

十三夜の夜は @水戸市内で


十三夜の夜は @水戸市内で


「水戸バー・バル・バール(310bbb)」急遽、友人と行くことになり水戸駅南口で待ち合わせることになった。

CA3G1620.jpg


CA3G1623.jpg

CA3G1624.jpg


南口のデッキの前に天体望遠鏡が2台。
今日は十三夜、いくらか雲がかかっていたが、久しぶりにお月様を望遠鏡で見た。写真は、ぼけっとしか見えないが、肉眼で覗くと、くっきりと見えた。

十三夜の月見は日本独特の風習だそうで、宇多法皇が九月十三夜の月を愛で「無双」と賞したことが始まりとも、醍醐天皇の時代(延喜十九年:西暦919年)に開かれた観月の宴が風習化したもの、とも言われる。

とにかく、其処をスタートに、7時半から11時半まで4件の店をハシゴすることになった。当初は下市を巡る予定を変更し駅南からスタート。


CA3G1633.jpg

CA3G1630.jpg


①串焼き創作Dining 味人 @水戸市白梅
生ビールと おすすめ串焼き2本。
これが、結構のボリューム。


CA3G1634.jpg

CA3G1639.jpg


②Irish Pub Kells @水戸市桜川
シェパーズパイ(ハーフサイズ)と志賀高原ビール。
CA3G1643.jpg

CA3G1648.jpg


③Marcador @水戸市南町
スペイン産の赤ワインとピンチョス。

CA3G1653.jpg

CA3G1650.jpg


④鶏料理 桐 @水戸市南町
自家製レバーのパテ、黒霧島のロック

明日は・今では今日は「水戸まちなかフェスティバル」

どんな出会いが有るか楽しみだ。


  1. 2012/10/28(日) 01:29:13|
  2. 水戸
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

深作欣二監督の『仁義なき戦い』(1973年) @まちなかシネマ


深作欣二監督の『仁義なき戦い』(1973年) @まちなかシネマ

227595_274366646017085_680258902_n.jpg


昨日と今日は(19日・21日)は「水戸バー・バル・バール(310bbb)」
今から、水戸駅前で友人と待ち合わせて下市をクロールしようと考えている。

明日は「水戸まちなかフェスティバル」
市内各地域で様々なイベントが開催される。
沢山の企画が有るから、街を歩きながら覗いて見る心算。

必ず行こうと思っているのが、映画上映会「まちなかシネマ」
深作欣二監督の代表作『仁義なき戦い』(1973年)が10:30/13:30/16:30の3回上映される。
料金はなんと¥500。

CA3G1618.jpg

CA3G1619.jpg


任侠映画に興味あるわけではないが、深作監督は水戸の出身。
一度も観たことが無いので、敬意を表して観ることに。

会場の前を通ったら、ボランテアスタッフが準備をしていた。
中を覗くと、かなり広いスペース。
明日が楽しみだ。
  1. 2012/10/27(土) 18:07:19|
  2. 人と作品
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

陶芸家:ゲルト・クナッパーさんのお住まい@大子町塙

陶芸家:ゲルト・クナッパーさんのお住まい@大子町塙

CA3G1612.jpg


1943年ドイツに生まれ、1966年に来日。
1967年 加藤唐九郎を訪問 瀬戸の鈴木清々に師事、益子に濱田庄司を訪ねる
1968年 イギリスのバーナード・リーチを訪問する島岡達三の援助で益子にて修行 益子に築窯する。

焼き物好きから見たら羨ましい経歴を持つクナッパーさんが、庄屋だったボロボロの古民家を買取り、骨組みだけを残し改築し、大子に移住したのが1975年。

CA3G1606.jpg

CA3G1613.jpg

CA3G1607.jpg

CA3G1608.jpg


友人と訪問した時は、2階の部分は改修が済んでいなかったから1980年頃か?
1階の土間で、奥様の手作りのアップルパイをご馳走になった。クナッパーさんのお母様から直伝のレシピ、と聞いたが、いまだに忘れられない味だ。

CA3G1609.jpg



クナッパーさんの作品は、太陽や海のイメージで無限の広がりを感じさせ、彫刻的だ。したがって、ブロンズなどによるオブジェも制作、建造物にも設置されている。
日本人以上に日本を愛する姿は、改修と云うより梁や柱などの材料を使って新築したともいえるクナッパー邸(太郎坂屋敷)に顕われている。
150年以上は経過しても新たな命が吹き込められている。
更に、故郷のドイツ風でもある。
北ヨーロッパには、藁葺きの住居を大切に住み続けている。
その影響も感じるドイツ風でもある。
東洋と西洋の文化が見事に融合している。

