よーちゃんの雑記帳  

街と人との出会いが楽しみ。

里山の風景、旧水府村、里美村。

里山の風景、旧水府村、里美村。


常陸太田市は2004年12月1日 に金砂郷町、水府村、里美村の3町村と合併し、県内では最も面積の広い市町村になった。
南北に長い市域をもち西から順に浅川、山田川、里川が並行して南へ流れ、それぞれ谷に集落と耕地が広がり、背後には里山が連なる。
旧佐竹藩の領地で歴史的な社寺も多い。
戦前まで繁栄した村や町は高度成長に反比例して衰退した。
しかし、往時を偲ぶ建物と豊かな自然が残されている。

旧里美村の古民家レストランを訪ねた際、眼についた風景などの写真を数点。






折橋の旧家の門構えと、玄関の飾り物。




大中の大中神社、樹齢400年の杉の古木がある。社殿は総欅造り。
以前は神社や仏閣が住民の心の拠りどころだった。




神社の脇の彼岸花。
今年は暑さと水不足で、例年より2週間くらい遅い開花。
この辺一帯の田圃の畦などに沢山咲いている。




鶏頭、秋を象徴する草花だったが、最近見かけることが少ない。


旧水府村、葉タバコ栽培の裏作として行われた蕎麦栽培。



白い花が盛り、あと1ヶ月くらいで収穫だ。
いまやブランド化した『常陸秋蕎麦』。
新そばを求めて多くの人達が訪れる。

*因みに江戸時代の五街道を補った脇街道(脇街道は幅三間・約5.5メートル)で里美を通った棚倉街道は
(水戸ー枝川ー額田ー太田ー常福地ー春反ー町屋ー折橋ー大中ー明神峠ー東館ー八槻ー棚倉ー矢吹)ここで、奥州街道と連結するルートをとった。



  1. 2010/09/30(木) 14:31:33|
  2. 歳時記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

里美の古民家レストラン @茨城県常陸太田市大中町1547

里美の古民家レストラン @茨城県常陸太田市大中町1547
期間限定:2010年9月25日~11月20日


茨城県は関東平野の北端に位置している。
南船北馬の地で県南は人口が増加しているが、北部は減少の一途。

旧里美村(現・常陸太田市)は常陸の国と奥州を結ぶ古道、棚倉街道の重要な拠点として宿場が連なり多いに栄えた。
今でも折橋、大中、小中などの旧街道には往時の繁栄を物語る多くの商家の蔵や屋敷が連なる。
山林地主も多い。
久慈川支流の里川、歴史ある横川鉱泉、水戸徳川家の別邸・天竜院、里美牧場、広大な山林など豊かな自然に恵まれている。










(玄関脇、濱恵泉作・トッキーNYに/アート作品も展示されている)

大中地区の荒蒔邸の古民家と広い庭を舞台に、茨城県の肝いりで地域の活性化を目的とした期間限定のレストランがオープンした。
県北の食材を使用した料理やお酒を味わっていただこうとする試み。

2ヶ月の間を借り受けての営業。
終了後は元通りの状態で返却するとの条件だから、大幅な改装は出来ない。






厳しい条件の中で、古民家をレストランに変身させた。
テーブルは重厚な特注品。
古民家の柱や梁に負けない。




料理をプロヂュースしたのは日立市出身でニューヨークを中心に活躍している杉江礼行。
海の幸、山の幸に恵まれた茨城産の食材を生かしたメニューが考えられている。
当然ながら、レンコン、コンニャク、ローズポーク、常陸牛なども使用されている。








ニューヨークスタイルと云うが、日本的要素も多く、当世の流行りのスタイルともいえる。
器は古いものから新しいものまでを組み合わせて使用されている。

会期中にもう一度と思ったが、
既に2000人以上の予約があり、ランチは10月中は満席だとのこと。

紅葉を愛で、鉱泉での入浴、もう少し経てば『常陸秋蕎麦』も出始める。
県北の秋は楽しみが一杯だ。


  1. 2010/09/29(水) 22:25:14|
  2. 食生活
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

第3回「みとワン★グランプリ」@水戸南町自由広場

第3回「みとワン★グランプリ」@水戸南町自由広場


晴れ上がった秋空の下の9月最後の日曜日。
各地で沢山の催しがあった。





水戸南町自由広場で開催された第3回「みとワン★グランプリ」。
タイトルからはどの様な趣旨かは良く分らないが、簡単に云えば『秋祭り』。









メインは焼ソバ、パン、スイーツなど飲食の屋台村だが、クラフト関連・木工家具・古着・手作り雑貨、さらに、寄せ植えや鉢植えの花まで多彩な出店。










お絵描きコーナーから高校生や社会人のブラスバンド演奏もあった。










ワゴン車を改装した移動食堂車のスタイルもそれぞれに楽しい。




テントを含め、約40軒が軒を並べていた。
子供連れの人たちには託児所も開設されていた。

今流行のB級グルメブームにあやかろう、との意図も感じたが、そうでなく「何でも有りの、お祭り」に徹していたのが良かった。

誰が主宰か分らないが、ボランテアによる手作り、を感じた。
静かになった街が賑わいを取り戻したが、一日限り。

ともかく、関係者の皆様ご苦労様でした。

  1. 2010/09/26(日) 22:32:38|
  2. 水戸
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「ひめゆり・平和への祈り」展  9月19日~10月24日

image2[1]


