よーちゃんの雑記帳  

街と人との出会いが楽しみ。

Chez Johnny ~魅惑の南仏料理~

Chez Johnny ~魅惑の南仏料理~

シェ・ジャニーの春田光治さんから「NYの娘がブログを始めました、覗いてみてください」とのメールを戴いた。
春田さんは子どもさんが2人。
長女のアリスさんはニューヨーク住まい、長男のレオンさんは東京で生活していると伺ったことがある。
お二人に顔を合わせたのは安比に移られてまもなくの1987年、7~8歳の頃だから現在30歳前後になるだろう。

ジャニーは料理人であるが、総合芸術家と僕は考えている。
常に美味しいとは何かを追い求め、一切の妥協をしない。

一食、一食を大事にする。
中途半端に腹ふさぎの様な食事は絶対にしない。
渋谷の店をやめて安比に移り、仕事をせずに、スキー・山菜取り・渓流つり・狩猟・登山・写真撮影と自分の好きな遊びの世界に没頭したが、家族のための三食は自ら作った。
その料理は、レストラン営業時代以上とも言える内容。
フランス料理のみならず和洋中華に及び、厨房での態度は鬼気迫る。
話しかけることが出来ないほど真剣。
渋谷時代のスーシェフ・ハモさんが同居して手伝っていたが、個人の家の食事とは思えなかった。
小さな子供達が、夜の9時になっても食事が出来ず、待ちきれず居眠りしているのを見て、子供には適当な食事を出してあげたらと思ったことがある。
子供も大人と同じ一人前として遇する。
家族揃って食べるのがジャニーのこだわりなのだ。

Chez Johnny ~魅惑の南仏料理~

と題するブログ、ジャニーが安比で作った料理に対してNYのアリスさんがページ構成とコメントを書いている。
安比での料理とニューヨークからの文章。
いわば、親子での二人三脚。

ジャニー1

ジャニー2

ジャニー3

このような形で、ジャニーの料理の世界を味わえるのは嬉しい。

さらに、自分の信念のままに生きてきたジャニーが幾らか角がとれ、父親らしき家庭的な顔を見せてくれたのも嬉しいことだ。

左の一覧の中から、シェ。・ジャニーのブログにリンクします、御覧下さい。
このブログがどのように続くか楽しみである。


  1. 2009/11/27(金) 12:47:11|
  2. シェ・ジャニー 春田光治さん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

A feast to Remember

A feast to Remember

根本1

根本2

On the evening of November 24, we enjoyed a delicious meal at the home of Nemoto.
The food was exquisite and the conversation, delightful.
We always, look forward to our at Nemoto’s.

From Yo

  1. 2009/11/24(火) 23:30:43|
  2. 水戸
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

御前山周辺の紅葉狩り

御前山周辺の紅葉狩り

昨夜の水戸ホーリーホックのKsスタでの初勝利という歴史に残る一戦。
勝利を祝いエビネンコさんとスポーツバーに行く予定だったが、用事ができてあきらめた。

今日の午前中までに一段落したところ、Yさんから電話があった。
「天気が良いから、御前山方面に出かけましょう」とのこと。
この時期、Yさんご夫妻と奥久慈や常北・御前山などに紅葉狩りに行くのが恒例となっている。

先ずは腹ごしらえ、御前山の手前の「御前蕎麦」に入る。
連休最後の日、県北を訪れた観光客が多いのか1時を過ぎても満席だ。

久し振りに「鴨せいろ」を注文。
蕎麦はイマイチだが漬け汁の味は確りしていた。

御前山1

写真のように、コンニャクの味噌田楽とキンピラごぼうも付いている。

御前山の脇、那珂川に架かる赤い橋の手前を左折、伊勢畑から相川温泉を抜け、仏国寺の脇を通り七会村に抜けるルートは道幅の狭い林道で趣がある。

御前山2

最近、ダム工事が進んで道路の付け替えもあって、風景が大分変わってしまったのが残念だ。このダム工事も本当に必要なのかと疑問に思っていたが、まもなく貯水が始まりそうで、そうなると景色は一変するだろう。
良く変わるのか、或いは反対だろうか?