CA3G1611.jpg


作品にもその精神が表れ、クナッパー作、と一目で分かる。
現在、「信州高遠美術館」で展覧会が開催されている。


築80年以上を経過した旧上岡小学校を廻った後のクナッパー邸。
日本の風土には、やはり木材建築がふさわしいと思った。
手を入れ、部分的に補修すれば済み続けるけることが出来る。
鉄筋コンクリートのもろさ、今回の大震災で多くを学んだ。

地震大国の日本は木造がふさわしい。
  1. 2012/10/27(土) 09:33:48|
  2. 人物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「さとやまレストラン」@大子町大字上岡の旧上岡小学校

「さとやまレストラン」@大子町大字上岡の旧上岡小学校
10月6日(土)〜12月9日(日)の約2ヶ月間

CA3G1595.jpg


茨城県北部の遊休施設を使っての期間限定のレストラン・プロジェクト。
今回は、大子町の旧上岡小学校で開催されている。

CA3G1592.jpg


旧上岡小学校はNHKの朝ドラ「おひさま」の撮影で使われ、ロケ地として有名になった建造物で、典型的な昭和初期の小学校。
CA3G1576.jpg

CA3G1577.jpg

CA3G1578.jpg

CA3G1587.jpg


CA3G1594.jpg


平成13年3月31日に廃校されたが、地域住民の陶芸や絵画教室等にも活用されているので、学校の備品がそのまま残されており、当時の雰囲気のままだ。

レストランは教室2室を使い56席を用意されているが、予約ですべて満席だった。
調理室は当時の保健室に設けられ、別の教室も物販やカフェとして使われていた。


CA3G1588.jpg

 常陸秋そばと奥久慈の味覚トマトつけ麺  

CA3G1590.jpg

 リンゴのジェラートとモンブラン

Uさんご夫妻とエビネンコさんと一行4名の大人の遠足
食事の後は「茶の郷公園」で抹茶を一服戴き、陶芸家ゲルトクナッパーさんのアトリエに。
長屋門とお住まいを外から拝見して帰途に。

紅葉には一足早かったが、晴れ渡って暖かい秋の奥久慈を楽しんだ。


  1. 2012/10/26(金) 20:00:43|
  2. イヴェント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「くろばね朝市」@くろばねパーク (水戸市営宮町駐車場)

「くろばね朝市」@くろばねパーク (水戸市営宮町駐車場)
10月28日(日 )9:00~13:30


644583_237288233064894_1511691414_n.jpg


10月28日は水戸市内の各所で「みとまちなかフェスティバル」と銘打って、様々なイベントを集約した複合型イベントが開催される。
新たな事業もあるし、今まで行われていたものをこの日に合わせて開催、と云うのもある。
イベントが多すぎるから、どこにしようかと迷うが、それぞれの好みに従って参加することが出来ることが、今風と云える。

20120926144146cc5s.jpg


震災後のイベントは先の展望が無いまま、とにかく「街おこし」として何でもやってみる、のようなものが多いように感じる。

地に着いたイベントを着実に進めているのが「くろばね朝市」。
2003年7月に水戸市営宮町駐車場が整備美化されたのをきっかけに、2003年10月に第1回「くろばね朝市」を開催された。それから、9周年・第85回を迎えるとのことだ。
主催する「くろばね商店会」の皆さんの“自分たちで何とかしなければ”の熱意が継続された原動力と思う。
思い付きによる単発のイベントは何とか出来るが、連続し継続するのは至難の業。正に「継続は力なり」だ。

「みとまちなかフェスティバル」多くの単発事業の寄せ集めだが、各地や各団体の着実な事業の継続が無ければ意味がない。

「くろばね朝市」の継続と発展を願い、他の地区でもそれぞれのイベントを発展させることが水戸再生の基本と思っている。
  1. 2012/10/26(金) 09:26:51|
  2. 水戸
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

たかはし よういち

Author:たかはし よういち
離俗の世界に憧れながら、市井の片隅でうごめいています。
ささやかなモノやコトに幸せを感じます。
私が別に運営している「西の谷万葉公園を美しく」のブログは、以下のリンクからアクセスしてください。
重複する記事も有りますが、自然を大切に、簡素な生活を。
の気持ちを大切にしたいと思います。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する