「ひめゆり・平和への祈り」展  9月19日~10月24日
@水戸市立博物館 3階・4階 水戸市大町3-3-20 







「ひめゆり 平和への祈り」展が水戸市立博物館で開催されている。
戦後65年、太平洋戦争を体験した人たちは少なくなり記憶も薄れている。
沖縄の基地問題は、いまだに解決されていない。

1945年、沖縄では軍民混在の地上戦がくりひろげられた。
本土防衛の防波堤として20万人以上の沖縄の人たちが犠牲になった。





沖縄師範学校女子部・沖縄県立第一高等女学校の教師・生徒240人はその過酷な戦場に学業半ばで動員され、沖縄陸軍病院の壕で負傷兵の看護に当たった。
彼女達は、戦後ひめゆり学徒隊と呼ばれた。










半数以上が亡くなったが、生存者の年齢は80歳を越えた。

生存者の思いを伝え、平和への祈りを込めて「ひめゆり」からのメッセージとして今回の展覧会が企画された。






3階の会場には“水戸の空襲や、戦時下の水戸の女学生など”に関する展示がなされている。

あまりのも平和ボケした現在の日本。
特に、沖縄の人たちに対する認識は少ない。

多くの犠牲の上に今の平和があることを再確認することが出来た。
10月24日まで開催されている。
戦争を知らない人たちに足を運んで欲しい展覧会だ。


  1. 2010/09/25(土) 14:58:05|
  2. 展覧会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

もつ焼き・長兵衛 @水戸市宮町

もつ焼き・長兵衛 @水戸市宮町

水戸中央郵便局の近くに昔からの飲食街が在る。
市役所や県庁や企業が笠原や駅南地区に移転するに伴ない、徐々に寂しくなった。
最盛時の半分にも満たないが、「茶の間」「吾一小屋」を初め、家庭的な居酒屋が健在だ。
その他にも、沢山有りますが、、、、

四谷の「荒木町」のような路地裏の雰囲気があり、僕の好きな街だ。



もつ焼き「長兵衛」も親しみやすい店だ。
八月下旬に横手と酒田に行き、酒田の中町の飲食街も楽しかった。
「長兵衛」の看板のかかった居酒屋が有ったのでの這入った。
これが大正解で、水戸の「長兵衛」とかなり似ていた。





久し振りに「長兵衛」の暖簾をくぐった。





もつ焼き、モツ煮込みの店だが鯵や鰹の刺身もある居酒屋。
相変わらずサラリーマン風、会社勤めの人たちの憩いの場。
仕事帰りに仲間内での飲み会。



見回して、酒田の「長兵衛」と同じようで内心驚いた。
もつ焼きなどを頬張りながら酒を飲みオダを揚げる。
この辺りが、僕には一番合っていると、改めて思った。

  1. 2010/09/24(金) 22:12:58|
  2. 食生活
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

小野崎利光イラスト展 里山の一木一草その辺で見つけた彩り―

小野崎利光イラスト展 里山の一木一草その辺で見つけた彩り―  
9月21日~26日   @ギャラリーしえる 水戸市見川町






台風の余波で風雨の強い昨日の午後、小野崎利光さんの個展にうかがった。
作家には暫らく(20年以上か)お眼かかっていない。
さほどの交流があったわけでもないから、ご本には忘れているかも、
本業の建築のパース制作を今でも続けておられるのだろうか?
等考えながら、ギャラリーに着いたが、作家はお帰りになったとの由、お会いすることは出来なかった。

現在の建築のパース画はコンピューターを使用して、図面から全てを読み取り、3次元のどの方向からでも見えるほどの技術になっているらしい。
そんな時代に、職人技でパースを書き続けている小野崎利光さんは描くことが大好きなのだろう。
何十年か前の展覧会では、クラッシク・カーなどの細密描写の絵が多かったと記憶している。今回は「里山の一木一草その辺で見つけた彩り―」とサブタイトルにあるように、身近な自然の風景を描いている。



写真と見まごうような作品群。
サイズもはがき位で、身辺において眺めるに丁度良い。



従って、かなりの作品が赤丸つきであった。



優しい人柄が作品に反映されている。
秋の野山の風景も多く、一足早く秋が訪れた感じだ。
ギャラリー周辺の景観と、画廊内が見事に調和していた。

  1. 2010/09/24(金) 15:23:31|
  2. 美術展
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

たかはし よういち

Author:たかはし よういち
離俗の世界に憧れながら、市井の片隅でうごめいています。
ささやかなモノやコトに幸せを感じます。
私が別に運営している「西の谷万葉公園を美しく」のブログは、以下のリンクからアクセスしてください。
重複する記事も有りますが、自然を大切に、簡素な生活を。
の気持ちを大切にしたいと思います。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する