山を下り旧七会村から城里町への道路の両端の、里山が色付いた風景は、昔と変わらぬ優しさがある。
小松寺の枝垂桜の古木は既に葉を落としてしまったが、傍の楓の古木の紅葉は今が盛り。

御前山3 (2)

御前山3

西日を浴びて照り映える姿は、本日のドライブの白眉。
本堂にお参りして帰途に着いた。

水戸は30~40分も走れば、海あり山あり。
自然に恵まれているの感謝したい。
  1. 2009/11/23(月) 23:59:27|
  2. 水戸
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ホーリーホック、Ksスタ初勝利

ホーリーホック、Ksスタ初勝利

11月22日、天気予報は午後から雨。
何時、降り出すやらの天候のケーズデンキスタジアム水戸。
改築後ファーストゲームとなった前節の仙台戦は0対4の惨敗を喫し、目の前で相手に胴上げをされてしまうという屈辱を味わった。
サポーターの熱気と選手の気迫、何れも仙台が圧倒していた。
この事実は、素直に認めなければならない。
逆に言えば選手もサポーターもまだまだ上を目指せると言うことだろう。

今回の愛媛戦は勝てる絶好のチャンス。
次回の湘南戦は再び圧倒される可能性がある。

h1_20160615223019101.jpg


1万人の動員を掲げたが、公式発表は2,555人。
天候条件が悪い中では妥当な数字だったのかもしれないが、残念だ。

h2_2016061522301853c.jpg


h3_20160615223018ccd.jpg


愛媛のサポーターは百人足らず、前節の仙台からの数千人と比較にならない。

こう着した状況のまま迎えた86分、水戸が得た右CK。
森村昂太が蹴ったボールは鋭く曲がりながらGK山本浩正の手をかすめ、中村英之の頭にドンピシャリ。
ボールはゴールネットに吸い込まれ、値千金の決勝ゴールとなった。

この1点にスタジアムは沸いた。Ksスタがやっと水戸の『ホーム』になったのだ。
水戸にとっては大きな1勝である。
この1勝でJ2参戦以来初となる勝ち越しに成功。
新たな金字塔を打ち立てた。そして、Ksスタでの初勝利という歴史に残る1勝にもなった。

記念的シーンを、エビネンコさんはデジカメムービーで見事に捉えた。

彼のブログの、動画を是非御覧下さい。

  1. 2009/11/23(月) 22:18:48|
  2. 水戸ホリーホック
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

J2第49節 水戸ホーリーホックvs愛媛FC

11/22(日) 16:00キックオフ Ksスタ

2009 J2第49節 水戸ホーリーホックvs愛媛FC



m1_20160615223020cd5.jpg


3連休の中日となるが、今日22日、Ksスタで水戸ホーリーホックvs愛媛FCが開催される。
前回の仙台戦は観客数・サポーターの熱意・選手の気迫など全ての面で水戸は完敗であった。仙台はJ1進出をかけた戦いで、サポーターも応援慣れしていた。

僕もサッカーはにわかファンでルールも知らないが、水戸が元気になるには水戸ホーリーホックを応援し盛り上がることが必要と思う。
本日1万にの観客を集めようとのことだが、この天気と、対戦相手が愛媛FCではかなり厳しそう。
遠路はるばる応援に来る愛媛FCのサポーターの皆さんに感謝したい。
かつ、心から「ようこそ水戸へ」と迎えたい。

天候は曇りもしくは雨のようだが好ゲームを期待したい。

祝勝会を見和のスポーツバー「ディナミーク」で出来れば最高!
  1. 2009/11/22(日) 12:14:37|
  2. 水戸ホリーホック
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

花園渓谷と浄蓮寺渓谷

花園渓谷と浄蓮寺渓谷

茨城県と福島県の県境に位置する花園川上流一帯が花園渓谷。
うっそうと茂る樹木と適度な湿気を含んだ森の空気は自然の宝庫。
春のシャクナゲや初夏の新緑、秋の紅葉スポット、四季を通じて愉しめるところとして有名だが、残念ながら行く機会がなかった。
特に、「花園川を挟んで、カエデ、イヌブナ、ヤマモミジ等の紅葉は絶景」とUさんご夫妻から御聞きし、ご一緒することになった。


h1_2016061523090119c.png

h2.png


花園神社から上流の猿ケ城渓谷までが花園渓谷で下流が浄蓮寺渓谷。

未だ行ったことがないから、比較は出来ないが青森県十和田市の奥入瀬渓流に遜色ないと思える美しさだ。

h3.png

h4.png

身近なところに、こんな素晴らしい所が在った。
探せば、遠出しなくとも、名所は沢山あるものだ。

浄蓮寺の三十三体観音像

猿ケ城渓谷の入り口まで行き、Uターンして浄蓮寺渓谷に向う。
浄蓮寺渓谷は八葉山・浄蓮寺のそばを流れる、と言うより、浄蓮寺の脇の渓流。
浄蓮寺は森閑とした森の中にひっそりと佇む。

h5_20160615230859e68.png

本堂は見た事も無い茅葺屋根だ。
慈覚大師の開基とされ、境内の愛染堂には、愛染明王が安置されている。
地方の寺には珍しく200円の入山料をとる。

h6.png


浄蓮寺の敷地内の裏山に、苔むす岩に彫られた三十三体の観音像の拝観料と言うことらしい。
時代は分からないが、江戸期くらいはあるのだろう。
30分くらいかけて全ての観音様をお参りすることが出来た。

隣に北茨城市の浄水施設があった。
山の上の浄水場は珍しく思えるが上流の水沼ダムから取水しているのだろう。


公共の宿「マウントあかね」


北茨城のインターチェンジに向う途中でUさんが「太平洋を望む眺めのいいところに立ち寄りましょう」と北茨城市が運営する公共の宿「マウントあかね」に行った。

h7.png

高台に位置するため、太平洋を一望する眺めを堪能できた。
帰り道は常陸太田市町屋の豆腐店の豆腐,那珂市額田の豆腐店の油揚げなど噂の品々を購入した。

天気に恵まれた初冬の一日の清遊、Uさん有難う御座いました。
  1. 2009/11/22(日) 11:44:58|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

やきとり「助六」 @水戸市南町

やきとり「助六」 @水戸市南町

s1_2016061523171845b.png


「助六」といえば江戸の古典芸能、歌舞伎を代表する演目のひとつ。
市川團十郎家のお家芸である歌舞伎十八番だ。
その様な大名(たいめい)を付けた水戸の名物店で、南町の裏通りにある。

以前は黒根町に在ったのだが、連続した不審火で炎上し、現在地に移った。
もっとも、先代が創業したのはこの近所、原点に戻ったともいえる。

s2_20160615231717ab4.png


現在は、創業者の娘の美代ちゃんが味を守っている。


s3_2016061523171625d.png


s4_20160615231716b52.png

s5_20160615231715e8f.png


焼き鳥と言ううが基本はもつ焼き、鳥もあり、山菜のの天ぷら、焼き魚、おにぎりもある大衆食堂でもある。

我が家はオヤジ以来息子まで三代で通っている。
先代のオバちゃんには「お父さんは毎晩来たのだから、あんたももう少し来ないと」といつも言わていた。

美代ちゃんは昼間は自宅でタイなど、東南アジアの衣料雑貨の店も営んでいる。
その関係で、僕も仕入れに同行した事が2度ある。
何れもバンコックとチェンマイ。
タイ料理の美味しさに魅了された。

勿論、タイの染めや織りも素晴しい。
タイシルクを有名にしたジム・トンプソンの博物館も素晴しく思い出深い。
其の後も、タイは度々訪ねた。

訪ねたどの国も素晴しいが、タイとタイ料理は大好きだ。

久し振りに「助六」に家族で出かけた。
家庭的で楽しい店だ。

  1. 2009/11/22(日) 11:17:24|
  2. 居酒屋
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

増渕魚苑の川魚料理

増渕魚苑の

ヤマメと山菜の定食

花園渓谷の紅葉狩り、先ずは、花園神社に参詣してから早めの昼食をとることに。
Uさんご夫妻が四季折々に訪ねているという、お勧めの場所に向う。


m1_20160616073307a09.jpg


m2_2016061607330675b.jpg


m3_20160616073306967.jpg


神社にの手前2キロ位の「増渕魚苑」。
虹鱒、山女、岩魚の3種類の渓流魚の養魚場だ。

養殖池で釣ったのを調理してくれるらしいが、我々は,お任せ。

m4_20160616073305b85.jpg


m5_2016061607330454f.jpg


岩魚の塩焼きコースを注文。

写真は料理の一部で他にご飯と味噌汁も付いた。

天ぷらの盛り合わせには、今が旬の“ムカゴ”も入っている。
“ムカゴ”は山芋(とろろ芋)の実ともいうべきものだが、最近多く出回るようになった。
塩茹で、ご飯に炊き込みも良いが、天ぷらは初めて。
天ぷらで食べるのが一番美味しいかもしれない。
コンニャクのサシミ、カボチャの煮物等など、正しく盛りだくさん。

山の斜面に段々の養魚池が連なり、一番上が食堂だから見晴らしが良い。
ここから観る紅葉も素晴しい。
茨城の山は黄葉が多いが、花園地区は紅葉が多い。
そろそろ盛りを越したかな?と言う感じだがマダマダきれいだ。


どぶろく

メニューに「特区のどぶろく」とあったので、注文してみた。
車の運転はUさんなので、申し訳ないが、飲むには絶好の機会。

m6_20160616073655ffd.jpg


かって、何度か試したことがあるが、ここの“どぶろく”は本格派。
アルコール度数もあるし香りと若干の酸味。

訊けば、平成16年に「どぶろく特区」に認定され、関東では初の「どぶろく」を味わえる3軒の内の1っ軒。
お米で醸造した自家製どぶろくと素朴な郷土料理との組み合わせは最高。

景色も料理も言うことなし。
四季折々訪れたい食事処だ。

  1. 2009/11/21(土) 21:12:08|
  2. 食生活
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

花園神社と花園渓谷

花園神社と花園渓谷

Uさんご夫妻のお誘いでエビネンコさんを交え総勢4人で花園渓谷のモミジを愛でに出かけた。水戸から常磐高速道経由で1時間足らず、北茨城インターに到着する。
ここまでは、茨城県立天心美術館や五浦海岸に行くのに度々来ている。
今回はインターの出口を左折し、谷合の登り道を進むこと20分、先ずは花園神社に参拝。

花園神社

h1_20160616073658748.jpg


権現造りの「楼門」(1792年建替)

h2_20160616073657828.jpg


h3_20160616073657a6e.jpg


うっそうたる大杉と高野槇の老木が立ち並び、木々の緑に朱塗りの仁王門、拝殿、本殿が映える様は荘厳だ。

h4_20160616073656177.jpg


h5_20160616074007ebd.jpg


杉の古木が多く、特に三本杉と呼ばれる巨大な杉は屋久島の縄文杉にはかなわないかも知れないが、樹齢500~600年はありそうだ。

h5_20160616074007ebd.jpg


拝殿広前両側にある、「コウヤマキ」は、幾条もの大枝が地に低く垂れ茂る。
周囲4.4m、樹高30m、樹齢600年を超える。
槙としては、県下第一で全国にも稀なものであり、古来より「天狗槙」とよばれている。

また、石楠花も多く、春の美しさも格別だろう。

歴史は古く、征夷大将軍・坂上田村麻呂の創建とも、慈覚大師の開基とも伝えられる。
花園渓谷を含め、天心美術館を回遊するのであろう観光客が沢山お参りしている。


神社の前と神社にいたる道路の脇には花園川が流れている。
渓流と紅葉の織り成す撮影ポイントは、カメラマンが大勢並ぶ。
我々もその一員ということだが。
かといって、騒々しいほどではない。

神社の境内は手付かずの自然が残されている。
ましてや、数百年をへた古木の杜は自ずと心改まる気持ちになった。
古木を訪ね歩くのを愉しみとする人も多いと言う。
自然の発する神秘的な霊の力を感jじた。
  1. 2009/11/21(土) 17:47:09|
  2. 文化財
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

たかはし よういち

Author:たかはし よういち
離俗の世界に憧れながら、市井の片隅でうごめいています。
ささやかなモノやコトに幸せを感じます。
私が別に運営している「西の谷万葉公園を美しく」のブログは、以下のリンクからアクセスしてください。
重複する記事も有りますが、自然を大切に、簡素な生活を。
の気持ちを大切にしたいと思います。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する